fbpx

コロナ禍でのフィジー渡航:入国から隔離までの流れ

筆者が現在のコロナ状況下で、ニュージーランドからフィジーへ渡航した経緯や隔離施設までの移動など、全体の流れをご紹介!

皆さん、お久しぶりです!突然ですが実は筆者、

ニュージーランドを離れ、現在はフィジーにいます!

これからの記事はフィジーについて更新していきたいと思いますので、

皆さんに楽しんで読んでいただけたら嬉しいです(^^)

フィジーは現在2021年3月23日までで、合計67人感染者が出ましたが、

現在(2021年4月上旬時点)はコロナフリーのため、国内ではマスクをして外出する必要は一切ありません!

今回の記事では、フィジーへ入国するにあたり必要となった書類や手続き、

空港での様子や隔離施設までの移動についてご紹介していきたいと思います。

MakoStars LLC/ PXL 20210225 004959109

入国について

フィジーへ渡航するにあたり、下記事項をニュージーランドで準備しました。

ビザの取得

 観光ビザであっても、イミグレーションと連絡を取り、

 ビザを取得する必要があります。

(どこの国から渡航するかによって、またフィジーの現状もあるため、

 観光ビザであっても確実に取得できるかどうかは定かではないです。

 そのため、どんなビザだったら渡航することが可能なのかなど、

 イミグレーションに問い合わせするのをお勧めします。)

 私の場合は会社からサポートをしていただいたため、

 就労が認められるビザを取得しました。

渡航72時間前にPCR検査を受診→

 陰性結果を移民局にメールで送信し、「最終入国承認」を受理

 この「最終入国承認」の書類がなければ入国ができません!

 ※PCR検査はニュージーランドではNZD$230(約18,000円)費用がかかりました。

フィジー通貨の準備

 ホテルでの隔離に際して、宿泊代・隔離中2回のPCR検査代を現金で支払う必要がございますが、現地では隔離期間中に現金をおろすことができないため、

 入国する前に十分な額を準備しておくと良いと思います。

 ちなみに検査代は1回フィジードル$300(日本円で約15,000円)かかりました。

隔離期間中に食べたい物や暇つぶしに使える物を用意

 私はインスタント味噌汁やコーヒースティックなどを持っていきました。

 また2週間と長いホテル生活になるため、本やゲーム、パソコンなどがありますと、過ごしやすくなるかと思います。

空港での様子

MakoStars LLC/ PXL 20210224 220027833

空港はガラガラ!なかなか見ない光景ですね。

チェックインをする前に、厚生省のスタッフより、簡単にいくつか健康状態について

質問され、体温を測られます。風邪の症状がみられる、熱が38℃以上ある場合は

チェックインすることはできません。

飛行機の様子

PXL_20210225_010314365

写真のように、CAはマスクとフェイスガード、手袋と防護服を着ており、

乗客には使い捨てマスクとハンドワイプが渡されます。

また定期的に乗客のところに来て、手をアルコール消毒してくれます。

隔離施設までの移動

MakoStars LLC/ PXL 20210225 051742717.MP

空港をでたところに、写真のようにアーミーの方たちが出迎えてくれています。

自分の名前を伝えれば、アーミーが名前リストをチェックし、それぞれの隔離ホテルに

アーミーが手配したバスで移動します。

いかがでしたでしょうか。普段の海外渡航時とは全く段取りが異なりますね…!

この今のコロナ禍で海外に渡航することができ非常に貴重な機会をいただけたと思います。

次回の投稿にて実際のホテルでの隔離生活の様子やどんな食事がでるのかなど、

詳しくご紹介していこうと思います!皆さんそれではまた!

Author

  • MakoStars LLC/ 628e8fec209ce919caaae90a0c144f5e?s=80&d=mm&r=g

    NZでワーキングホリデーを経験。NZでのブログをいくつか投稿させていただきましたのでぜひチェックしてみてください!現在はフィジーに滞在中です。 学生時代はアメリカに交換留学1年間、オーストラリアとNZにて短期語学研修をして、海外旅行で19カ国渡航しました。将来海外に暮らしてみたい方、海外に興味のある方、英語をもっと勉強したい方などに読んでいただけたら嬉しいです(^^)

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。