fbpx

アプリレビュー:「発音博士」

英語学習アプリ紹介、今回は「発音博士」についてレポートします!「LとR」や「Th」といった、日本人の苦手とされる発音の練習に最適です。
MakoStars LLC/ image 10

日本語とは違う「音」が英語には多く存在します。

日本人が苦手とされる音には有名な「LとR」や「Th」そして、母音があります。

この記事では、発音の練習に最適な素敵なアプリを紹介します!

以前のアプリ紹介の記事はこちらから!

自分の発音の癖を知る

日本語では基本的に一つ一つの単語の終わりが「母音」になります。

「マクドナルド」と言う時は「MAKUDONARUDO」と最後に「O」を割としっかり発音します。

英語ではバリエーションはありますが、基本的には[məkˈdɒnldz]のように発音されます。

最後の「dz」の部分は破擦音と呼ばれる音なのですが、母音を含んでいません!

(発音記号は難しく感じるかもしれませんが、読めると大変便利です)

日本語に慣れている人には、母音抜きで、単語を発音すると言うのはなかなか難しいことが多いです。

発音博士

このアプリは、発音記号の表示をJones式とIPAから選択することができます。

IPAを簡略化して、分かりやすくしたのがJones式なので、強いこだわりがなければJones式が良いと思います!

MakoStars LLC/ image 11

こんな感じで無料で練習できる単語も多くあります! 鍵がかかっていないのが無料で使えるものです。

「Beautiful」を発音してみたいと思います!

先ずは真面目に発音してみました。

MakoStars LLC/ image 12

無事に100点でした!!笑

次に、日本語っぽく発音してみました。

MakoStars LLC/ image 13

“l”と子音で終わるべきを、「ビューティフル」の「ル」としっかり発音したので、そこがマークされています。

“very”などの日本人が苦手とする”v”の音などは少し大げさなくらい”b”ではなく”v”の音をしっかり出してから発音すると良いかもしれません!

単語だけでなく、熟語もあります。

MakoStars LLC/ image 14

音と音が繋がると、英語は発音も変化しますが、分かり易く示されています。

音が出るので、電車など静かな場所では出来ませんが、とても良いアプリだと思います。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

リスニング

留学前にリスニングを勉強すべき理由と3つの勉強方法!留学を成功させよう!

  「留学を成功させたい。」 せっかく留学をするなら、授業も人間関係も実のある留学生活を過ごしたいですよね。 そのために英語の勉強に励む方も多いでしょう。 ところで、どの勉強を優先すべきかご存知でしょうか。 実は留学前に英語勉強するなら「リスニング」が1番大切なんです。 ・なぜ留学前にリスニングの勉強をすべきなのか?・効果的な勉強方法はどんなものか? これらを、10年以上英語の勉強を続けている筆者の留学経験とともにお伝えします。 有意義な留学生活を送りたい方は、ぜひご一読くださいませ。   なぜ留学前にリスニングを勉強すべき?   留学前に1番勉強すべきことは「リスニング」です。 なぜなら留学初日から困ることが多くなるから。 例えば、 ・初日の説明会で学校生活に関する大切な話が理解できない。 ・授業中、何が起きているか分からない。 ・「どうせ聞き取れないから話すのが億劫」という状況になる。 ・銀行口座開設など諸手続きに苦戦する。など。 留学では授業を受けることになりますが、リスニングができないと授業を理解するのが難しくなります。 教科書のどこを話しているのか分からない、クラスメートと話し合う時間も相手の言っていることが分からない、宿題があるのかも分からない。 周りはどんどん進んでいくのに、自分だけ取り残されたかのような感覚です。 せっかく時間とお金を使って留学に来たのに、授業や人間関係にうまく馴染めずタイムロスが起きてしまいます。 この悪循環が続くと、授業に参加するのが嫌になり留学生活自体が楽しくなくなる原因になりかねません。 ではどうやってリスニングを勉強すればいいのでしょうか。