国際プログラムの紹介:大阪大学

Reading Time: 1 minute

1.大学概要

  • 所在地:大阪府
  • 大学分類:国立大学
  • 学部数:11学部24学科
    └学部内訳:文/人間科学/外国語/法/経済/理/医/歯/薬/工/基礎工
  • 学部在籍学生数:15,194名(2020年5月1日現在)
  • 入学/始業時期: 4月・10月
  • 大学サイト:https://www.osaka-u.ac.jp/ja

2.国際連携・留学/英語プログラム

国際連携> 
  • 大学間協定:134件(2020年7月1日現在)
    └アジア、北米、ヨーロッパを中心に協定を締結。
  • 部局間協定:619件(2020年7月1日現在)
    └アジア、北中南米、ヨーロッパ、中東、オセアニア等、世界各国との協定。 
  • ダブル・ディグリー・プログラム:同時期に大阪大学と外国の協定校に在籍し、両大学で実施する連携した教育プログラムを学修したうえで、それぞれの大学から学位が授与される制度。
  • グローバルナレッジパートナー:世界の有力大学とともに設置する共通の課題について、分野横断で研究グループを形成し、先端研究を実施。「社会課題解決への貢献」という明確な目的のもと、世界に広がる「グローバルナレッジパートナー」と協働する。
MakoStars LLC/ k59hih
  • 国際交流ネットワーク
    └環太平洋大学協会(APRU)
    └東アジア研究型大学協会(AEARU)
    └国際大学協会(IAU)
    └日独6大学アライアンス(HeKKSaGOn German-Japanese University Alliance)
    └日英産学連携プログラム(RENKEI)
    └国連アカデミック・インパクト(UNAI)

大阪大学からの留学> 
  • 留学制度:3種類

大阪大学交換留学:学生交流協定を締結している海外の大学(以下「協定校」という。)において、本学の学部又は大学院の正規課程に在籍する学生が、本学に在籍したまま、協定校で概ね1年以内の1学期又は複数の学期の間、科目の履修又は研究指導等の教育・研究の機会を得ること。

短期語学研修プログラム:春期・夏期休暇中を中心に、語学力の実力形成を目的とした約1か月程度のプログラム。

国連ユースボランティアプログラム(UNYV):世界の平和と開発を支援するために、国連ボランティア計画(UN Volunteers)が日本のコンソーシアム大学9大学*と連携して、学部学生を開発途上国へボランティアとして派遣するプログラム。派遣期間は約5か月。

  • 留学助成制度:奨学金やトビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムなどのサポート体制も敷かれている。
MakoStars LLC/
<海外から大阪大学への留学>

└学部では4学部(人間科学/理学/工学/基礎工学)でプログラム設置。

幅広くサポート。

  • 奨学金制度:中国政府やインドネシア教育機関といった特定の奨学金支援を紹介。
MakoStars LLC/ preview

3.キャリアサポート

キャリアセンター> 
  • キャリア形成支援:キャリアの歩み方を考えるヒントや就職活動の進め方の基本を知ることができる。
  • 就職情報:キャリアガイダンス等のイベントや、インターンシップ、公務員試験の情報を入手できる。
  • 就活サポート:キャリア・アドバイザーによる進路相談や、阪大の先輩が務めるキャリアサポーターによる支援体制が整う。OB・OG訪問の機会も得られる。
  • 就職活動支援システム:オンラインでキャリアセンターの就活情報が確認できる。

就職・進路状況> 

  • 大学院進学、企業就職、就職先企業名、公務員等の内訳データを公表している。
MakoStars LLC/ 17155587 1343591005735550 2986690232238098695 n.jpg? nc cat=104& nc sid=6e5ad9& nc ohc=6Q6yKeSgWT4AX SveiS& nc oc=AQlDXyqUODhLfVaeVdyfYjH2yB73bl4ezsUn1Kik jGFEAl4BUIXG5l hDW3y qLFl8& nc ht=scontent lax3 1

Share:

Facebook
Twitter
Pinterest
LinkedIn
Email
Print
On Key

Related Posts

英語脳

【英語脳とは?】トレーニングで英語脳を作る効果的な5つの方法

Reading Time: 3 minutes

英語を学ぶ過程で理想的なのは「英語脳」を習得することです。実は英語脳は適切な学習方法をしていればそのプロセスで自然と身に付きます。しかし残念ながら「適切な学習方法」は学校では教えてくれず、多くの英語学習者が「適切とは言えない学習法」を行っています。

Scroll to Top