fbpx

国際プログラムの紹介:神戸学院大学

1.大学概要

  • 所在地:兵庫県
  • 大学分類:私立大学
  • 学部数:10学部15学科2専攻
    └学部内訳:法/経済/経営/人文/心理/現代社会/グローバル・コミュニケーション/総合リハビリテーション/栄養/薬
  • 学部在籍学生数:11,463名(2019年5月1日現在)
  • 留学生数:164名(2019年5月1日現在)
  • 入学/始業時期: 4月
  • 大学サイト:https://www.kobegakuin.ac.jp/
MakoStars LLC/ 11081127 895168717206349 8031684062271662343 n.jpg? nc cat=103& nc sid=dd9801& nc ohc=mF0crP5VlzEAX8OKz8o& nc ht=scontent sjc3 1

2.国際交流・留学/英語プログラム 

<国際交流> 
  • 交流協定校:53校(2020年1月現在)
    └アジア、ロシア、北米、オセアニア、ヨーロッパ等、世界各国との協定を締結。
  • 留学生との交流

スチューデント・アシスタント(SA):互いの文化や母国語を教え合ったり、国際交流イベントに参加したり、留学生と気軽に国際交流をすることができる。

バディ制度:1人の留学生に対して最大2人の日本人学生が“バディ(相棒、パートナー)”として、留学生が日本の生活に早く馴染めるように、またより有意義な留学生活を過ごせるようにサポートする「学生ボランティア」。

国際交流ラウンジ:留学生や日本人学生が気軽に集う異文化交流スペース。ラウンジの使い方は人それぞれ。授業の空き時間に勉強したり、友人と昼食を取ったり情報交換をしたり、イベント開催することもある。

MakoStars LLC/

CIEE海外ボランティア:一般社団法人CIEE国際教育交換協議会が提供する海外ボランティアプログラムで、活動地域はヨーロッパ、北中米、アジア、オセアニアの約30ヶ国。特別な資格や経験は必要なく、各国より集まるメンバーとの共同生活やホームステイを経験できる。

アデレード大学短期留学 (オーストラリア):交流協定校であるアデレード大学English Language Centreが提供する5週間の語学留学(General English Program)。参加にあたり特別な資格は必要なく、各自のレベルに応じたクラスで、各国の留学生とともに集中的に英語を学べる。

MakoStars LLC/ ADLD 02
  • 留学準備講座:長期留学を目指す学生向けで、レベルやニーズに合わせた英語対策講座。
    └IELTS(アイエルツ)対策講座
    IELTSライティング講座(神戸学院大学同窓会寄贈事業)
  • English Plaza(い~ぷら):国際色豊かな講師陣と英会話レッスンを通して英語力向上が目指せるプログラム。1日1回25分間を上限に受講できる。
MakoStars LLC/
<留学>

■留学制度:2種類
交換留学:留学期間中も休学することなく本学に在籍し、本学に授業料を支払うことで留学先の授業料は免除され、宿舎の斡旋や留学中のサポートも受けることができる。
派遣留学:留学期間中も休学することなく本学に在籍し、宿舎の斡旋や留学中のサポートも受けることができるが、留学先の授業料は負担する。

■留学プログラム:3種類
学部留学:派遣先の大学の学部専門科目を履修する。
語学+学部留学:前半期に派遣先大学の語学教育施設で語学を集中的に学習し、後半期に学部専門科目を履修する。
語学留学:派遣先大学の語学教育施設で語学を集中的に学習する。

  • 短期海外研修:夏休みや春休みなどを利用して、2週間~1か月程度の期間、海外の大学などで語学や薬学などの研修を受けることができる。

└派遣先:
ジョン・アボット・カレッジ夏期語学研修(カナダ)
グリフィス大学夏期研修(オーストラリア)
EMBA・ISUGA大学春期研修(フランス)
長栄大学夏期研修(台湾)
ソウル短期研修(韓国)
アメリカ薬学研修(アメリカ)

└【長期留学】交換・派遣留学奨学金:学生の自発的な長期留学を奨励するための、交換・派遣留学奨学金制度。
└【短期留学】大学主催短期海外研修参加費補助金:日本人学生の海外留学を推進するため、地域ごとに参加費の一部を補助する制度。

MakoStars LLC/ img index 01 2019

3.就職支援・キャリアサポート

<キャリアセンター>
  • 就職ガイダンス等のイベント開催や、豊富の資料の完備、インターンシップ紹介、職業選択やキャリア関係全般、就職活動の相談に応じる進路相談員、本学のキャリアセンタースタッフが学生を全面的に支援。年間延べ7,000名近くの学生が個別相談に訪れる。
就職・進路状況> 
  • マスコミ・サービス関連、小売、医療福祉等、学部ごとに特色ある就職先データが公開されている。
MakoStars LLC/

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。