fbpx

国際プログラムの紹介:帝京大学

1.大学概要

  • 所在地:東京都、栃木県
  • 大学分類:私立大学
  • 学部数:10学部32学科
    └学部内訳:医、薬、経済、法、文、外国語、教育、理工、医療技術、福岡医療技術
  • 学部在籍学生数:22,363名(2020年5月1日 現在)
  • 留学生数:1,084名(2020年5月1日 現在)
  • 入学/始業時期: 4月・9月
  • 大学サイト:https://www.teikyo-u.ac.jp/
MakoStars LLC/ 1017320 375744315858565 781402877 n.jpg? nc cat=101& nc sid=6e5ad9& nc ohc=bBl9oYoFbrYAX8GxIm & nc ht=scontent lax3 1

2.国際交流・留学制度

<国際交流>
  • 海外提携校・海外提携病院:ヨーロッパ・アメリカ・アジア・中東といった世界各国70校以上の提携校と、諸外国病院との提携を結んでいる。
  • 帝京Study Abroad Center:「国際性」を具体的に培うための機関として設立され、在学生向け留学プログラムの実施、外国人留学生へのサポートを行う。
  • 国際交流アシスタント:「国際交流アシスタント」と呼ばれる在学生による学生主体の団体があり、留学生のサポートや、在学生と留学生の交流を目的としている。
MakoStars LLC/ apr bus assistant08
MakoStars LLC/ jul festival assistant01
留学・研修制度

■留学プログラム

  • ダラム留学:帝京大学グループダラムキャンパス(イギリス)への1セメスターの留学制度で、英語が苦手な学生でも安心して参加できるコース。
  • 認定留学:事前に帝京大学の承認を得て行う私費留学プログラムで、帝京大学では提携機関であるSAF(The Study Abroad Foundation/スタディ・アブロード・ファウンデーション)が提供するプログラムのみを認定留学の対象としている。休学せずに留学することができ、現地修得単位は単位認定の対象となる。

■研修・実習プログラム

  • 選択制臨床実習(BSC)海外実習プログラム:医学部では、6年次に12週間のクラークシップ制による選択制臨床実習[Bedside Clerkship (BSC)]を行っており、そのなかで、選抜された希望者がケンブリッジ大学やハーバード大学の関連病院での海外実習できるプログラム。
  • 台北医学大学交流プログラム:日本と台湾の医学・看護における共通点・相違点を感じながら、台湾の文化および医療事情について学修するプログラム。
MakoStars LLC/ E img01
  • イギリス短期留学プログラム:医療系学生の国際性の強化と英語力向上を目的とし、本学提携校のイギリス・ダラム大学、オックスフォード大学にて約3週間の短期研修。海外の医療に興味のある学生はもちろん、留学に興味がある、英語力のスキルアップを図りたい学生を歓迎する入門的なプログラム。
MakoStars LLC/ taipei program201403 1205
  • スイス放射線技術学研修:医療技術学部診療放射線学科に在籍する3・4年生を対象として、提携関係のあるEU加盟国スイス連邦の州立の教育機関、病院、司法施設で実践的で高度なヨーロッパの医療を経験できる短期研修。
MakoStars LLC/ housyasen img
  • 海外研修:福岡医療技術学部の海外医療研修で、現地でのセミナーや施設訪問を通して、日米の医療保険制度の違いを学んだり、また、さまざまなレクリエーション活動を通してアメリカの文化を体験したりするバラエティ-に富んだプログラム。
  • 帝京大学 アメリカ航空宇宙体験ツアー:世界の宇宙開発を常にリードしてきたアメリカ航空宇宙局(NASA)など、最先端の現場を肌で感じられる。理工学部航空宇宙工学科の教員が引率し、NASAケネディスペースセンターや航空宇宙博物館などを訪問する。

3.キャリアサポート

<キャリア支援>
  • キャンパスごとに特色ある支援を展開。
    板橋キャンパス:「求人NAVI」による就職活動の支援、過去のデータベースとキャリアカウンセラーによるサポート、国家試験対策(医学部の例)
    八王子キャンパス:少人数、生涯サポート、キャリア教育科目
    宇都宮キャンパス:教員・職員が連携した就職支援体制、きめの細かい就職ガイダンス、八王子キャンパスとの連携
    福岡キャンパス:国家試験を見据えた過去問対策、臨床実習や就職先への充実したネットワーク、医療人としての心を育てる教育方針
<就職活動サポート>
就職・進路状況
  • 学部ごとに進路の業種や企業名を公開している。(詳細はこちら
MakoStars LLC/ e904 1

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

リスニング

留学前にリスニングを勉強すべき理由と3つの勉強方法!留学を成功させよう!

  「留学を成功させたい。」 せっかく留学をするなら、授業も人間関係も実のある留学生活を過ごしたいですよね。 そのために英語の勉強に励む方も多いでしょう。 ところで、どの勉強を優先すべきかご存知でしょうか。 実は留学前に英語勉強するなら「リスニング」が1番大切なんです。 ・なぜ留学前にリスニングの勉強をすべきなのか?・効果的な勉強方法はどんなものか? これらを、10年以上英語の勉強を続けている筆者の留学経験とともにお伝えします。 有意義な留学生活を送りたい方は、ぜひご一読くださいませ。   なぜ留学前にリスニングを勉強すべき?   留学前に1番勉強すべきことは「リスニング」です。 なぜなら留学初日から困ることが多くなるから。 例えば、 ・初日の説明会で学校生活に関する大切な話が理解できない。 ・授業中、何が起きているか分からない。 ・「どうせ聞き取れないから話すのが億劫」という状況になる。 ・銀行口座開設など諸手続きに苦戦する。など。 留学では授業を受けることになりますが、リスニングができないと授業を理解するのが難しくなります。 教科書のどこを話しているのか分からない、クラスメートと話し合う時間も相手の言っていることが分からない、宿題があるのかも分からない。 周りはどんどん進んでいくのに、自分だけ取り残されたかのような感覚です。 せっかく時間とお金を使って留学に来たのに、授業や人間関係にうまく馴染めずタイムロスが起きてしまいます。 この悪循環が続くと、授業に参加するのが嫌になり留学生活自体が楽しくなくなる原因になりかねません。 ではどうやってリスニングを勉強すればいいのでしょうか。