The Communicative Approach (CLT) – How to Improve the ESL Classroom

Learning to communicate in a foreign language is hard. Teaching a foreign language hard as well. The Communicate Approach (CLT) can be useful if you’re teaching any language, you probably have one goal in mind: for your students to be able to communicate in that language. Logically, then, students should be actively communicating in class in order to achieve that goal. You wouldn’t win a sports game if you didn’t practice, right?

Unfortunately, our classroom practices do not always align with our intended outcomes. In many conventional classrooms, educators still use this traditional structure: teachers lead the class, while students are quiet listeners.

This is especially true in some eastern Asian countries where teachers are highly respected. It would be unheard of for students to talk freely or openly over the teacher. (Trust me, encouraging students to speak freely was a big obstacle in my classes in South Korea). Instead, class time is used for teachers to deposit as much information as possible. The students’ role is to receive this information, memorize, and later reproduce it on a test.

Sounds boring, right? And, as you may have experienced, students who are bored will not care about English enough to improve.  

In order to solve this dilemma, teachers should reevaluate their classroom practices and use class time more effectively. Most ESL classes only meet for a few hours a week. ESL teachers need to use that precious time to have their students actually practicing English.

If the goal is smoother speaking, the method should be, simply, a lot of speaking. After all, life is not a grammar test, so why waste time memorizing rules?

ESL classroom - communicate approach, CLT

The Communicative Approach

So, how can you include more speaking time while sticking to your curriculum goals? Luckily, there’s a pedagogical approach that does just that. The communicative approach, also known as communicative language teaching or CLT, emerged in the 1960’s in Europe as language teaching became more popular.

People were frustrated with boring old language classes. Also, at that time, travel was becoming more accessible. Students wanted to learn language they’d actually use abroad. Instead of teaching a boring lesson about verb tenses, wouldn’t it make sense to conduct role plays about finding the bathroom in another country?

Enter: the communicative method.

CLT focuses on authentic language production and a flipped classroom, where students direct the learning and even speak more than the teacher. The goal is not for students to have PERFECT English, but to be understood in English.  And, in today’s globalized world where English is more important than ever, this should be the goal of every ESL teacher.

Here are some key features of the communicative approach:

  • The main goal is to communicate in the target language.
  • Links classroom learning with language students will use in the real world.
  • Language is presented in context. Use situations to introduce new vocabulary.
  • Students can personalize the language, making it more interesting.
  • Uses a flipped classroom to increase student talking time.
  • Teachers act as guides rather than facilitators.
  • Less emphasis on error correction. Students will self-correct naturally over time.
  • Evaluation is based heavily on fluency instead of accuracy.
  • Building students’ confidence is key. Teachers should act as motivators in order to do so.
  • Translation to the native language is acceptable as needed.
  • Pair work, pair work pair, pair work!

Basically, a communicative classroom is loud, it’s full of energy, and it’s fun. Students may be shy at first, especially if they’re used to worrying about grammatical output. However, once their affective filter is lowered, they will to speak more and improve their communication skills in no time.

ESL student, classroom, CLT

The CLT Classroom

This method almost sounds too good to be true, right? It’s easier to incorporate in the classroom than you think. You are probably already doing some CLT based activities. The key is to do them all the time.  

What does a CLT based classroom look like in practice? Well, it depends on the students’ ages, interests, and English level. Activities should have clear instructions and examples. Depending on the students’ levels, you can always scaffold lessons by putting sentence structures as guides on the board or even translating into their native language.

Here are some activities to get you started.

Early Learners

What’s one thing kids love? Games! The communicative approach is a great way to integrate games into your kindergarten and early learner classrooms. Because children need a bit more direction, make sure to demonstrate clearly. Flashcard games  are a great option. The teacher can model the language and students can copy while talking about the pictures.

Here are more ideas:

  • Find the picture. The teacher hides flashcards in the classroom, and students will find them while identifying the picture: It’s a ___________.
  • Have the students teach! Kids love to be given important roles. Let the students lead simple tasks, such as asking about feelings or the calendar.
  • Role plays. Act as animals, pilots, bus drivers. Kids will love it!
  • Show and tell. Encourage the audience to ask questions.
  • Mystery box. Put a toy into a box and have students ask identifying questions until they can guess the object correctly.
  • Ball toss. Write a few questions on a ball. Students toss or roll the ball and answer the questions.

Primary and Secondary School

As kids get a little bit older, they’ll be able to do activities with less teacher guidance. Students will love to participate in relaxed, fun activities. Here are some ideas:

  • Flashcard games
  • Hot seat. You can do this with any subject. One student sits in the hot seat with his or her back to the board. Put an image on the board. The class has to give hints without naming the image until the student guesses correctly.  
  • Role play. Have pairs of students create and perform role plays.
  • Human bingo. Students have to fill in a bingo card by asking their classmates questions.
  • Scavenger hunts
CLT, flipped classroom

Higher Education and Adults

In addition to the previous activities, here are some CLT based lessons for adults.

