アプリレビュー:「発音博士」

英語学習アプリ紹介、今回は「発音博士」についてレポートします!「LとR」や「Th」といった、日本人の苦手とされる発音の練習に最適です。
Reading Time: 1 minute
MakoStars LLC/ image 10

日本語とは違う「音」が英語には多く存在します。

日本人が苦手とされる音には有名な「LとR」や「Th」そして、母音があります。

この記事では、発音の練習に最適な素敵なアプリを紹介します!

以前のアプリ紹介の記事はこちらから!

自分の発音の癖を知る

日本語では基本的に一つ一つの単語の終わりが「母音」になります。

「マクドナルド」と言う時は「MAKUDONARUDO」と最後に「O」を割としっかり発音します。

英語ではバリエーションはありますが、基本的には[məkˈdɒnldz]のように発音されます。

最後の「dz」の部分は破擦音と呼ばれる音なのですが、母音を含んでいません!

(発音記号は難しく感じるかもしれませんが、読めると大変便利です)

日本語に慣れている人には、母音抜きで、単語を発音すると言うのはなかなか難しいことが多いです。

発音博士

このアプリは、発音記号の表示をJones式とIPAから選択することができます。

IPAを簡略化して、分かりやすくしたのがJones式なので、強いこだわりがなければJones式が良いと思います!

MakoStars LLC/ image 11

こんな感じで無料で練習できる単語も多くあります! 鍵がかかっていないのが無料で使えるものです。

「Beautiful」を発音してみたいと思います!

先ずは真面目に発音してみました。

MakoStars LLC/ image 12

無事に100点でした!!笑

次に、日本語っぽく発音してみました。

MakoStars LLC/ image 13

“l”と子音で終わるべきを、「ビューティフル」の「ル」としっかり発音したので、そこがマークされています。

“very”などの日本人が苦手とする”v”の音などは少し大げさなくらい”b”ではなく”v”の音をしっかり出してから発音すると良いかもしれません!

単語だけでなく、熟語もあります。

MakoStars LLC/ image 14

音と音が繋がると、英語は発音も変化しますが、分かり易く示されています。

音が出るので、電車など静かな場所では出来ませんが、とても良いアプリだと思います。

Share:

Facebook
Twitter
Pinterest
LinkedIn
Email
Print
On Key

Related Posts

英語脳

【英語脳とは?】トレーニングで英語脳を作る効果的な5つの方法

Reading Time: 3 minutes

英語を学ぶ過程で理想的なのは「英語脳」を習得することです。実は英語脳は適切な学習方法をしていればそのプロセスで自然と身に付きます。しかし残念ながら「適切な学習方法」は学校では教えてくれず、多くの英語学習者が「適切とは言えない学習法」を行っています。

Scroll to Top