fbpx

英語学習アプリレビュー:「AI英会話アプリ LingoChamp」

英単語学習アプリ「Lingo Champ」を実際に使ってみたレビューをご紹介します!

「英語勉強したいけど、何からやればいいんだろう…」

英語学習の教材や勉強法があふれる中、せっかくやる気はあるのに手の付け方に戸惑ってしまう、ということも多いのではないでしょうか。そこで本ブログでは、手軽に始められる「英語アプリ」と実際に使ってみたレビューをご紹介します!

今回は「AI英会話アプリ LingoChamp」を取りあげます!

MakoStars LLC/ 722

■概要

・LingoChampとは
 └アプリ概要・利用価格
・レビュー
・おわりに

■LingoChampとは

(※引用・参考:アプリストア内の概要:https://apps.apple.com/jp/app/%E8%8B%B1%E4%BC%9A%E8%A9%B1%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA-lingochamp-%E3%81%A7%E8%8B%B1%E8%AA%9E-%E5%8B%89%E5%BC%B7/id1460991582

MakoStars LLC/ S 155525122

<アプリ概要>

・AIを搭載した英語学習アプリで、一人一人にコミットした効果的な英語学習を提供。

・発音の一音一音に対して音素レベルの正確なフィードバックを行う。

◤LingoChamp® 4ステップ英語学習法の流れ ◢

►ステップ1: 英語力診断-LingoChamp® 5分間英語力テスト
テストの結果をもとに一人一人に合った学習プラン、目標、カリキュラムが設定される。

►ステップ2: インプット学習
学習時間内に内容を理解しインプットするために、内容は専門家の監修下、実際の生活シーンをもとに考案。

►ステップ 3: アウトプット練習
AIによる英会話の練習パートナー:Alixコーチとチャットできる。実際に使われる英語をchat方式で教えてくれ、デザートの注文から日用品の買い物まで生活シーンで使われる会話を用意してくれる。単語や文法の間違いにとらわれず練習できる。

►ステップ4: 素早いフィードバック
インプットとアウトプットの練習をもっと最適化するために、一人一人に特化したカリキュラムを組むと同時に、フィードバックの質を上げることで即座に今後の学習目標が明快になる。

◤ 楽しいエクササイズ◢
YouTubeから厳選された動画を見て自分でアフレコをすることで発音練習することができる。

<利用価格:無料体験→有料プラン>

3日間の無料体験期間があり、その後の継続は有料プランの購入が必要です。

・Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.laix.lingochamp&hl=ja&gl=US

・iPhone:https://apps.apple.com/jp/app/%E8%8B%B1%E4%BC%9A%E8%A9%B1%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA-lingochamp-%E3%81%A7%E8%8B%B1%E8%AA%9E-%E5%8B%89%E5%BC%B7/id1460991582

■レビュー

<英語力診断-LingoChamp® 5分間英語力テスト>

アプリを開くと、最初に出題されるテストです。
現時点の自分の英語力と、これから勉強して目指したいレベルを明確にします。

穴抜き問題やリスニング、スピーキングなど、様々な問題を答えていきます。

回答が終わると、スピーキング・文法・聴解(リスニング)・読解・語彙の5つの評価項目で、自分の現在のレベルを教えてくれます。弱点も…!

MakoStars LLC/ S 155533314

ここでわかる「現在のレベル」と「目標レベル」によって、自分に合ったトレーニングのカリキュラムが組まれていくようです。

<単語帳>

どのトレーニング中でも、表示された英単語を長押しすると、単語の意味が英語で表示されます。英英辞典のようなイメージです。

右上の保存マークを押すと、単語帳に保存できます。単語帳は、「Me」という自分のアカウント画面から確認できます。

MakoStars LLC/ S 155549698

<AI英会話コース>

AIによる英会話の練習パートナー:Alixコーチと行う、チャット形式のレッスンです。1つのトピックについて実際にスピーキングしながら会話できます。

挨拶から始まり、導入から本題に至るまで、Alixコーチがリードしてくれます。たまに噛み合わないこともありますが、ほぼほぼ、本当の会話のようにキャッチボールできました。

MakoStars LLC/ S 155541508

レッスンの終わりにはレポートが出て、どのくらいスムーズに発話できていたか、文法のミスはないか、などを教えてくれます(例:画像の1番右)。

<サポートレッスン>

□英会話トレーニング

物語の中の英文を、ネイティブスピーカーの発音の後に自分でもスピーキング(シャドウイング)してみるトレーニングです。5文前後の量なので、気負わず取り組めます。

MakoStars LLC/ S 155541509

マイクマークで録音すると、その場で採点されます。緑色になっている単語は、上手く発音できているものです。

マイクマークの右側、自分のアイコンをタップすると、自分の発音もすぐ確認できます。採点だけじゃなく実際の音声を聞くと、客観的に自分のスピーキングをチェックできるのでおすすめです。

一通りシャドウイングすると、次は全文、自分だけで読み上げるテストがあります。

MakoStars LLC/ S 155541510

テストは、リズム・正確さ・なめらかさ・発音の4項目から採点されます。自分だけの全文音声も確認できます

発音が良かったものもレポートとして教えてくれます。

□英語でアフレコ

英語動画のアフレコをすることで、本格的なスピーキングをするトレーニングです。題材はYouTubeからで、トピックは多種多様。好きなもの、自分に合ったレベル(初級、中級など)を選べます。

MakoStars LLC/ S 155541511

トレーニングを始めると、動画のスクリプト(アフレコ原稿)が1文ごとに区切られ、英文と和訳も表示されます。

マイクボタンを押し、無音の動画に合わせて自分がアフレコします。ネイティブスピーカーのスピードなので、なめらかにスピーディーに発音しないと、時間内に言い切ることができません。

MakoStars LLC/ S 155541512

録音するごとに採点してくれます。緑色になっている単語がキレイに発音できたもの、黒や赤になっているのが認識されなかったり時間に収まらなかったりしたものです。

マイクボタン右横のボタンを押すと、ここでも自分の発音が確認できます

自分のアフレコが動画に合っているか、全文時間内に収まっているか、イントネーションなどは真似られているか、ここで要チェックです。マイク左側のボタンで、お手本の音声を何度でも聞けるのもポイントです。

完成したアフレコ動画は、公開にしてアプリ内でシェアすることもできます。
ちなみに、初級編の動画でやってみるとこんな感じになります。(→参考例

■おわりに

いかがだったでしょうか。
大まかにまとめると以下のような感じです。

  • テストを受け、自分のレベルと目標に合ったペースで勉強できる。
  • AIコーチと発音するチャット形式で会話できる。
  • 単語帳で苦手単語の復習
  • 英会話トレーニングやアフレコで、ナチュラルなスピーキング練習ができる。
    →自分で1つの作品にできる。
  • 3日間の無料体験後は、有料プランへの加入が必要。

英語学習アプリを選ぶ参考にしていただければ幸いです!

その他のアプリレビューはこちら(随時記事更新中)

【2020年版】英語学習アプリレビュー:アプリ一覧

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。