fbpx

英語学習アプリレビュー:「Duolingo」

英単語学習アプリ「Duolingo」を実際に使ってみたレビューをご紹介します!

「英語勉強したいけど、何からやればいいんだろう…」

英語学習の教材や勉強法があふれる中、せっかくやる気はあるのに手の付け方に戸惑ってしまう、ということも多いのではないでしょうか。そこで本ブログでは、手軽に始められる「英語アプリ」と実際に使ってみたレビューをご紹介します!

今回は「Duolingoで英会話 – リスニングや会話の練習」を取りあげます!

MakoStars LLC/ 711

■概要

・Duolingoとは
 └アプリ概要・利用価格
・レビュー
・おわりに

■Duolingoとは

(※引用・参考:アプリストア内の概要:https://apps.apple.com/jp/app/duolingo%E3%81%A7%E8%8B%B1%E4%BC%9A%E8%A9%B1-%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%84%E4%BC%9A%E8%A9%B1%E3%81%AE%E7%B7%B4%E7%BF%92/id570060128

MakoStars LLC/ 712

<アプリ概要>

ゲームのように楽しみながら効率よく学べる言語学習アプリで、5.3万以上ダウンロードされています。

  • 特徴1:調査によると、Duolingoでの34時間分の学習が大学1学期分の語学授業に匹敵することが示されています。
  • 特徴2:ゲームのように楽しみながら英語を学習できます。ストリーク、レベル、スキルポイント、アイテムなどモチベーションを保つ仕組みが満載。
  • 特徴3:毎日数百万人の学習データの分析を通し、効率よく教育効果の高い学習ができるよう、コンテンツが常に進化しています。

<利用価格:無料。アプリ内課金あり。>

基本機能は無料で使うことができます。アプリ内広告で運営されています。

アプリ内に「Duolingo Plus」という有料プランもあります。

・iPhone:https://apps.apple.com/jp/app/duolingo%E3%81%A7%E8%8B%B1%E4%BC%9A%E8%A9%B1-%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%84%E4%BC%9A%E8%A9%B1%E3%81%AE%E7%B7%B4%E7%BF%92/id570060128

・Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.duolingo&hl=ja&gl=US

■レビュー

<ホーム>

基本のトレーニングがたくさん用意されていて、基礎的なレベルから始められます。

ジャンルも多く、例えば以下の感じです。

□ジャンル

・挨拶
・日常生活
・仕事
・家族
・文法(複数形・形容詞・疑問文)

□アドバイス

ジャンルごとにアドバイスも用意されています。
このジャンルで使うことが多い単語やその解説が見られます。

MakoStars LLC/ S 154296324

□トレーニング例

・リスニングした単語を選ぶ(リスニング)
・和訳に合うように英単語を組み合わせる(語順)
・和訳に合うように英文を作る(単語・語順)
・リスニングした英文に合うように英単語を組み合わせる(リスニング・語順)
・リスニングした英文を発音する(シャドウイング・スピーキング)

MakoStars LLC/ S 154296325
□ゲーム感覚

トレーニングするためのHPがあったり、トレーニングをするとポイントが獲得できたりと、ゲームを攻略していくような感覚で進めていけます。

HPを回復したり、新しいトレーニングをするためにポイントや課金が必要だったりする点もゲームに似ています。

<Duolingoストーリー>

1つのストーリーをリスニングしながら、問題に解答していくトレーニングです。読解力を鍛えられます。

MakoStars LLC/ S 154296326

英文が表示されるとともに、それをネイティブスピーカーが読み上げてくれるので、リスニングにもなります。読み上げられた後に自分で続けて発音すれば、シャドウイングの練習もできます。

ここでもゲーム感覚があって、このトレーニングをするためにポイントが必要だったり、ホームの基礎トレーニングをやることが新しいストーリーを見られるミッションになっていたりします。

会話形式のストーリーが展開されるので、インタラクティブな英文の言い回しも知ることできます。

■おわりに

いかがだったでしょうか。
大まかにまとめると以下のような感じです。

・ゲーム感覚で進められる。
 └トレーニングするためにHPやポイントが必要。
・様々なアプローチのトレーニングがある。
 (リスニング、スピーキング、シャドウイング、語順理解、読解力など)
・基礎的なレベルから始められる。
 └難易度を上げるには、トレーニング数を重ねる必要がある。
・基本的に無料で使える。
 └「Duolingo Plus」という有料プランや、ポイント獲得などのアプリ内課金がある。

英語学習アプリを選ぶ参考にしていただければ幸いです!

その他のアプリレビューはこちら(随時記事更新中)
【2020年版】英語学習アプリレビュー:アプリ一覧

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。