fbpx

英語学習アプリレビュー:絶対話せる!英会話。

英語学習アプリ「絶対話せる!英会話。」を実際に使ってみた感想をレビューとしてまとめました。

「英語勉強したいけど、何からやればいいんだろう…」

英語学習の教材や勉強法があふれる中、せっかくやる気はあるのに手の付け方に戸惑ってしまう、ということも多いのではないでしょうか。そこで本ブログでは、手軽に始められる「英語アプリ」と実際に使ってみたレビューをご紹介します!

今回は「絶対話せる!英会話。アメリカから英会話&英語攻略法をお届け」を取りあげます!

MakoStars LLC/ S 131293186

■概要

アプリの概要
機能一覧
レビュー
おわりに

■アプリの概要

アプリストア内の説明文より引用します。)

「絶対話せる!英会話。」とは

アメリカで実際に使われている「英語」を学ぶためのアプリです。

ネイティブスピーカーの間で実際に使われている生きた英語表現と、
話せるようになるための具体的な英語学習法を
アメリカから更新してお届けします。

<特徴>

具体的なシチュエーションやネイティブスピーカーの感覚を体感できるプログラム

例えたくさんの英語表現を知っていたとしても、
それを実際に使うとなると難しいもの。
まして細かいニュアンスやぴったりのタイミングを踏まえて使うとなると、相当な経験が必要になります。

このアプリでは、
どんなシチュエーションで、
実際にどんな英語表現が使われているのか、
その話された背景や、英語圏の文化も知ることが出来るので、
その場面を実際に体験したかのように、感覚的にその英語を理解できるようになるんだとか。

実際にアプリを使ってみて、ここのところを確かめてみたいと思います!

<利用価格>:無料

iPhone・Androidそれぞれでリリースされており、無料で利用することが出来ます。

iPhone版
Android版

■機能一覧

アプリストア内の説明文を参考にしています(一部追記)。)

検索機能:記事タイトル・写真・自分で付けたタグ、それぞれから記事を検索できる。

タグのリストを作成:記事に自分なりのタグを付けて整理ができる。タグはいくつでも付けられるので、ジャンルごと、品詞ごと、復習したいものごとなど、自分だけのまとめ方も可能。

既読リストを作成:記事に既読済みチェック(手動)を付けられる。

お気に入りリストを作成:記事にお気に入り(手動)を付けられる。

並び替え機能:記事公開の古い順 ⇔ 新しい順の並び替えができる。

ネイティブ音声の再生(追加中)

■レビュー

<豊富な記事量>

単語や表現について細かく説明された情報が、
491記事(2020年9月現在)公開されています。

MakoStars LLC/ 1

単語や英文法の説明だけでなく、ふとした日常会話で使えるフレーズや、アメリカ文化に根付いた情報をゲットできます。

MakoStars LLC/ 6

<記事検索>

491記事は、項目や分野ごとに分けられているわけではなく、すべてが羅列されてある状態です。

情報量が多いのは勉強するうえで嬉しい反面、始めるときにはどこからどうやっていこうかと迷ってしまう可能性も。

最初は、順番に読んでいったり、
気になるタイトルを探したり、
キーワード検索から記事を探したりと、
自分なりの工夫をしていく必要があると感じました。

例えば、

”some” でワード検索
→『「some」は単純に「any」に置き換えられない』の記事をチェック

といった感じです。

MakoStars LLC/ 2

画像からも記事を探すことができます。

MakoStars LLC/ 3

記事に掲載されている画像が一覧で表示されるのですが、
画像には、テーマになっている英語表現や単語が記載されているものが多いので、

気になる画像から記事にとんで詳しい説明をチェックできます。

ただここでも500近い膨大な量があるので、“気軽に英語に触れる1つのきっかけ” として使うのが良いかもしれません。

<既読・お気に入り・タグ付け機能>

実際に読んでみて気になるものや後から見返したいと感じたものは、

「既読」「お気に入り」のマークを付けておいて、見返すことができます。

1つひとつ手作業なので手間はかかりますが、自分なりのカスタムをしていけるイメージです。

MakoStars LLC/ 4
(既読は「✔」、お気に入りは「♡」マークです。)

また、「タグ付け」機能で、自分なりに項目分けして整理していくこともできます。

写真は例です。タグ自体も自由に作ることができ、複数のタグを付けることもできます。

MakoStars LLC/ 5

<ネイティブの音声>

また、No.1~19まではアプリ内で「英語ネイティブの音声」を聞けるのですが、それ以降はオンライン上で確認することができます。

ただ正直、メールアドレスの登録とパスワードの入力が必要で、記事を読んでいるアプリと音声を聞けるページを両方とも別々に開かなければならないので、少し手間がかかる印象がありました、、、

しかし、ネイティブの発音とイントネーションでたくさんの英語表現が収録されていて、自分で音声に合わせてシャドウイングをしてみる・繰り返しリスニングしてナチュラルな発音に耳を慣らす、など活かし方は広がりそうです。

MakoStars LLC/ S 131350532

なにより、すべて無料で学べるコンテンツなのはポイントかもしれません。

誰でも気軽に、かつ、時間や機能を制限されることなく使うことができるのは大きいなと感じました。

■おわりに

いかがだったでしょうか。
大まかにまとめると、このような感じです。

  • 英語にまつわる記事が多数収録されている。
  • すべて読み物(説明は日本語)のため、文字を読むことに抵抗が無い人におすすめ
  • 単語のニュアンスや英文法だけでなく、
    アメリカ文化、何気ない日常会話での表現などを知ることができる。
  • タグ付け・お気に入りなど、自分なりに整理できる。
    (⇄ 自分で整理して使っていく必要がある。)
  • これだけの情報量がすべて無料

英語学習アプリを選ぶ参考にしていただけたら幸いです!

■その他のアプリレビューはこちら(随時記事更新中)

【2020年版】英語学習アプリレビュー:アプリ一覧

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。