fbpx

英語学習おすすめ教材:動画&アプリ編

スマートフォンでできる英語の勉強法として、オススメの動画視聴サイトやアプリを紹介します!

スマートフォンで英語の動画を観たり、アプリを使用して英語の勉強をすることも可能ですよね! 紙とペンを使って英語を勉強する以外の方法も沢山あります!

この記事ではオススメの動画視聴サイトやアプリを紹介したいと思います!

動画サイト

Image result for 動画サイト

Amazonのプライム・ビデオやNetflix、dTVなど様々な動画配信サービスがありますが、英語の学習をする上で重要なのは

  • 英語の字幕の有無
  • スキップ機能の有無

だと思います。

動画を観ることが、英語の学習に繋がるのは、基本的な英文法の基礎とある程度のリーディング能力がある人です。

「英語の字幕を読めば、内容が大体わかる」必要があります。

ここに到達していなければ、「学習」と言うよりは「娯楽」の要素が強くなってしまうでしょう。

動画サイト活用法

オススメな使い方は、好きなシーン(映画)を字幕ありで繰り返し観ることです。

好きな映画を選べば、全体の内容は頭に入っていると思います。

その映画の中で特に、

  • 好きなシーンや
  • 自分の英語活用現場に近いシーン

をピックして、その箇所を繰り返し視聴し、真似することです。

動画なので、言葉以外のジェスチャーや表情を含めて真似できると更に実践的です。

  • 日本語の字幕で観る→10秒戻して同じ箇所を英語で観る→もう一度英語で観る

と言うような使い方がおすすめです。

日本語字幕で見ていて、良い表現に出会った時は、「10秒戻して英語字幕で、英語を確認する」と言うのも自分の中に語彙をストックする良い方法です。

現時点で「字幕の切り替え」・「スキップ機能」があるのは、NetflixとHuluだです。 

私はNetflixを大学の授業でよく使います。

オリジナルのドキュメンタリーが非常に多く、インタビューなども多く観れるので、単語の使い回しや、プレゼンのやり方を学ぶのに効果的です。

  • 「世界の“今”をダイジェスト」
  • 「クリエイティブ・ブレイン」
  • 「世界の“バズる”情報局」

の3つが最近のおススメです!

おすすめ英語学習アプリ

スマートフォンで英語学習に使えるアプリも数多くあります。

~英語SNS~

SNSを英語で行うアプリに「英語&英会話SNS Engly」があります。

Image result for 英語&英会話SNS Engly

英語でタイムラインに投稿したり、友達の英語のタイムラインを読むことで、日常生活で使用する英語を気軽に使えます。

辞書機能やフレーズや単語を学べる機能もあり、手軽に英語を使用できます。

~英語ゲーム~

ゲームを進めながら英語の学習をしていけるアプリもあります。

正に楽しく学習!って感じです。

有名なのは

「Duolingo」

Image result for Duolingo

その他にも

  • 「ゲームで英語を学習!英語物語」
  • 「鬼桃語り」
  • 「English Monsters」

課金しなくても十分に使えます。

基礎的な英語を楽しく学ぶのにゲームはおススメです!

~リーディング~

ニュースから学習できる、「ざっくり英語ニュース!StudyNow」は使いやすく、発音も聞けるのでおススメです。利用者が多いためか、時間によっては開くのに時間がかかることがあります。

Image result for ざっくり英語ニュース!StudyNow

「POLYGLOTS」も内容は素晴らしいと思います。レベルの幅も広いです。

Image result for POLYGLOTS

課金をるとかなり使える機能があります。

~リスニング~

再生速度や字幕を変えやすく、扱っているジャンルも多い「リスニングドリル」はなかなか使いやすいアプリです。

Image result for リスニングドリル

Youtubeから英語を学べる「VoiceTube」もなかなか面白いです。課金制に変わりつつあるのが気になる所です。

Image result for VoiceTube

海外のアプリですが、アメリカのニュース「Voice of America」のアプリ「VOA」は非常に優秀です。ノンネイティブ向けのコンテンツも充実しています!

~単語~

「英単語アプリ mikan」は宣伝も少なく、信頼できる感じがあります。TOEICや留学などのジャンルから単語を学習できます。単語を発音してくれる点も良心的です。

Image result for 英単語アプリ mikan

上で紹介した「Duolingo」も単語を学ぶのに役立ちます。レベル分けもしっかり行ってくれるので、レベルに適した単語を学べます。

様々な媒体を駆使して自分なりの続けられる英語習慣を作って行くことが学習効果を出す秘訣ですね!

参考資料

<英語学習最新サービス図鑑>President 2019. 4.15号 

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。