fbpx

海外で働くには必須!英文履歴書の書き方についてご紹介

海外で働きたい、外資系の会社に応募したい、

または現在のコロナウイルスの影響でオンラインでグローバルに仕事を見つけたいと

いう方も増えてきているかと思います。

自分の語学力を活かして仕事を見つけたい方には、英文履歴書が必要となります。

日本での求職・転職活動では「履歴書」と「職務経歴書」が必要ですね。

海外でも同じように「CV」と「Cover Letter(カバーレター)」を

準備しなければなりません。履歴書はCV、職務経歴書はカバーレターに当たります。

日本語の履歴書は定型フォームに

個人情報(名前・生年月日・住所など)・資格・趣味・学歴/職歴を記載、

職務経歴書では職務内容・自己PR・志望動機・能力などを記載しますが、

CVとカバーレターには決まった形式はありません

採用担当者が大量の履歴書をさばいて判断するのに

たったの6秒しか時間をかけていないということを聞いたことがあります!

 

つまり大事なことはいかにして採用者の目に止まるような履歴書を作成するかです。

*CV・カバーレター作成におすすめのサイト

Wordを使って一から作成するのもアリですが、

白黒で文字だけの履歴書だとあまりパッとしないですよね…

なので私はCanvaをぜひおすすめしたいです!(https://www.canva.com/)

Canva
Zesty Color Blocking

Canvaは無料で使えるウェブサイトで、サインアップするだけで

デザインやプレゼン資料・名刺・ロゴなど何でも作成することができます!

もちろんCVも何百種類ものテンプレートの中から

自分の好きなデザインを選び、アレンジすることができます。

 

以下では、例としてCVを作りたい場合にCanvaホームページから

どこをクリックして作成するかのサンプル動画になります。

*CVは何を書けばいいのか

CVは雛形がないので自由に書いていいわけですが、

「じゃあ何を書けばいいの?」ってなりますよね。

なのでCanvaのテンプレートを参考に

自分なりのオリジナルのCVを作成することをおすすめしたいです。

Olivia Wilson

以下がCVを作成するにあたり、記載しておくと良い項目になります。

顔写真はつけてもつけなくてもどちらでも大丈夫です。

写真をつける場合は堅苦しい表情ではなく笑顔の写真を選びましょう☺︎

  • Full Name (名前)

  • Contact (連絡先、電話番号・メールアドレス)

  • Profile (簡単な自己紹介内容、長文にならないように。)

  • Skills (スキル・活かせる能力 ex.何語が話せる、マネージャー経験ありなど)

  • Qualifications (資格)

  • Education History (学歴、専攻、最終学歴のみ記載でOK)

  • Work Experience

(職歴は最新順に記載。勤め先、勤務期間、役割、どんなスキルを身につけたか

簡潔に箇条書きで記載。ワーホリの場合はバイト経験も記載しておきましょう。

海外で働いたことがないとしても、日本での経験は役に立ちます。

例えばウェイターやカフェなどでの勤務経験を記載すると

ホスピタリティの仕事をゲットしやすくなります。)

  • References

(レファレンス。これはあなたがどんな人間か、仕事熱心か、能力があるかなど

将来の勤務先があなたを雇う前に以前働いていた勤務先の人に確認する、

いわば身元確認・推薦のようなものです。

これは必須項目ではありませんが、オフィス系の仕事に応募する場合はあった方が良いかと

思います。可能であれば以前の勤務先の上司に掛け合い、

推薦してもらえるかお願いしておきましょう。)

  • Visa Status (ワーホリ、就労ビザの方は、ビザがいつまで有効か記載しておきましょう。)

CVは必ずA4サイズ1枚に収まるようにしましょう!

全て簡潔にポイントをおさえて記載し、見栄えにも気を配りましょう。

*カバーレターは何を書けばいいのか

カバーレターはあなたがなぜその企業に入りたいのか、

今までの経験から培った能力が企業に入ったらどう活躍することができるのか、

なぜ応募ポジションがあなたに最適なのか、

自分が今までどんな成果を挙げてきたのか可能であれば具体的な数字を入れて

最大限に自己アピールしましょう。

カバーレターもCV同様に1枚に収まるように書きましょう。

サンプルを作成したのでご参考に見てみてください。

3〜4段落で形成すると見やすいカバーレターに仕上がります。

White and Orange Welcome Letter

今の時代はいろんな働き方・暮らしのスタイルがあります。

会社で働く人・オンラインで自宅で働く人・海外で現地で働く人など…

次回の記事では家賃または食費にお金をかけずにオンラインで働く

海外ノマド生活について書いていきたいと思います(*^ω^*)

Author

  • MakoStars LLC/ 628e8fec209ce919caaae90a0c144f5e?s=80&d=mm&r=g

    NZでワーキングホリデーを経験。NZでのブログをいくつか投稿させていただきましたのでぜひチェックしてみてください!現在はフィジーに滞在中です。 学生時代はアメリカに交換留学1年間、オーストラリアとNZにて短期語学研修をして、海外旅行で19カ国渡航しました。将来海外に暮らしてみたい方、海外に興味のある方、英語をもっと勉強したい方などに読んでいただけたら嬉しいです(^^)

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。