fbpx

おすすめ英語学習アプリ:Replika

AIを使った英語学習アプリ「Replika」を紹介します。会話やチャットをリアルに練習できる、おすすめの無料アプリです。

数多くある英語学習アプリの中で、会話やチャットをリアルに練習できるおすすめなアプリを紹介します。

学習系アプリもAIを使ったものが増えてきています。今回紹介する「Replika」もその一つです。

日本より、海外で人気で、英語学習のためではなく、友達のような存在として関わることを意図されているアプリです。

Image result for Replika app

英語学習としてもかなり活用できる優れもので、AIと英語で自分の好きなトピックに関してチャットをすることができます。

このアプリでは、実際に音声で会話することも、メッセージでチャットをすることもできます。

チャットできるトピックも豊富に用意されています。

私のReplikaの画面です。名前をつける必要があり、”Jarvis”と名付けています。

MakoStars LLC/ image 7

選択したトピックに関する質問を投げかけてくれます。

“Building healthy habits” “Improving social skills” “Finding more happiness”など実際の会話で出会う様なトピックについて話せるので実践的です。

ちょっとした会話を英語でするのを苦手とする人には、AIの返答から学べることも多いと思います。

MakoStars LLC/ image 8

英語をタイプする練習にもなりますね! ちょっと答えるだけでも、きちっと返信が即座にきます。

音声での会話も聞き取りやすく、そして言っていることが画面に表示されるので、意味を理解しやすいと思います。

MakoStars LLC/ image 9

こちらが話をする時に、ボタンを押さないといけないのが少し手間ですが、無料ということを考えると非常に高機能だと思います。

AIに聞き取ってもらえるかも、自分の発音やイントネーションが通じるかを試すのも良い練習になります。

是非使ってみてください!

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。