fbpx

国際プログラムの紹介:法政大学

1.大学概要

  • 所在地:東京都
  • 大学分類:私立大学
  • 学部数:15学部32学科15コース 
    └学部内訳:法、文、経営、国際文化、人間環境、キャリアデザイン、デザイン工学、GIS(グローバル教養)、経済、社会、現代福祉、スポーツ健康、情報科学、理工学、生命科学
  • 学部在籍学生数:28,843名(2019年5月1日現在)
  • 入学/始業時期: 4月・9月
  • 大学サイト:https://www.hosei.ac.jp/
MakoStars LLC/ hosei img 01

2.国際連携・英語プログラム・留学

<国際連携>
  • 海外交流協定校数:251の大学・機関(2020年2月末時点)
<英語プログラム>
  • 英語強化プログラム(ERP):一定の英語力と英語学習意欲を有する学生を対象とした、英語力養成講座。
  • Gラウンジ:英語ネイティブスピーカーである「英語学習アドバイザー」が1日3時間、学生の英語学習に関する様々な希望に応える。日常的なコミュニケーションを通じ、実践的な語学力を身に付けられる。
MakoStars LLC/ 014 01
  • グローバル・オープン教育:「世界のどこでも生き抜く力を身につけたグローバル社会のリーダー」を育成するために2016年度から全学で開講されている学部横断型の公開科目群。授業は英語で開講される。
  • 交換留学生受け入れプログラム(ESOP):海外協定大学からの留学生を広く受け入れるため開設された講座で、日本の文化や社会、政治、経済などのテーマを中心とした科目を交換留学生向けに英語のゼミ形式で学ぶ。
  • Hosei University Buddy system(交換留学生サポーター):来日して間もない交換留学生とバディを組み、様々なサポートを行う活動。2019年度から、より交換留学生と近い距離で、交換留学生の滞在期間(1年または半年)を通じて継続して交流できる制度に。
  • 英語学位プログラム:すべての授業を英語で行うプログラム。
<留学>

海外留学プログラム・研修等参加人数:1,639人/年(2019年度実績)

■留学制度

MakoStars LLC/ 3e27a41d777ed92d4bb36a92a37b9cd5
  • 派遣留学制度:グローバル教育センターによる、法政大学独自の国際教育プログラム。グローバルなキャリア形成を支援。
  • 認定海外留学制度:学部を問わず、2・3年生の応募者の中から選考のうえ、3・4年次に奨学金を支給され。各協定大学に1年間か半年派遣される。
  • 短期語学研修制度:語学力工場と異文化理解を目的として、長期休暇中に大学付属機関で実施される、2~4週間程度の短期語学研究プログラム。
MakoStars LLC/ 0e4cb5e571da868d0d0288c5c8ac5c5e

■海外に挑む

3.キャリアサポート

キャリア教育
  • 入学時から全学年対象にキャリア形成サポートのため様々な支援を受けられる。
<就職支援>
  • キャリアセンター:就活関連イベントの実施、資格取得講座の開講、インターンシップ・プログラム、キャリア就職のための情報共有システム等、様々なアプローチからの支援を受けられる。
<就職・進路状況>
  • 就職希望者決定率:97.6%(2019年5月現在)
  • 就職満足度:「満足」「やや満足」と合わせて、約 86.8%(2019年2月進路状況調査より)
MakoStars LLC/ manzokudo2018

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。