fbpx

英語学習アプリレビュー:「mikan」

英単語学習アプリ「mikan」を実際に使ってみたレビューをご紹介します!

「英語勉強したいけど、何からやればいいんだろう…」

英語学習の教材や勉強法があふれる中、せっかくやる気はあるのに手の付け方に戸惑ってしまう、ということも多いのではないでしょうか。そこで本ブログでは、手軽に始められる「英語アプリ」と、それを実際に使ってみたレビューをご紹介します!

今回は「mikan」を取りあげます!

■概要

・mikanとは
 └アプリ概要・こんな人にオススメ・利用価格
・レビュー
・おわりに

■mikanとは

MakoStars LLC/ 684

<概要>

英語学習者の中でも有名なアプリの1つで、英単語を効率的に勉強したい人にオススメです。30秒で10単語が学習できるため、スキマ時間を活用できます。

大学受験、TOEIC®、TOFEL®、GRE、センター試験、英検、速読英単語必修編、速読英単語入門編など、豊富な学習コースが用意されています。

ネイティブの発音とともに1万5000単語収録されており、単語の意味と共にリスニング力も鍛えることが出来ます。

<こんな方にオススメ>

・大学受験やTOEIC、TOEFLなどの試験に向けて、英単語を学習したい
・留学に向けて、発音と一緒に英語の語彙を増やしたい
・通勤や通学時間を英語学習で有意義な時間にしたい
・英語の苦手を払拭するためにまず単語をササッと暗記したい

(参照:アプリストア概要https://apps.apple.com/jp/app/%E8%8B%B1%E5%8D%98%E8%AA%9E%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA-mikan/id920856839

<利用価格>:無料

基礎的な機能は無料で使うことが出来ます。

学習内容がより充実したmikanPROというサービスは、アプリ内課金によって利用できます。

Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=link.mikan.mikanandroid

iPhone:https://apps.apple.com/jp/app/%E8%8B%B1%E5%8D%98%E8%AA%9E%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA-mikan/id920856839

■レビュー

<英単語テスト@教材一覧>

最初に自分で設定したレベルにあわせ、単語が出題されます。

表示&読み上げられた英単語の日本語の意味を、下の4つの選択肢から選びます。

1回の出題単語数は10個~で、設定(歯車マーク)から自分で設定することが出来ます。私は10個から始めたのですが、気軽に取り組むことができました。

回答スピードごとに、

・完璧に覚えた単語
・ほぼ覚えた単語
・うろ覚えな単語
・苦手な単語

とグループ分けしてくれます。

教材一覧ホーム画面の「総復習」ボタンから、上記グループごとに単語を復習することもできます。苦手な単語を集中的につぶしていけるので、効率的に学べる感覚がありました。

“苦手”や“うろ覚え”に振り分けられていた単語も、復習によって“完璧に覚えた単語”にランクアップさせていけます。

これらの単語の振り分けを、すべてアプリが自動でまとめてくれるのも便利なポイントでした。

<カードめくり学習@教材一覧>

教材一覧の設定(歯車マーク)から、「テスト」と「カードめくり学習」の切り替えができます。

こちらは、英単語だけが表示&読み上げられ、1つずつ「知ってる」と「知らない」に振り分けていきます。

振り分けの際に日本語の意味が表示されます。

「知らない」にした単語は繰り返し出題され、「知ってる」になるまで続きます。

こちらも1回の学習で出される単語数を選ぶことができ、

ちなみに10単語に設定すると、5問×2セットで出題されました。

さらに先程のテスト同様、回答ごとに

・完璧に覚えた単語
・ほぼ覚えた単語
・うろ覚えな単語
・苦手な単語

とグループ分けしてくれます。

こちらも、苦手な単語を繰り返し復習することができて便利です。

MakoStars LLC/ S 154607618

<mikanテスト@その他>

期間ごとにさまざまな全国テストが開催されていて、アプリ利用者ならだれでも参加できます。

内容も自分の目的やレベルに合わせて選べます。

(例:高校基礎英語・TOEIC英単語2500・センター試験英単語500・中学英単語)

形式はいつもの「テスト@教材一覧」同様、英単語が読み上げられて、日本語の意味を4択の中から選択するものです。

ポイントは、制限時間5秒のサドンデス形式であること。

スピード重視で、5秒の間により多く正解することで高得点ゲットとなります。1問でもミスしたらそこで終了。しかし、参加回数は無制限なので、心ゆくまで何度も挑戦できます。

1回5秒、かつ何回でも参加可能なので、

誰でも気軽に挑戦できるのが魅力的だなと感じました。

<4技能テスト@その他>

いずれも全10問で、

・Reading(読み取り力)
・Listening(聞き取り力)
・Writing(筆記力)
・Speaking(話す力)

の4技能をテストできます。

  • Reading

和訳と穴抜きの英文が表示されます。
穴抜きに入る英単語を下の4つの選択肢から選んでいくものです。
回答すると、正解となる英文をネイティブスピーカーが読み上げてくれます。

  • Listening

穴抜きの英文が表示され、穴抜き部分も含めた全文をネイティブスピーカーが読み上げます。穴抜きに入る英単語を聞き取り、下の4つの選択肢から選んでいくものです。

  • Writing

和訳と、1つずつバラバラに並べられた英単語が表示されます。

和訳に合う英文になるように、単語を順番に選んでいきます。英文を完成させ「回答する」を押すと、正解となる英文ネイティブスピーカーが読み上げてくれます。

回答中に英単語の順番を間違えてしまった場合、上に移動した単語をもう1度タップすると修正できます。

  • Speaking

英文が表示され、ネイティブスピーカーが読み上げます。

その後にマイクボタンを押し、スマホに向かってその英文を読み上げると、アプリが自分の発音を判定してくれます。

お手本のすぐ後に自分でチャレンジ出来るので、ナチュラルな発音の練習ができます。

■おわりに

いかがだったでしょうか。
大まかにまとめると、このような感じです。

・基本の「テスト」と「カードめくり学習」で英単語を集中的に学べる
・苦手なものを自動でまとめてくれて復習しやすい
・mikanテスト(アプリ内の全国テスト)が気軽に挑戦できて自分のレベルを確認できる
・4技能テストで基本のトレーニングの成果を確かめられる
・見て覚えるだけでなく、リスニングやスピーキングも練習できる

英語学習アプリを選ぶ参考にしていただけたら幸いです!

■その他のアプリレビューはこちら(随時記事更新中)

【2020年版】英語学習アプリレビュー:アプリ一覧

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。