fbpx

国際プログラムの紹介:武蔵野大学

1.大学概要

  • 所在地:東京都
  • 大学分類:私立大学
  • 学部数:12学部20学科
    └学部内訳:文、グローバル、法、経済、経営、アントレプレナーシップ、データサイエンス、人間科学、工、教育、薬、看護
  • 学部在籍学生数:8,965名(令和元年5月1日現在)
  • 留学生数:516名(令和元年5月1日現在)
  • 入学/始業時期: 4月・9月
  • 大学サイト:https://www.musashino-u.ac.jp/
MakoStars LLC/

2.国際化・留学

国際化ヴィジョン100
  • 2024年に創立100周年を迎える武蔵野大学の歴史と伝統、そして現在の姿や力を踏まえ、今後、グローバルな視野をもって、世界の多様な人々と響創しながら世界の幸せのために行動できる人材を育成すべく、「武蔵野大学 国際化ヴィジョン100」を掲げる。
  • 概要
  • 教育内容の国際化
  • 学生の海外派遣の拡大
  • 外国人留学生受け入れの拡大
  • 研究環境の充実
  • 組織体制・ガバナンス強化
  • オリンピックの開催地で学ぶ
国際センター
  • 武蔵野大学における外国の大学等との国際連携、日本人学生の海外留学サポート、外国人留学生サポートを3つの大きな柱として、外国の大学及び教育研究機関との学術・文化の交流を企画及び実施する。
MakoStars LLC/ abm00001279
  • 活動

1.外国の大学等との提携に基づく研究・教育活動上の交流
2.外国の大学等との提携に基づく学生の交流
3.国際交流の推進に関する企画及び実施
 ・各種イベント企画、推進
 ・国際交流スペース(武蔵野)、アジアスペース・イングリッシュスペース(有明)の運営
4.学生の海外留学に関する企画及び実施
 ・協定留学 ・認定(SAP)留学の相談及び指導
5.派遣学生及び留学生の教育プログラムに関する企画及び実施
6.留学生の生活支援に関する企画及び実施
 ・日本語学習カウンセリング
 ・留学生の会、GHC等クラブ活動支援

国際交流・留学> 

海外協定校:127校(25の国と地域、2020年04月01日現在)

MakoStars LLC/ abm00013953

■留学プログラム

  • 長期
    協定留学:協定を結んでいる海外の大学へ原則1年間派遣する制度。「学部留学」「語学研修+学部留学」の2つのカテゴリーから留学目的に合った留学先を選択する。帰国後の単位認定及び留学期間を武蔵野大学の修業年限に算入することで、4年での卒業が可能になる。

    認定(SAP)留学:大学の許可を得て、学生自身で選んだ海外高等教育機関(4年制大学)もしくはその付属語学学校へ半期または1年間留学する制度。協定校以外の大学で勉強したい、留学したいが語学力に自信が無いという学生が活用する。協定留学同様、帰国後に留学中の学修時間及び成績による単位認定をすることにより、留学期間を武蔵野大学の修業年限に算入することで4年間での卒業が可能。

協定留学と認定(SAP)留学の比較

MakoStars LLC/ abm00012010
  • 第2学期留学プログラム:第2学期(5月下旬から8月上旬)~夏季休暇を利用し、海外協定大学、交流校付属語学学校での英語留学が可能となる短期留学プログラム。
  • 短期語学研修:夏季・春季休暇中に英語研修、韓国語研修、中国語研修を行っています。語学だけでなく現地ならではの異文化体験もできる短期語学研修プログラム。

■キャンパス内国際交流

  • 国際交流スペース:日本人学生と外国人留学生が交流できるスペースを、それぞれのキャンパスに設置(イングリッシュ/アジア/国際交流)。ネイティブな外国語を話す学生と交流したい、海外の暮らしや習慣について知りたい、異文化への理解を深めたいなど、国際交流に興味のある学生をサポートする。
MakoStars LLC/ abm00001258
  • 国際交流イベント:留学生全員が所属する「留学生の会」を通して、他学部の留学生や先輩と一緒に活動したり、サポーターとして活動したりしながら、お互いの国の言葉や文化を教え合うなど交流を深める。
  • スピーチコンテスト:留学生と日本人学生が、習得した外国語で学びの成果をスピーチするコンテストを毎年開催。留学生は日本語または英語で、日本人学生は英語で、それぞれの思いを発表し合いながら、心を通わせる。
MakoStars LLC/ abm00011634

国際交流プログラム

  • International Weeks (インターナショナルウィークス):夏期に実施されるプログラムで、多くの留学生や海外の教員を受け入れ、学生の国際的な感性を養う。
  • International Lectures:第2学期を中心に、海外協定校から一流の専門家を招聘し、学科の専門性に特化した海外の大学の学部授業を英語で受講できる科目。留学経験のない学生が海外の教育を受ける好機であり、長期留学を予定している学生の力試しや、留学から帰国した学生の英語力保持に利用されることが想定されている。
MakoStars LLC/ abm00012500

3.キャリア支援

キャリアセンター
  • よりよい進路選択のための支援と、職業安定法に基づいた求人紹介を行う。キャリアアドバイザーとの面談、インターンシップ体験のサポート、武蔵野大学宛求人票や会社説明会等の掲示紹介による企業探し、会社四季報や選考対策本の設置など、就活支援プログラムに沿った各種コンテンツが揃っている。
<就職・進路状況>
  • 就職率:97.0%(2019年度卒業生)
  • 業種別就職状況(2019年度卒業生)
MakoStars LLC/ abm00015487

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。