fbpx

ニュージーランドの日本食事情

皆さんは海外に行った時、どんなことをしてみたいとお考えでしょうか。

旅の醍醐味の一つといえば、現地の「食」に挑戦してみることかと思います。

 

しかしながら、学生やワーホリ・仕事など海外に長期間いたり、

見知らぬ土地で自分に合った食事を見つけられないなどで、

日本食が恋しくなることがあるかと思います。

 

「日本の食べ物やお菓子って現地で簡単に手に入るの?」と

気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

下記では、私がニュージーランドで見つけた日本食レストランや、

全国展開しているスーパーでどんな日本食を手に入れることができるのかなどを

ご紹介していきたいと思います!

📍オークランド

居酒屋:太鼓

MakoStars LLC/
まるで日本にいるかのような本場の居酒屋の雰囲気を味わえます!
梅酒

私は大の梅酒好きなので、ニュージーランドに来てしばらく経つと、

梅酒がどうしても飲みたい!と思う時が度々ありました。

 

このお店にはチョーヤの梅酒があるのです!

近頃は梅酒も海外で少しずつ名が知られてきていますが、

あるオークランドのバーで私が梅酒をオーダーしたとき、梅シロップの味しかしなくて

ガッカリしたのを覚えています…

 

太鼓のように日本のちゃんとした梅酒を飲める場所は貴重だと思います!

レストラン:Janken

ニュージーランドや他の海外の国でもですが、日本食レストランは「fancy」、

つまり「高級な」イメージがあるのです!なのでちゃんとしたレストランに行くと、

お値段が少し高めになってしまうところも多いです。

 

このJankenレストランもやや値段は高めですが、ラーメンやお刺身・焼肉・お寿司など

いろんなメニューも揃っています。

 

日本食となると魚や肉料理が多いですが、このレストランではベジタリアン・ヴィーガンメニューも豊富なので、ローカルの人たちにとても人気です!

テイクアウト:Poke House

MakoStars LLC/ salmon and tuna poke

Pokeとは、一口サイズにスライスされたサーモンやマグロと野菜などを

お米にのせたハワイ料理になります。このPoke Houseというお店と、

もう一軒市内にあるPoke Poke K Roadというお店はどちらとも日本料理とコラボしており

様々な日本食材をトッピングすることができます!

 

お店はテイクアウトもでき(Subwayのような感じ)、

ベースのお米とサラダの分量を決め、

その後に魚、野菜とトッピングを選ぶ形となります。

 

写真のように、私はサーモンとマグロ、枝豆・漬物・揚げレンコン・海藻サラダを

選びました!私はベースはお米のみにしたので、かなりボリューミーでした。

テイクアウトして公園などでお昼に食べるのもいいかもしれません☺︎

スーパー:Japan Mart City Central

日本食品、お菓子、日本ブランドの化粧品やシャンプーなど品揃えが豊富で、

ここに行けば大抵のものは揃います!

 

Japan Martはオークランドとクライストチャーチにしかありませんが、

どの地域でもAsia Martという、日本食だけでなく、アジア全般の食材を売っている

お店も見つけることができます。

MakoStars LLC/ sushi with chopsticks

📍タウランガ

ラーメン屋:Ramen CHIDORI

チェーン店ではないので、どこか日本の隠れたラーメン店のように

落ち着いた雰囲気があります。ちなみにベジタリアンでも食べられるラーメンもあります。

 

海外だとラーメンの一つでも結構値段が高いことが多いですが、

このお店の例えば醤油ラーメンはNZD$11.50(日本円で約850円)なので、

お手頃価格で楽しめるのでおすすめです!

📍NZ全国展開しているスーパーマーケット

Countdown

全国どこにでもあるスーパーマーケットです。

インターナショナルセクションがあり、日本食だけでなく、韓国やインド・イギリスなど

様々な国の食べ物が売られています。

日本食コーナーは少しではありますが、醤油やキューピーマヨネーズなどの調味料、お菓子(大抵売られているのはポッキーなどです)、緑茶ティーバッグなどが並べられています。

ニュージーランドでも意外と日本食材を購入できる場所、日本食を楽しめるレストランが

たくさんあることがこの記事で伝えられたのではないかと思います!

 

海外にいても日本の食を味わえることで、

ホームシックになることも少なくなるのではないでしょうか(^^)

Author

  • MakoStars LLC/ 628e8fec209ce919caaae90a0c144f5e?s=80&d=mm&r=g

    NZでワーキングホリデーを経験。NZでのブログをいくつか投稿させていただきましたのでぜひチェックしてみてください!現在はフィジーに滞在中です。 学生時代はアメリカに交換留学1年間、オーストラリアとNZにて短期語学研修をして、海外旅行で19カ国渡航しました。将来海外に暮らしてみたい方、海外に興味のある方、英語をもっと勉強したい方などに読んでいただけたら嬉しいです(^^)

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。