fbpx

国際プログラムの紹介:中央大学

1.大学概要

  • 所在地:東京都
  • 大学分類:私立大学
  • 学部数:8学部26学科13専攻
    └学部内訳:法/経済/商/理工/文/総合政策/国際経営/国際情報
  • 学部在籍学生数:24,957名(2020年5月1日現在)
  • 留学生数:805名(2020年5月1日現在)
  • 入学/始業時期:4月
  • 大学サイト:https://www.chuo-u.ac.jp/
MakoStars LLC/

2.国際連携・留学・英語プログラム

<国際連携>
  • 海外協定校数:190校以上
    └韓国・中国・ベトナムといったアジア圏、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ圏等、世界各国との協定を結んでいる。
留学> 
  • 留学制度(大学主催)の種類:3種類

交換留学:期間は半年or1年、単位認定あり、毎年100名が利用

認定留学:期間は半年or1年、単位認定あり、毎年20名が利用

短期留学:期間は約1か月、事前授業または事前研修と併せて単位認定あり、毎年250~300名が利用

MakoStars LLC/ 20181128192409
  • 留学プログラム(外部団体主催):SAF(スタディ・アブロード・ファウンデーション)
    └中央大学との協力提携を行う。
    └SAF:2000年に設立されたアメリカの非営利教育機関で、英語圏6ヶ国(アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド)、ならびにヨーロッパ言語圏(フランス・ドイツ・スペイン)に約50校の海外ネットワーク大学があり、学生はこれらの大学の中から希望に合った大学を選ぶことができる。
  • 海外派遣プログラム(学部等が主催):国際センターが実施している海外派遣プログラムの他に、各学部等でもプログラムを実施している。
<海外留学生サポート>
  • 留学生ガイダンス、在留手続き支援、住宅を借りる際の制度紹介、奨学金支援、国際交流イベントの開催など、大学で学ぶためのあらゆるサポート体制を敷いている。
MakoStars LLC/ 20181128192904
<英語プログラム>

└大学での学習に必要な日本語だけでなく、日本で生活する際に必要な文化や社会事情も学ぶことが出来る。

└対象:海外からの留学生

MakoStars LLC/ 20181025191705
  • グローバルFLPプログラム
    └実学教育を通じて修得した専門知識・技能をグローバル社会で発揮することができる「グローバル・プロフェッショナル」の育成を目指し、すべての科目を外国語で教える全学的教育プログラム。

└設置科目:外国語を通じてアクティブに学べる「グローバル・テュートリアル」と、海外での2週間のインターンシップ学修を行う「専門インターンシップ」の授業。

└対象:全学生

  • 異文化交流ラウンジ「G2(G Square) ~Gスクエア~」
    └キャンパス内における異文化交流の拠点として、留学情報や国際交流、異文化を知る機会を提供。学生が主体となって日々の活動やイベントを企画・運営しており、留学生との交流イベントや異文化理解のためのセミナー、語学学習グループ活動なども随時開催している。
MakoStars LLC/ 20181025191656

3.キャリアサポート

  • キャリアセンター
    └就活イベントの開催、キャリア支援、インターンシップの紹介等を通して、就職支援を実施。
  • 卒業生の進路・就職先:メーカー、通信・情報サービス、金融・保険、公務員等、多種多様。

(参照:https://www.chuo-u.ac.jp/career/center/employment_data/

MakoStars LLC/ 20181129121643

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。