  • Speed dating. This is a VERY effective method to have students practice speaking English. What’s more interesting to a 20 year old than another 20 year old? This activity can last the entire class without getting boring. As students have more conversations, their confidence will increase.
  • Would you rather? Prepare a PowerPoint of ridiculous questions that the students discuss in pairs. For example, would you rather eat only spicy food or only sour food for the rest of your life?
  • Information gaps. In pair or small groups, each student will have a set of information that the other doesn’t know. They must ask questions to obtain the information.
  • Information gathering. (Surveys, interviews)
  • Role play. For example, pairs of students plan a dream vacation and present it to the class.

Whichever CLT task you decide to use, make sure you pre-teach the language necessary beforehand. And most importantly- have fun!

Share:

Facebook
Twitter
Pinterest
LinkedIn
Email
Print
On Key

Related Posts

リーディング

【リーディングに便利!】英語で日本のニュースを発信しているWEBサイト4選+おまけ2選!

リーディング 英語学習者の中にはリスニングは得意でもリーディングが苦手という人も少なくないと思います。例えばこれはTOEIC試験の平均スコアにも表れており、ほぼ毎回の試験でリーディングパートの平均点はリスニングパートより低くなっています。 英語のリーディング力を上げるには、まず様々な文章を読んで「長文アレルギー」を無くし、心理的に「慣れる」ことも重要なポイントの一つになります。しかし闇雲に海外のニュースサイトなどを読んでも、その内容そのものがピンと来ないということはあり、なかなか継続しづらいという側面があると思います。 そこで今回は英語の中級者向けに、日本のニュースを英語で読むことが出来る無料の」WEBサイトをいくつか紹介します。英語で書かれていますが、内容は日本の出来事ですので馴染みがあり、英語中級者にとっては取り組みやすい最適な学習教材になりますのでぜひチェックしてみて下さい。 1. JAPAN TODAY JAPAN TODAYは海外に住む日本人にも人気の英字メディアです。報道機関ですので真面目なニュースを取り扱っていますが、政治・経済・社会・文化・スポーツ・エンターテイメントなど幅広いジャンルがあり、興味のある分野を探しやすいのが特徴です。 JAPAN TODAY 2. The Japan News The Japan Newsは読売新聞が運営するWEB英字新聞です。こちらも様々なジャンルを取り扱っており、ニュースの質が高いのが特徴です。日本語訳が必要であればGoogle翻訳ではありますが、ワンクリックで翻訳出来るようになっており、簡単に補足確認をすることが出来ます。 The Japan News 3. The Asahi Shimbun The Asahi Shimbunは朝日新聞の電子版「朝日新聞デジタル」の英語バージョンです。英文の質は高いままに、比較的読みやすいレベルになっていますのでおすすめです。最新ニュースも早く反映されますので、旬な日本のニュースを英語で読むことが出来ます。 The Asahi Shimbun 4. NHK WORLD-JAPAN NHK WORLD-JAPANは海外における日本のニュース番組としてお馴染みのNHK WORLDのWEBバージョンです。幅広いニュースを取り扱っており、記事だけでなく動画も多く掲載されているのが特徴です。さらにそれぞれの記事には、その内容に合わせて「#Tokyo」や「#Weather」などのハッシュタグが付いており、関連ニュースも探しやすくておすすめです。 NHK WORLD-JAPAN おまけ2選 1. JAPAN INSIDE JAPAN INSIDEは日本のちょっと変わったニュースを知りたい外国人向けのWEBサイトです。これまで紹介した真面目なニュースではなく、「日本で最も美しい図書館と本屋さん10選」のようなカジュアルな内容がメインになっているのが特徴です。外国人向けの記事ですが、私たち日本人が読んでも興味深い記事が多く、飽きずに英文を読み進めていくことが出来ます。真面目なニュースを読むのに疲れた時はこのWEBサイトがおすすめです。 JAPAN INSIDE 2. Time Out Tokyo 世界315都市58カ国、13言語で展開する世界でもユニークなグローバルメディアブランド「Time Out」の東京バージョンです。Time Out独自の目線で、日本の優れた ヒト・モノ・コト・コンテンツ・サービスを取り上げているのが特徴です。

