レアジョブ英会話 無料体験レッスンレポート①〜登録から予約まで〜

レアジョブ英会話の無料体験レッスンを実際に受けてみました!登録から予約までレポートします!
Reading Time: 2 minutes
MakoStars LLC/ logo rarejob

長くなるので目次を作りました。以下のような流れです!

目次

1.誰がレポートするの?

2. 体験レッスン予約までの流れ

 2-1.無料会員登録

   2-2.プロフィール設定

   2-3.体験レッスン予約

3.体験レッスン予約までの感想

MakoStars LLC/ BvD b6VpVQ0GoOwCs12MDBWx9H32y QJS03omakMXZw5hhO5OQRvE5 KvRt4dxtRP4BsdC41qM4ROrKXVXEuUQwaNJGFQAEigedmvh6BgU2FF894ZW7b2HsxR7fU56cHG Ak 9w

1.誰がレポートするの?

今回の体験レッスンをする筆者の英語レベル・ライフスタイル・目的を先にお伝えします!

英会話に興味があると言っても、人によって目的やその人に合う合わないがあると思います。今回は以下のような筆者の視点から、実際に登録から体験レッスンを終えるまでと、それに対する率直な感想をレポートしていきます!

◆英語レベル

・英語圏への滞在経験あり(半年間)

・その後ほとんど英語を使うきっかけなく、簡単な英語を少し話せる程度

◆ライフスタイル

・20代サラリーウーマン

・平日夜や休日は予定が入っていることが多く、定期的に英会話教室に通う時間的余裕があまりない。

・英会話教室に通う金銭的余裕もあまりない。。。笑

◆目的

・少し込み入った話(相談)や自分の意見が話せるようになりたい

・様々なイングリッシュスピーカーと話せる、様々な英語を聴けるようになりたい

・海外に行った時に、日常会話(買い物や食事など)だけでなく、相手や土地、文化について理解を深めるための会話が出来るようになりたい

・フォーマルなシチュエーションではなく、比較的カジュアルな場面で使える英語を身に付けたい※ビジネスで使う予定は今のところ特になし。

というわけで、総括すると

「忙しい社会人でも手軽に続けられる」ことが大事なような気がしてきました!

その上、目的や要望が多いというのは、気のせいです笑

それでは、まずは本利用を決める前の体験をしてみたいと思います!

そのファーストステップとして、今回は会員登録から体験レッスン予約までの流れとその感想をご紹介します。

2. 体験レッスン予約までの流れ

2-1.無料会員登録

MakoStars LLC/ 7Eb O uYRLZcc GW6tqWywH5Z VV 3lDbOS1lspLjnPFxyJanWxzj1E hiy0agyKjvja8dYD2Y 3 VKrfUqozmHEPfjv9nIFRIZb0pzomnCCTgoffDuHlwKoYKAu KJviWSjm7K

レアジョブ英会話公式サイトの「無料体験レッスン」ボタンをクリックします。

登録は、名前、メールアドレス、パスワードを入れて行うものとFacebookアカウントから行う2パターンありますが、どちらでも大丈夫です。

私は緑のボタンの通常会員登録の方から登録をしました。

MakoStars LLC/ I6QKuzuXphkNY6ZgKX3revhylzhaNp AYeTmAfKue bru1FHrp15NnrDp41N4tTPiND0SN4jWNhaOnPSsRTEgOREUlH2G2bv0XfXgi2IpZN1FWC4V2DfnXu8TKR amzUQAXgEHTX

上記情報を入力したら、「登録URLを送信」 を押します。

そうすると、登録したメールアドレスに以下のようなメールが届きます。

メールに記載されているURLをクリックし、プロフィールの設定・登録を完了させていきます。

MakoStars LLC/ K29zPu xy1lwId1jrpoVOYcbm7h62byLr0LqqWF70lE5eVm98fg7JCrM9rBc2


2-2.プロフィール設定

さきほどのメールに記載のURLをクリックすると、このような画面になりプロフィールの入力が求められます。

プロフィールと言っても非常に簡単な選択質問です。

MakoStars LLC/ AhrUVSaz6ckm6BzNscCcOjTYs0o0XQBTlV778UbZRa5tuTSai S D46DP6qDGzB49DDZP5NBDzaCfYwF29Z3Q 52mLAKKOW2P9LHiBoI JjpytG07kaUbbg538UTRSQjHXc51v6Q

こんな感じで入力を終えたら「登録する」をクリックして本登録が完了します!

