fbpx

英語アプリレビュー:「POLYGLOTS」

英語学習アプリ紹介、今回は「POLYGLOTS」についてレポートします!「自分の興味のあるジャンルの記事をリーディング」するのが主なアプリですが、便利な機能が色々とあります。

以前のアプリ紹介の記事はこちらから!

「自分の興味のあるジャンルの記事をリーディング」するのが主なアプリですが、便利な機能が色々とあります。

MakoStars LLC/ image 5

ジャンルを選べるので、英文を読むのも楽しめます。

MakoStars LLC/ image 6

WPMが設定できる

記事を選ぶと色々と設定ができます。 

先ずは、自分のペースで読むか、推奨される速さで読むかを選択できます。

この文章だと「145WPM」となっています。ペースメーカーの速さは「145WPM」と設定されています。

WPMとは ”word per minute” のことで、「1分間あたりの単語数」のことです。

「145WPM」とは、1分間で145語読む速さと言う意味です。

Forbesの記事によると、英語ネイティブの人が以下の様な速さの様です

小学3年生= 150 words per minute (wpm)

中学2年生= 250

大学生= 450

日本の大学生の平均スピードは80-100と言われています。

目標を何にするかによりますが、TOEICのリーディングを解き終わるのに必要なのは150語と言われています。

また、ネイティブの会話のスピードは120(ゆっくり)〜200(速い)と言われています。

150ぐらいでリスニングをする。その後答え合わせをするために150ぐらいでリーディングをすると言う利用方法が良いかもしれませんね!

自分のペースで読んだ後に、目標とするペースで読んでみるのも良い勉強になると思います。

日本語に逐一訳して行くとペースについていけなくなるので、英語を英語で読む練習になります!

辞書機能

MakoStars LLC/ image 7

そして、読んでいて分からない単語があればその場ですぐに調べることもできます。

調べた単語は、一覧でまとめてくれています。

MakoStars LLC/ image 8

調べた単語の中からクイズもしてくれます。

スラッシュリーディング

さらに、日本の英語学習者には馴染みのある、スラッシュリーディングも出来ます。

MakoStars LLC/ image 9

文章によっては、内容理解クイズが用意されているものもあります。

無料でここまで出来て、クオリティの高いアプリは現時点では他にはないと思います。

月額480円を払うと、「リスニング学習」、「記事の理解度チェック」が利用できるようになります!

相当なコスパではないでしょうか〜!

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。