英語脳

【英語脳とは?】トレーニングで英語脳を作る効果的な5つの方法

英語を学ぶ過程で理想的なのは「英語脳」を習得することです。実は英語脳は適切な学習方法をしていればそのプロセスで自然と身に付きます。しかし残念ながら「適切な学習方法」は学校では教えてくれず、多くの英語学習者が「適切とは言えない学習法」を行っています。 せっかく英語を勉強しているのに、そのやり方一つで「英語脳」が習得出来ないのは勿体ないと感じます。そこで今回は英語脳について解説しながら、それを習得するトレーニング方法についてもお伝えしたいと思います。英語脳を習得することが出来ると英語力は飛躍的に向上しますのでぜひ最後までお読み下さい。 英語脳とは 英語脳とは簡単に言うと「英語を英語のまま理解する」ことです。つまり英語を見聞きした時に「日本語を介さずに英語でそのまま理解する」ということです。 英語脳のメリットは上記のように日本語で考えることがない為、脳内でのプロセスが簡略化されることです。脳への余計な負担も減ることもメリットの一つですが、これは最終的に英語でのスピーディなコミュニケーションを可能にすることにつながり、より自然に、そしてスムーズに英語を理解する助けとなります。 英語を英語のまま理解とは? では「英語を英語のまま理解する」というのは具体的にどのようなことなのかを説明していきます。まずは下の例文を使って確認していきましょう。 My daughter wants to be a doctor when she grows up. ▶ 語順 この例文を日本語に訳すと「私の娘は大人になったら医者になりたい(そうです)。」という意味になります。日本語では「私の娘⇒大人になったら⇒医者に⇒なりたい」という語順になります。 しかし英語脳ではそのような日本語順番では考えず、英語の例文に書かれたままの語順で捉えて理解します。今回の場合は以下のようになります。  My daughter wants to be a doctor when she grows up.私の娘 ・なりたい・医者に・(いつ?)・彼女が大人になったら 日本語の「私の娘⇒大人になったら⇒医者に⇒なりたい」とは大きく異なることが分かると思います。英語脳を習得する為には、まず英語をその語順のまま理解する必要があります。 ▶ 意味 次に意味の理解に関してですが、英語脳では全ての英単語を日本語には訳しません。  My daughter wants to be a doctor when she grows up. つまり「 My daughter」は「 My daughter」であり、「doctor」は「doctor」です。英語脳を養うトレーニングをして「私の娘」や「医者」のように日本語に変換しなくても自動的に意味が頭に浮かぶようにします。 例文の「when」も同じです。これを「~の時に」と訳さずに、この文脈で「when」がきた瞬間に接続詞的な意味で使われていることを理解出来るようにします。ちなみに「接続詞」だと頭に浮かべることも不要で「when」はあくまで「when」という感覚として捉えます。

洋楽から英語

【必見】洋楽から英語をユルく学ぶ方法!伸びるのはリスニングだけじゃない!?

