fbpx

国際プログラム紹介:国際教養大学

国際教養大学の国際プログラムを紹介します!

1.大学概要

MakoStars LLC/
(画像引用元:https://www.g-mark.org/award/describe/41646 )
  • 所在地: 秋田県
  • 大学分類:国立大学
  • 学部数: 1学部3領域(2021年4月~の新カリキュラム
    └学部内訳: 国際教養学部(グローバル・ビジネス領域/グローバル・スタディズ領域/グローバル・コネクティビティ領域)
  • 学部在籍学生数: 804名(2019年9月1日現在)
  • 留学生数:200名以上
  • 入学/始業時期: 4月・9月
  • 大学サイト:https://web.aiu.ac.jp/

2.国際交流/英語・留学プログラム

<国際交流>

MakoStars LLC/ 18839409 1052597498205438 6390603297442598494 o 1

<英語・留学プログラム>

  • 英語集中プログラム:入学して最初に学ぶのが、英語集中プログラム(EAP)でのアカデミック・イングリッシュ。本学や留学先の大学において、英語で行われる講義を理解し、自らの考えを発信して、論文をまとめるなど、学問を深めていくために必要な英語力を修得する。
MakoStars LLC/ EAP student1
  • すべて英語の少人数授業:英語で考え、意見を主張できる能力を鍛えるべく、すべての授業を英語で開講。英語のみの授業で学位を取得できることになる。「英語を学ぶ」のではなく「英語で学び、英語で考える」ことを主軸としている。1クラスあたり生徒数は18名程と少人数で、「アカデミック・アドバイジング・システム」という学生をきめ細かくサポートする体制も整えている。
  • 1年間の留学が義務:留学の「中身」こそが成長の鍵とし、団体ではなく「少人数」の留学、語学留学とは違いあくまでも“専門科目を修得しながら英語や第三言語の力を磨く留学”ができる制度が整えられている。
    └授業料:一部の大学を除き、本学に授業料を納めることで免除される(住居費、食費、渡航費、保険料、危機管理サービス料等は学生負担)。
MakoStars LLC/ abroad
  • 多文化共生のキャンパスライフ:世界に広がる200の提携大学などからの留学生が年間200人以上学んでおり、キャンパスは「世界の縮図」ともいえる多文化共生空間を形成。すべての都道府県からも学生が集まっているので、国境を越えた異文化体験に加えて、日本国内の多彩な文化にも触れることができる。
MakoStars LLC/ 17358498 996319600499895 1812261910699131673 o

3.キャリアサポート

<キャリア支援>

  • キャリア開発センター:多彩なプログラムを通じて個々の進路選択をバックアップ。2007年から就職活動の一環として、学内企業説明会「仕事研究会」を開催しており、本学のキャリア開発センターが中心となって県内外の企業に働きかけ、人事採用担当の方々をキャンパスに招き、各企業の「使命とコア・コンピタンス(強み)」「業界動向」「求められる人材像」などを学生に紹介するユニークなプログラムになっている。
MakoStars LLC/ briefings
  • アカデミック・キャリア支援センター(ACSC):大学院進学を検討、予定している学部学生に対し、進学相談、ワークショップ、特別講演などを通じて、分野・地域横断的な支援を行い、国内外の大学院および専門職大学院への進学をサポートしている。

<就職・進路状況>

  • 卒業生の就職先、進学先の詳しいデータをこちらで公開している。
MakoStars LLC/ support

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。