fbpx

英語学習アプリレビュー:「英会話リスニング- 無料のネイティブ英語リスニングアプリ」

英単語学習アプリ「英会話リスニング- 無料のネイティブ英語リスニングアプリ」を実際に使ってみたレビューをご紹介します!

「英語勉強したいけど、何からやればいいんだろう…」

英語学習の教材や勉強法があふれる中、せっかくやる気はあるのに手の付け方に戸惑ってしまう、ということも多いのではないでしょうか。そこで本ブログでは、手軽に始められる「英語アプリ」と実際に使ってみたレビューをご紹介します!

今回は英会話リスニング- 無料のネイティブ英語リスニングアプリを取りあげます!

MakoStars LLC/ 73

■概要

  • 「英会話リスニング- 無料のネイティブ英語リスニングアプリ」とは
    └アプリ概要・利用価格
  • レビュー
  • おわりに

■「英会話リスニング- 無料のネイティブ英語リスニングアプリ」とは

<アプリ概要>

(※引用・参考:アプリストア内の概要

短い英会話だから、聞ける!分かる!続けられる!無料の英語・英会話リスニングアプリ。

旅行・留学・仕事に役立つ英会話がたっぷり1460シーン。

全シーン、ネイティブによるリスニング用の英語音声と、豆知識解説付き!

本アプリ「英会話リスニング」は無料です。

全ての英会話フレーズ、全てのリスニング英語音声、全ての機能を無料でご利用頂けます。

<利用価格:無料>

・ダウンロード: Android / iPhone

■レビュー

□収録フレーズ(項目・シーンの例)

日常生活で使えるフレーズが、1,460シーン分も収録されています。例がこちら。

MakoStars LLC/ 5309FB65 917A 43D6 A835 8A620BE5FD6E
<定番>
  • 日常生活:あいさつ/返事・相づち/お礼とおわび
  • 気持ち:喜び/怒り/悲しみ
  • 会話表現:意志/許可/感心
  • ちょっとした一言:ことわざ/慣用表現/映画の名言
<旅行>
  • 交通:道案内/電車・地下鉄/飛行機
  • ホテル:予約/チェックイン/宿泊
  • レストラン:店探し・予約/注文/支払い
<現地生活>
  • 学校:友達/先生/教務課
  • スポーツ:練習/試合/観戦・応援
  • 恋愛:出会い/デート/告白
<仕事>
  • オフィス:上司/同僚/顧客
  • 会議:事前準備/主張・意見/ファシリテーション
  • 電話:応対/発信/報告
<日本の案内>
  • 定番観光:道案内/観光ガイド/文化・マナー紹介
  • サブカルめぐり:アニメ/マンガ/アイドル

□使い方

  1. 音声のみで会話文をリスニングする
  2. 「聞けた」「聞けなかった」の自己申告
  3. スクリプト・解説を確認
  4. 気になるフレーズは「✔」で復習

<1.音声のみで会話文をリスニングする>

ネイティブスピーカーの英会話音声が流れます。1シーン(1トレーニング)につき、5つのフレーズや使い方が登場します。

<2.「聞けた」「聞けなかった」の自己申告>

 画面下のボタンで、リスニングの状態を記録します。

MakoStars LLC/ S 176947205

<3.スクリプト・解説を確認>

②の後、スクリプト(英会話文)とその和訳が表示されます。

「スピーカーマーク」を押すと何度でも音声を聞けるので、スクリプトを見ながらのリスニングや、お手本を真似しながら発音するシャドウイングも可能です。

また、フレーズの説明である「ピックアップ」や、解説やニュアンスを教えてくれる「豆知識」も内容理解の一助になります。

MakoStars LLC/ S 176947204

<気になるフレーズは「✔」で復習>

後から復習したいものは、画面右上の「✔」を押しておきます。ホーム画面の「チェックから出題」にリスト化され、集中的に復習することができます。

MakoStars LLC/ S 176947202

■おわりに

いかがだったでしょうか。
大まかにまとめると以下のような感じです。

  • 日常生活で使えるフレーズが集中的に学べる
  • リスニング・シャドウイングを自分のペースで練習できる(速度調整は無し)
  • 気になるフレーズは後からまとめて復習できる
  • 各フレーズに簡単に見返せる解説(ピックアップ・豆知識)がある
  • すべて無料で活用できる

英語学習アプリを選ぶ参考にしていただければ幸いです!

その他のアプリレビューはこちら(随時記事更新中)

【2020年版】英語学習アプリレビュー:アプリ一覧

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。