英語の勉強法はたくさんありますが、正しい勉強法を行うことが最も重要です。ただ正しいだけで良いかというと少し疑問が残ります。なぜなら英語は「楽しく学ぶ」ことも重要だからです。 何をもって「楽しいか」というのは人それぞれですが、今回の記事では「洋楽」から英語を学ぶという提案をしたいと思います。メインの勉強法にはなりませんが、洋楽が好きな人にとってはより楽しく英語を学べ、洋楽を聴かない人には英語の新たな楽しさを発見出来ると思いますのでぜひ最後までお読み下さい。 洋楽から英語を学ぶメリット 英語力を高めるために洋楽を聴くと言うと、最初に思い浮かべるその効果は「リスニング力の向上」かと思います。これは正解ですが全てではありません。その他にも以下のような様々なメリットがあります。 楽しく、そしてユルく勉強できる 趣味が広がる 発音が良くなる 独特の表現やリズムがつかめる ボキャブラリーが増える 英語脳が鍛えられる ではここからは上記のメリットを最大限に活かすための「洋楽を使った勉強」の理想的なやり方などについて解説していきます。 洋楽の選曲について もし普段から洋楽を聴いている人はお気に入りの曲を1曲選び、普段洋楽を聴かない人は「洋楽おすすめ名曲BEST100」などから、好みのメロディの1曲を選びましょう。 音楽のジャンルなどにはこだわらず、とにかく自分の気にいった曲を選ぶことが選曲のポイントになります。 歌詞を読む 気に入った曲を1曲選んで数回聴いてみた後は歌詞を確認します。洋楽の人気曲の歌詞は「曲名 lyrics」とネットで検索すれば出てきます。この時に「曲名 歌詞」や「曲名 和訳」で検索し、先に誰かが日本語に翻訳したものを見ないようしましょう。 歌詞を読んで自分なりに意味を考えながら意味を理解するように努めます。ちなみに歌の歌詞ですので、「直訳」は難しく「意訳」になります。人それぞれ歌詞の捉え方によって表現が異なってきますので、自分なりに歌詞の意味を理解するようにしましょう。 ポイント① 独特の表現を楽しむ 普段英語の参考書やニュース、また記事などを中心に英文を読んでいる人にとっては「歌詞を読む」というのは新鮮だと思います。言い回しが独特のものもありますし、聴きなれない砕けた表現も多いです。それらを一つ一つ確認しながら楽しみましょう。 ポイント② ボキャブラリーを増やす ボキャブラリーを増やすことは大切です。従って歌詞に出てくる分からない英単語などは都度調べるようにしましょう。 ▶チェック 意味を調べる時は、「英語脳に関する記事」にもあるように、なるべく英英辞典を使うことがおすすめです。 × Dismiss alert 【英語脳とは?】トレーニングで英語脳を作る効果的な5つの方法 ポイント③ 歌詞に使われる文法について 英語の歌詞を見ているとこれまで学んできた文法のルールと異なる歌詞に出会うことがあります。例えばジャスティンビーバーの人気曲「Love Yourself」の歌詞にはこんな一節があります。 My mama don’t like you and she likes everyone. https://www.youtube.com/watch?v=TMSIR210mRg mamaが主語ですので三人称単数のルールで考えると「don’t」ではなく「doesn’t」が正しいはずです。しかしあくまで曲の歌詞ですので、語呂やリズムは大切です。 従って文法に固執せず、固く考えないようにしましょう。ちなみにこの表現の仕方は一部のアフリカ系アメリカ人が実際に使う独特の英語になります。こういったこともあるんだという感覚で、様々な歌詞の表現を楽しむことも大事です。 実際に歌ってみる 歌詞を読んで意味を自分なりに考えた後は実際に歌ってみます。曲を聴きながら、聴こえたままに声に出すというのがポイントになりますが、最初はモゴモゴしてしまうと思います。ただ繰り返し練習することでだんだん上手になってきます。 また上手く歌えない部分は、発音やリンキング(2つ以上の単語を発声する際に出る英語の5つの音声変化のこと)を確認する必要がありますので、それら一つ一つクリアしていき、より上手に歌えるようにしましょう。 何度も練習して1曲丸々歌えるようになると、自然と歌詞の中のフレーズなどを覚えることができ、実際のコミュニケーションで役立つこともあります。 お気に入りの歌手を見つけられたらチャンス お気に入りの曲が増え、お気に入りの歌手を見つけられたらそれはその歌手のファンになったも同然です。その時は曲を聴くだけでなく、その人が出ているインタビュー動画などを動画サイトで探して見てみるのもおすすめです。 例えばVogueという雑誌の公式Youtubeでは有名人がたくさん出演しており、その中には世界的に有名な歌手も多く、内容そのものも面白いですのでファンには嬉しい動画になります。

シミュレーション英会話

おすすめ英語学習サイト:シミュレーション英会話

英語学習の教材や勉強法があふれる中、せっかくやる気はあるのに手の付け方に戸惑ってしまう、ということも多いのではないでしょうか。 そこで本ブログでは、手軽に始められる「英語サイト」を実際に使ってみたレビューをご紹介します!   今回ご紹介するのは、「シミュレーション英会話」です!   ■概要 ■「シミュレーション英会話」とは ■使い方 ■おわりに   ■「シミュレーション英会話」とは   わかりやすい、アニメ動画で様々なシチュエーションの動画で英語の学習ができるサイトです。 こちらはアプリではなく、アクセスして利用するサイトです。 用意されているシチュエーションはとても豊富です! シチュエーション一例 自己紹介 自宅の紹介 出社 愛車に関して ダイエット 趣味や余暇 初登校 業務指示 などなど!!   <利用価格:無料>   ■使い方 学習したい内容をクリックすると、勉強していけます! 今回は、「余暇、趣味」を選んでみます!   Home画面から選んでクリックすると お手本となるYoutube動画が出てきます! 動画はしっかりと作られており(若干不自然なところもありますが・・・)、3分半ほどあります!   アニメになっているので、どのようなシチュエーションかもわかりやすくなっています! Youtubeの下にはスクリプトがあります。     まずは、Youtubeの動画を見てリスニングがしっかりできるかを確認しましょう! そして、分からない表現があれば、ダイアログをみて調べるのがおすすめです。 内容が一通りわかったら、Youtubeを見ながらシャドーイングをするのがいいでしょう!   ロールプレイ トピックによっては「ロールプレイ」と言うのが用意されています。 Youtube動画を見てましょう! 2人で行われる会話が展開されています! そして、その下のスクリプトはこんな感じです ロールプレイではAとBの発話をそれぞれ聞くことができます! 知らない表現や苦手な単語を集中してきき、練習しましょう!   ■おわりに アニメーションを見ながら、リスニング、そしてシャドーイングをすることができるサイトです。 無料で利用できるにもかかわらずトピックも豊富です!