fbpx

英語学習アプリレビュー:「Learn English 英文法(アメリカ英語版)」

英単語学習アプリ「Learn English 英文法(アメリカ英語版)」を実際に使ってみたレビューをご紹介します!

「英語勉強したいけど、何からやればいいんだろう…」

英語学習の教材や勉強法があふれる中、せっかくやる気はあるのに手の付け方に戸惑ってしまう、ということも多いのではないでしょうか。そこで本ブログでは、手軽に始められる「英語アプリ」と実際に使ってみたレビューをご紹介します!

今回は「Learn English 英文法(アメリカ英語版)」を取りあげます!

MakoStars LLC/ 714

■概要

・Learn English 英文法とは
 └アプリ概要・利用価格
・レビュー
・おわりに

■Learn English 英文法とは

(※引用・参考:アプリストア内の概要:https://apps.apple.com/jp/app/learnenglish-%E8%8B%B1%E6%96%87%E6%B3%95-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E7%89%88/id681083763

MakoStars LLC/ S 154927106

<アプリ概要>

・インタラクティブに楽しく英文法を学習できるアプリ。

・入門から上級までの全4レベル
 └ 少しずつレベルアップできるように構成されている。

・1000問以上の豊富な練習問題 
 └ 過去形・付加疑問・前置詞など25項目にわたる練習問題が、各レベルにつき600問以上収録。問題のタイプもさまざまで、穴埋め・選択問題など10種類がランダムに出題される。

・イギリス英語版とアメリカ英語版 
 └ イギリス英語とアメリカ英語における用法・スペル・発音の違いを反映した内容。

<利用価格:無料(アプリ内課金あり)>

基本的に無料で活用することができます。

・Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=bc.leg.us&hl=ja&gl=US

・iPhone:https://apps.apple.com/jp/app/learnenglish-%E8%8B%B1%E6%96%87%E6%B3%95-%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E7%89%88/id681083763

■レビュー

イギリス英語版とアメリカ英語版の2種類がありますが、今回は「アメリカ英語版」のレビューをお届けいたします。

練習問題の設問やテストは、基本的に “すべて英語” で書かれています。

英語に苦手意識がある方には、少しハードルになる可能性が。ただ「英語で理解する」という実践的な練習になるため、英語への抵抗感が小さくなったときにこのアプリにチャレンジすると良いかもしれません!

それを踏まえ、レビューしていきたいと思います。

MakoStars LLC/ S 154943490

<練習問題>

以下の4レベルに分かれています。

・初級
・準中級
・中級
・上級

レベルごとに問題が用意されています。

例えば「初級パック1」はこのような感じです。

MakoStars LLC/ S 154951682

トピックを選ぶと練習問題がスタートします。

MakoStars LLC/ S 154951683

・画像に合う英文を選択肢から選ぶ問題

・空欄に入る単語を選ぶ穴抜き問題

・空欄に入る単語を入力する穴抜き問題

・リスニングして内容に合う答えを選ぶ問題

などなど、様々なアプローチがあり、リスニング・リーディング・ライティングといった力を多角的に鍛えることができます。

単なる文法の一問一答というよりは、

画像や文脈に合うように英文を完成させたり、リスニングでストーリーを聞き取る中で文法を学んだりと、思考力も鍛えられる印象でした。

<テスト>

1つレベルの練習問題をひと通りやり終えたら、テストで実力チェックします。

レベルごとに分かれていて、練習問題の中から出題されます。

繰り返しテストを受けることも可能で、所要時間も計測されるので、かかった時間と正答率で文法がどのくらい定着しているかを確かめることができます

MakoStars LLC/ S 154951684

■おわりに

いかがだったでしょうか。

大まかにまとめると以下のような感じです。

  • 設問も選択肢も ”すべて英語” 表記
     └英語に抵抗感がある方にはハードルになる可能性あり
     └英語で理解できる
  • 「練習問題」+「テスト」のシンプルな構成
  • リスニング、リーディング、ライティング、語順トレーニングと多角的にアプローチ
  • 思考力も鍛えられる設問が多数
  • レベル分けされており、少しずつレベルアップできる。
  • 広告が表示されることがあるが、無料で活用できる。

英語学習アプリを選ぶ参考にしていただければ幸いです!

■その他のアプリレビューはこちら(随時記事更新中)

【2020年版】英語学習アプリレビュー:アプリ一覧

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。