fbpx

ネイティブのような発音できてますか?発音矯正始めましょう!

MakoStars LLC/ Yellow and Pink Beauty and Fashion Blog Banner 1

日本人の英語学習において大きな壁は何か、

単語/文法のマスター・リスニング・流暢にネイティブと対話…

といろいろとあると思います。

 

 

ネイティブのように話せるようになるためには、

発音が一番大事なポイントとなります!

もちろん基本的な単語や文法の知識も必要ですが、

ネイティブと日常的な会話をするにあたって

ものすごく専門的・難しい単語を使う必要は正直ありません。

 

 

私は大学生の時にアメリカに交換留学生として約1年間留学していました。

留学前の私のTOEICの点数は800点以上超えてはいました、

しかしネイティブとスムーズに会話ができるかというと…

7割は分かるけど込み入った話やジョークなどはあまり理解できていませんでした。

周りが笑っている中自分は理解できず、すごくもどかしかったことを覚えています。

 

 

その頃の私の英語力は素晴らしいものではありませんでした…ですが、

ネイティブの人たちからは、「あなたの発音はとても自然ね」「ちゃんと発音の仕方を

知っているね」といつも褒められていました!

私の通っていた英会話教室の先生はとても発音に厳しい方で、

みっちり鍛えて頂けたのでとても感謝です笑

 

 

つまり、発音が良ければ100%英語が理解できているわけでなくても、

英会話レベルがグンと上がるわけです。ネイティブに聞き返されることもなくなりますし、

加えてリスニング力も上がります。(自分が発音できない音は聞き取れないものなので)

 

 

発音はいわば癖です。癖は意識しないと直りません。

英語には日本語には存在しない音が含まれています。正しい発音の仕方を知らないから、

ネイティブのように話すことができないのです。

 

 

始めの頃は一単語一単語、常に意識して発音に気をつけなければいけません。

しかし、繰り返し発音を練習し慣れてくるとだんだん意識しなくても、

自然と綺麗な発音ができるようになっていきます。

 

 

前置きが長くなりましたが、正しい発音ができることの重要性を

伝えることができたかと思います。

それでは、下記にて特に意識して欲しいポイント・発音のコツについて説明していきます!

 

【R】と【L】の発音

R】は舌を丸める/舌を引いて発音。
この時、舌が口蓋(口の中の天井)につかないようにしましょう。犬がうなり声を出すイメージ。


  ■ run, roll, world 

舌の位置を意識して発音練習してみましょう。

L】は舌先に少し力を入れ、口蓋に舌先を押しつけて発音。

※日本語のラ行の発音とは少し違います。ラ行の場合は、舌を口蓋につけますが、前歯の後ろあたりで弾くような発音。

  ■ learn, laugh, lesson

MakoStars LLC/ Rの発音
MakoStars LLC/ Lの発音

【R】と【L】の発音

F】は下唇の前方部分を少し噛み、息を出しながら発音。

■ fun, focus, finish

V】はやや下唇の後方部分を噛みながら発音。Fの発音をするときも噛み具合は少し強めに。

携帯のバイブやハチをイメージしながら「ヴー」と発音しましょう。

  ■ venus, virtual, voice

【TH】の発音

舌を上の歯の下部分につけ息を出しながら発音。

 
 ■ thank you, thought, through
 
MakoStars LLC/ THの発音

【W】の発音

日本語の「ウ」を発音する時の口の形にしてから、少し唇を緩めましょう。

「ゥワ」というイメージ。

 ■ woman, wood, work

【ae】の発音

日本語の「ア」を発音する時の口の形にしてから、「エ」を発音。

「ア」と「エ」の中間の音を出すようにしましょう。
 少し喉をキュッと締めるイメージをすると発音しやすいです。
 
■ apple, I can’t, gas

いかがでしょうか。日本語には無い音だとしても、

ポイントさえおさえれば意外と簡単にマスターできます☺︎

 

自分の好きな洋楽の歌詞を一語ずつ発音できるようにしたり、

好きな洋画や海外ドラマを字幕付きで観てセリフを読み上げてみたり…楽しんで学んでいきましょう!

またTongue twisters(早口言葉)を言えるようにするのも発音を上達させる良い方法です。

(名前通り舌が絡まりそう…)

 

例えば…

  • Red lorry, yellow lorry  3回リピート

  • How much wood would a woodchuck chuck if a woodchuck could chuck wood? 

  • Three thin thieves thought a thousand thoughts. If three thin thieves thought a thousand thoughts how many thoughts did each thief think?



以上のことを意識して試してみてくださいね、それではまた!

 

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

リスニング

留学前にリスニングを勉強すべき理由と3つの勉強方法!留学を成功させよう!

  「留学を成功させたい。」 せっかく留学をするなら、授業も人間関係も実のある留学生活を過ごしたいですよね。 そのために英語の勉強に励む方も多いでしょう。 ところで、どの勉強を優先すべきかご存知でしょうか。 実は留学前に英語勉強するなら「リスニング」が1番大切なんです。 ・なぜ留学前にリスニングの勉強をすべきなのか?・効果的な勉強方法はどんなものか? これらを、10年以上英語の勉強を続けている筆者の留学経験とともにお伝えします。 有意義な留学生活を送りたい方は、ぜひご一読くださいませ。   なぜ留学前にリスニングを勉強すべき?   留学前に1番勉強すべきことは「リスニング」です。 なぜなら留学初日から困ることが多くなるから。 例えば、 ・初日の説明会で学校生活に関する大切な話が理解できない。 ・授業中、何が起きているか分からない。 ・「どうせ聞き取れないから話すのが億劫」という状況になる。 ・銀行口座開設など諸手続きに苦戦する。など。 留学では授業を受けることになりますが、リスニングができないと授業を理解するのが難しくなります。 教科書のどこを話しているのか分からない、クラスメートと話し合う時間も相手の言っていることが分からない、宿題があるのかも分からない。 周りはどんどん進んでいくのに、自分だけ取り残されたかのような感覚です。 せっかく時間とお金を使って留学に来たのに、授業や人間関係にうまく馴染めずタイムロスが起きてしまいます。 この悪循環が続くと、授業に参加するのが嫌になり留学生活自体が楽しくなくなる原因になりかねません。 ではどうやってリスニングを勉強すればいいのでしょうか。