fbpx

英語アプリ”POLYGLOTS”のおすすめの使い方

英語アプリ"POLYGLOTS"の、総合的な英語力向上を狙うおすすめの活用方法をお伝えします!

英語学習おすすめのアプリとして、POLYGLOTSを以前紹介しました!

リーディングやリスニングの練習以外にも使い方は様々あるので、総合的な英語力向上を狙った活用方法をお伝えします!

おすすめ勉強手順

1:リスニングを5回する

2:リーディングを2回する

3:理解した内容を英語で簡単に要約する(紙に書く)

4:オリジナルの文と見比べて、抜け落ちていた部分を探す

5:自分に足りなかった部分の発音を聞きながら暗記する

6:オリジナルを真似して、自分の声を録音する

Image result for how to study

1:リスニングで耳を慣らす

自分のレベルにあった内容を選び、最初は短く簡単なものが良いです。

そして、5回連続で聞きましょう!最初の1・2回は意味不明な部分もあると思いますが、連続して聞いて行くうちに耳が少しずつ慣れてきます。時間が許す人は5回と言わずに、意味が分からなくても、「大体こんな風に言ってるな〜」と思えるまで聞いてみましょう。

2:リーディングをしながら理解のチェック

音のイメージが掴めたら、自分の理解を確かめるために、同じ文をリーディングしましょう! この時に自分の聞いていた音と、文字を結び付けていきます。「あ〜この単語だったのか」と知っている単語のはずなのに、聞き取れていなかったものもあるでしょう。目で見ている単語と発音が必ずしも一致していない人も多いです。

単語の綴りより、音に集中することが大事です!

3:自分で内容をまとめる

リスニング、リーディングをここまでやっているので、大体の内容は掴めているはずです。

内容を英語でまとめる練習をしましょう。

この時のポイントは

「本文をみない」

ことです!! 本文見てしまうと、単語をそのままコピーしたくなります。

自分の記憶を頼りに、聞いた+読んだ英語の内容を簡単に英語でまとめてください。

長文である必要はなく、要点だけを書きましょう!

4:オリジナルと比較する

自分で作った文章をオリジナルと比べてみましょう。「あ〜こう言ってたな」と言う部分がたくさんあると思います。上手に表現できなかった箇所、重要だと感じた単語をノートなどにまとめておくと良いと思います。

内容として重要だけれど、抜け落ちていた部分もチェックしましょう。

自分の英語力で足りない部分を意識できるチャンスなので、気になったこと、これはどう言うのかな?など、疑問を一気に解決し、まとめてください!

5:自分に足りなかった部分の発音を聞きながら暗記する

自分の要約では上手に表現できなかった、内容や、これは覚えておきたいと、メモした部分を中心にオリジナルの英語を聞きましょう!何度も聞きましょう! 

そして、その表現を暗記してください。

この時、文をただ暗記するのではなく、イントネーションや発音も真似しましょう。

完全にコピーすることが大切です。英語のリズムやイントネーションパターンなども学ぶチャンスです。

6:オリジナルを真似して、自分の声を録音する

沢山真似をして、コピー出来るなと思ったら、自分の声を録音しましょう。

とっても嫌だとは思うのですが、上達のチャンスです。

録音した自分の英語とろオリジナルを聞き比べ、修正したい場所があれば、またオリジナルを聞き込み、なるべくオリジナルに近い発音やイントネーションが出来るようにしましょう!

この練習のポイント

最初から練習して暗記するのではなく、一度自分でアウトプットしてから、暗記に入ることが重要なポイントです。

アウトプットする前には、必ずインプットが必要です。

なんでも暗記していると時間が足りないので、自分に足りない部分を明確にしてから、そこだけ集中的に覚えましょう!

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。