fbpx

大人気!年に一度のヴィーガンフェスティバルに行ってみた!

数年前から、日本でも「ベジタリアン」や「ヴィーガン」向けの食べ物・レストランなどを

少しずつ見かけるようになりました。

 

日本人でベジタリアンの方は、日本ベジタリアン学会によると、

日本人口のうち9.2%(2003年時点)もいるらしいです!

 

このライフスタイルの流行最先端ともいえるイギリスでは16%(英国ベジタリアン協会:2006)、

アメリカでは13.7%(Vegetarian Times:2008)と日本の数字は実はそこまで低くないのです!

 

 

イギリスのヴィーガン協会の調査によると、イギリスではなんと60万人、

人口のうち1.16%がヴィーガンであるとのこと!

多くの人が健康や美容・宗教・動物愛護など様々な理由からこのライフスタイルを選んでます。

 

 

日本でも少しずつ注目されるようになってきたというものの、

まだまだベジタリアンやヴィーガンに対応しているレストランは多くはありません。

 

しかし、このHappy Cow(https://www.happycow.net/) のアプリを使えば日本だけでなく、

世界中のどこにいてもベジタリアン・ヴィーガンのカフェやレストランを

見つけることができちゃうのです!

このアプリで見つけた私のお気に入りの東京にあるヴィーガンレストランはこちら!

T’s レストラン

“肉・魚介類・卵・乳製品等の動物性食材を一切使用せず、たっぷりのお野菜と豆乳を用いたお料理”

のため、ベジタリアン・ヴィーガンだけでなく、お肉好きでも、健康・美容を重視している方など、

誰でも美味しくいただけるおすすめのレストランです!

 

下記の画像のように、インスタントの坦々麺を購入することも可能です!

大きな文字で「VEGAN NOODLES」と英語表記されているため、

ベジタリアンやヴィーガンの訪日外国人にも一目瞭然です!

 

例えば、日本のスーパーで販売しているスープは、「トマトスープ」であっても、

よくよく材料を確認してみると「豚・鶏肉を含む」など、

お肉が入っている場合が大半です。

中身が何か一目で分かるパッケージは非常に素晴らしいと思います。

Falafel Brothers

ァラフェルはひよこ豆を使った中東風のコロッケです。かなりボリューミーなので、

ベジタリアンやヴィーガンじゃない方でも満足できるお料理です!

 

このお店では、自分の好きな具材とソースを選べるスタイルのため、

自分好みにすることができます。ぜひ試してみてくださいね!

Vegan Vibes Cover_Flyer

さて、本題に移りますと、ニュージーランドのタウランガにて、年に一度開催される

Vegan Vibes」というヴィーガンフェスティバルに行ってまいりました!

 

メインはフードマーケットになります!バーガーからデザートまで

様々な種類の食べ物を楽しむことができます(^^)

MakoStars LLC/ scaled
大盛況!毎年多くの人が訪れます。
MakoStars LLC/ KFFC vegan
毎年、必ず長蛇の列ができ数時間で完売してしまう、“KFFC”ヴィーガンチキン!
MakoStars LLC/ vegan langos
ランゴスはハンガリーのソウルフード!パン生地を揚げ、その上に具材をのせます。
MakoStars LLC/ scaled
Hello Rosieではレモンカードや塩キャラメルなど珍しいフレーバーも売っています!

他にも、ライブミュージックや健康なライフスタイル・美味しいヴィーガンレシピの

紹介・環境に良いヴィーガン商品などちょっとした講演を聞くこともできます。

 

他にも、無料の陶芸ワークショップ・洋服・コスメ・ハンドメイドのアクセサリーなどを

販売しているお店もあります。

 

入場料は、オンラインで先行チケット購入の場合はNZD$10。

フェスティバル会場での購入はNZD$15になります。(12歳以下の子どもは無料)

ライブミュージック
ローカルの学生バンドがステージにてパフォーマンス!それ以外にもDJで大盛り上がり!

ところで皆さんは、ベジタリアンとヴィーガンの違いをご存知でしょうか。

ベジタリアンは日本語では菜食主義者といい、

鶏・豚・牛肉だけでなく魚も食べません。

 

「ヴィーガン」は完全菜食主義者といい、上記の肉・魚だけでなく、

動物からできているもの・動物を苦しめているものは、一切食べません。

そのため、卵、牛乳やチーズなどの乳製品、蜂蜜は食べません。

また、ファッションにおいてはレザーや毛皮、ウールなどの動物由来のものを一切

使用していないものを選びます。化粧品も同様で、動物実験をされていないかも

重要なポイントとなります。

 

 

それはそうと、ベジタリアンやヴィーガンの食べ物と聞いて、

「美味しいの?」「ちゃんと味するの?」と

不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれません…

 

実際に食べてみるとイメージががらっと変わるはず!

まさに“お肉”はビヨンド・ミート!

本物のお肉にも負けないくらいジューシーで、味もかなり近いのです。

 

ぜひ固定概念に囚われず、ぜひいろんなベジタリアン・ヴィーガンフードを試していただきたいです

Author

  • MakoStars LLC/ 628e8fec209ce919caaae90a0c144f5e?s=80&d=mm&r=g

    NZでワーキングホリデーを経験。NZでのブログをいくつか投稿させていただきましたのでぜひチェックしてみてください!現在はフィジーに滞在中です。 学生時代はアメリカに交換留学1年間、オーストラリアとNZにて短期語学研修をして、海外旅行で19カ国渡航しました。将来海外に暮らしてみたい方、海外に興味のある方、英語をもっと勉強したい方などに読んでいただけたら嬉しいです(^^)

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。