fbpx

国際プログラムの紹介:テンプル大学ジャパンキャンパス

1.大学概要

  • 所在地:東京都
  • 大学分類:外国大学 日本校
  • 専攻学科数:10学科
    └内訳:国際ビジネス、アート、国際関係、コミュニケーション、教養、経済、心理研究、政治、アジア研究、日本語 / 2+2留学プログラム: コンピューターサイエンス
  • 学部在籍学生数:1,185名(2018年現在)
  • 留学生割合:59%(2018年春学期現在)
  • キャンパス数:9校(アメリカ7校、その他ローマ、日本)
MakoStars LLC/ worldwide network
  • 入学/始業時期: 8月、1月、5月
  • 特徴:日本でアメリカの大学の準学士号、学士号、修士号、博士号を取得できる唯一の大学。授業の内容および取得する単位・学位も本校と同等です。アメリカの大学制度に基づき、本校および他大学への編入(留学)も自由自在。
  • 大学サイト:https://www.tuj.ac.jp/jp/
MakoStars LLC/ sec american education

2.国際連携・英語プログラム

  • アメリカ本校との海外ネットワーク
  • 国際的なキャンパス:アメリカをはじめ、アジアやヨーロッパ、中東、アフリカなど、世界約60カ国から集まる学生がともに学んでおり、日本にいながら異なる文化への理解を深め、国際感覚を養うことができる、ユニークで国際的なキャンパス。

<英語プログラム>
  • 授業は100%英語:英語で学び、英語で考え、英語で表現する。授業はもちろん、掲示物や大学からのお知らせも、すべて英語です。アメリカ本校から承認された経験豊かな教員陣の指導により、本物の国際力を養える学習環境。
MakoStars LLC/ active learning group work
留学・編入学
  • アメリカ本校・ローマ校への留学:日本にはない様々な専攻を選択できる。同じ大学内でのキャンパスの移動のため、難しい手続きなしに実現することが可能。一定の期間(留学は1学期間より可能)本校で勉強して帰ってくる、そのまま本校で卒業する、また何度も行き来を繰り返すなど、選択肢は様々。ローマキャンパスではビジュアルアート、建築、ビジネスのクラスが開講されている。
MakoStars LLC/ mc lawn

3.就職サポート

  • 年次に応じて学生が将来のキャリアについて考え、最終的に満足のいく就職ができるよう、一貫したキャリア教育プログラムを運営しています。すべての学生が将来のキャリア計画に万全に対応できるよう、あらゆる面からサポート

各種セミナー・ワークショップ
個人カウンセリング
└学内キャリアフェア・企業説明会
└インターンシップ

<就職・進路状況>
  • 就職率:97.0%(2019年7月現在)
MakoStars LLC/ facilities career dev lg w4r8be

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。