MakoStars LLC/ NtZ RtxT RVzi3WV0BIjyw3UWoAWqdFaQd 345zHE11xUD4XHY0qXaO7ox

そうすると、メールアドレスに登録完了のお知らせメールが届きます

MakoStars LLC/


では、いよいよ無料体験レッスンの予約に入っていきます!

2-3 . レッスン予約

メールに届いたURLからログイン画面に飛び、ログインをします。

マイページが表示されるので、ここで予約をしていきます。

私は登録完了後、そのまま表示される画面で進めたところ、このようなレッスン画面になりました。

MakoStars LLC/ 2eULQEhVhIuSv zwtC12 W wuXxgkZbRxxUUaUzd3U98CnZlu2bYv53ocZkggskyWI38bSRXqNuFAdeHm6BD5UANPgqPSypyY2p bHX6Xu kto URc5DTtSVAMtX9X1oGfWOC5AS

直近1週間以内で自分の都合の良い日時を選択します。

時間は、朝6時〜夜24時30分までと非常に長く設けられているので、忙しい人には非常に嬉しいポイントです!

体験レッスン自体は約25分とそんなに長くないので、私は朝少し早起きして体験することにしました。

後から気づいたのですが、マイページの「MENU」→「レッスン予約」からレッスンを予約すると以下のような画面になり、時間、講師の年齢や性別などより詳細に検索して選ぶことができました。

こっちの方がいいですね!(なんで最初違う画面だったんだろう。。)

MakoStars LLC/ LxPUJQRkf1eDnw8WvYkMnSbqzfgzqygNhNZkduTSBM4udJapDi zd5AbA9x8GTiThvu PBIBVi0cMMfJ3q j0qz U9IA7gszEIKLQStviTgxlK3eHilpsxw01QjM


ちなみに「さらに詳しい条件を指定する」を展開すると、講師の趣味や職業などもフィルタリングして検索することが出来るようです。

※レッスン予約は、1回目を終えてからでないと2回目の予約は取れないようです。

希望の講師や時間帯に合わせて、レッスンを予約すると

レッスン受講の画面になります。

MakoStars LLC/ SJfz2mcGmfOf JN8vdvzq8s0DhAqw1fXiUYcO56b7cKhZUPmFWzcQZ gPANG

私はレッスンを予約した流れで、念のため環境チェック作業もしておきました。

オレンジの「環境チェック」ボタンをクリックします。

1分以内で終わる簡単なチェックなので、しておいて損はないと思います。

MakoStars LLC/ Xf848D2bvCnUd1CsvYDJVmuGygOoMXs3GQV2fKR2UcEWNIu5SwGLKyl9ZU9vFAGzGlMl

予約が完了すると、確認メールが届きました。

これで無事予約ができたことが確認できました!

MakoStars LLC/ xQoS9j0k7vSe87xKiXpJYURjjVrH3KbwFC0MxSTKpUrbk 1GkXzGoglh6it kP9CJ8VzfvwrlUMvosVotOIhzBQalWKp5MT0gYWJZljK8mPd1c9sWRHapzO5lrCHD cra0IEE8KI


あとは、レッスン当日にレッスンルームに入室して始める流れのようです!

詳細はまた次回お伝えしていきます!

3.体験レッスン予約までの感想

無料会員登録〜体験レッスン予約にかかった時間は、約5分でした。

速い人は3分くらいで終わると思います。

登録や設定に必要な項目も3~5個くらいなので、サクサク終わる印象です。

レッスン可能時間帯がかなり広いのが、とってもいいですね!

体験予約をする時は、私の場合は日時が合えば講師は誰でも良かったので、ここで迷ったりしなければかなりスムーズに予約を終えられると思います。

病院や激混みの脱毛サロンみたいに、予約が取れない!なんてこともないので

思い立ってすぐに予約が取れるのは嬉しいです!(他と比較してないので相対的に他がどうか分からないのですが)

次回は、実際のレッスン受講の様子をレポートしていきます!

Share:

Facebook
Twitter
Pinterest
LinkedIn
Email
Print
On Key

Related Posts

英語脳

【英語脳とは?】トレーニングで英語脳を作る効果的な5つの方法

Reading Time: 3 minutes

英語を学ぶ過程で理想的なのは「英語脳」を習得することです。実は英語脳は適切な学習方法をしていればそのプロセスで自然と身に付きます。しかし残念ながら「適切な学習方法」は学校では教えてくれず、多くの英語学習者が「適切とは言えない学習法」を行っています。

Scroll to Top