fbpx

国際プログラムの紹介:法政大学

1.大学概要

  • 所在地:東京都
  • 大学分類:私立大学
  • 学部数:15学部32学科15コース 
    └学部内訳:法、文、経営、国際文化、人間環境、キャリアデザイン、デザイン工学、GIS(グローバル教養)、経済、社会、現代福祉、スポーツ健康、情報科学、理工学、生命科学
  • 学部在籍学生数:28,843名(2019年5月1日現在)
  • 入学/始業時期: 4月・9月
  • 大学サイト:https://www.hosei.ac.jp/
MakoStars LLC/ hosei img 01

2.国際連携・英語プログラム・留学

<国際連携>
  • 海外交流協定校数:251の大学・機関(2020年2月末時点)
<英語プログラム>
  • 英語強化プログラム(ERP):一定の英語力と英語学習意欲を有する学生を対象とした、英語力養成講座。
  • Gラウンジ:英語ネイティブスピーカーである「英語学習アドバイザー」が1日3時間、学生の英語学習に関する様々な希望に応える。日常的なコミュニケーションを通じ、実践的な語学力を身に付けられる。
MakoStars LLC/ 014 01
  • グローバル・オープン教育:「世界のどこでも生き抜く力を身につけたグローバル社会のリーダー」を育成するために2016年度から全学で開講されている学部横断型の公開科目群。授業は英語で開講される。
  • 交換留学生受け入れプログラム(ESOP):海外協定大学からの留学生を広く受け入れるため開設された講座で、日本の文化や社会、政治、経済などのテーマを中心とした科目を交換留学生向けに英語のゼミ形式で学ぶ。
  • Hosei University Buddy system(交換留学生サポーター):来日して間もない交換留学生とバディを組み、様々なサポートを行う活動。2019年度から、より交換留学生と近い距離で、交換留学生の滞在期間(1年または半年)を通じて継続して交流できる制度に。
  • 英語学位プログラム:すべての授業を英語で行うプログラム。
<留学>

海外留学プログラム・研修等参加人数:1,639人/年(2019年度実績)

■留学制度

MakoStars LLC/ 3e27a41d777ed92d4bb36a92a37b9cd5
  • 派遣留学制度:グローバル教育センターによる、法政大学独自の国際教育プログラム。グローバルなキャリア形成を支援。
  • 認定海外留学制度:学部を問わず、2・3年生の応募者の中から選考のうえ、3・4年次に奨学金を支給され。各協定大学に1年間か半年派遣される。
  • 短期語学研修制度:語学力工場と異文化理解を目的として、長期休暇中に大学付属機関で実施される、2~4週間程度の短期語学研究プログラム。
MakoStars LLC/ 0e4cb5e571da868d0d0288c5c8ac5c5e

■海外に挑む

3.キャリアサポート

キャリア教育
  • 入学時から全学年対象にキャリア形成サポートのため様々な支援を受けられる。
<就職支援>
  • キャリアセンター:就活関連イベントの実施、資格取得講座の開講、インターンシップ・プログラム、キャリア就職のための情報共有システム等、様々なアプローチからの支援を受けられる。
<就職・進路状況>
  • 就職希望者決定率:97.6%(2019年5月現在)
  • 就職満足度:「満足」「やや満足」と合わせて、約 86.8%(2019年2月進路状況調査より)
MakoStars LLC/ manzokudo2018

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

リスニング

留学前にリスニングを勉強すべき理由と3つの勉強方法!留学を成功させよう!

  「留学を成功させたい。」 せっかく留学をするなら、授業も人間関係も実のある留学生活を過ごしたいですよね。 そのために英語の勉強に励む方も多いでしょう。 ところで、どの勉強を優先すべきかご存知でしょうか。 実は留学前に英語勉強するなら「リスニング」が1番大切なんです。 ・なぜ留学前にリスニングの勉強をすべきなのか?・効果的な勉強方法はどんなものか? これらを、10年以上英語の勉強を続けている筆者の留学経験とともにお伝えします。 有意義な留学生活を送りたい方は、ぜひご一読くださいませ。   なぜ留学前にリスニングを勉強すべき?   留学前に1番勉強すべきことは「リスニング」です。 なぜなら留学初日から困ることが多くなるから。 例えば、 ・初日の説明会で学校生活に関する大切な話が理解できない。 ・授業中、何が起きているか分からない。 ・「どうせ聞き取れないから話すのが億劫」という状況になる。 ・銀行口座開設など諸手続きに苦戦する。など。 留学では授業を受けることになりますが、リスニングができないと授業を理解するのが難しくなります。 教科書のどこを話しているのか分からない、クラスメートと話し合う時間も相手の言っていることが分からない、宿題があるのかも分からない。 周りはどんどん進んでいくのに、自分だけ取り残されたかのような感覚です。 せっかく時間とお金を使って留学に来たのに、授業や人間関係にうまく馴染めずタイムロスが起きてしまいます。 この悪循環が続くと、授業に参加するのが嫌になり留学生活自体が楽しくなくなる原因になりかねません。 ではどうやってリスニングを勉強すればいいのでしょうか。