fbpx

YouTubeで英語学習をするメリットとは? – 学習方法も合わせて解説

 

YouTubeで英語学習

近年、英語学習の定番ツールとなっているYouTube。使用を検討されている方も多いでしょう。ですが、それと同時に「どういうメリットがあるの?」「どうやって学習すればいいの?」とお悩みではありませんか?そこでこの記事では、YouTubeで英語学習するメリットと具体的な学習方法について解説していきます。

YouTubeで英語を学習するメリット

MakoStars LLC/ dZeAOpIQJkOn2GeQNuCb8GM MPdAYjI6mInC1d1lr0OkCArDhPHtWrMY2 YNhSBRKAa5G0jeYWTsU5JswTKrRfE VaGQNgm52F792sTHvwg6NZvUP8O6fNSbFMPtANd kZuO7bhp

以下の3つがあります。

・様々な国の訛りに慣れる

・幅広い語彙を知れる

・語彙と使用場面をセットで学習できる

ではそれぞれ解説していきます。

様々な国の訛りに慣れる

YouTubeには英語圏を含め、様々な国の人が英語で動画をアップロードしています。

スペイン、韓国、インド、マレーシアなどなど。このおかげで、アメリカ英語やイギリス英語のみならず、様々なアクセントの英語に触れ、慣れることができるのです。

「そんなの役立つの?」と疑問を持たれるかもしれませんが、実際の交流の場面ではノンネイティブの人も多いので、実践ではかなり重宝します。

幅広い語彙を知れる

皆さんもご存じかと思いますが、YouTubeには様々な種類の動画がアップされていますよね。

・日常のVlog

・科学的な解説

・政治的なニュース

など、ジャンルは多岐にわたります。そのため、日常で使う語彙から科学的、政治的な専門用語まで、幅広い語彙を知ることが可能です。

語彙と使用場面をセットで学習できる

YouTubeは英語の音声と合わせて、動画も視聴することになります。

そのため、どの場面でどのように英語が使われているかが分かり、語彙と実際の使用場面をセットで学習可能です。

単語帳や洋書での英語学習では、実際の使用方法は少し理解しづらいので、その点YouTubeは素晴らしいです。

YouTubeでの英語学習方法

MakoStars LLC/ ND3REgmNGbzIa64CbbKIuRy9KsJ7lGLjmENGsoxGYNzVPNH wQEqzH1L15dihNRyg oLAZvAXKdnRkU M2T0oIMSzSn0zM1vnV

YouTubeは主にリスニング力を伸ばすのに効果的です。そのために以下をしてみましょう。

・見たい動画を選ぶ

・字幕なしで見る

・聞き取れない箇所が出たら繰り返し見る

・字幕ありで見て確認

・聞き取れなかった原因を調べる

見たい動画を選ぶ

まずは見たい動画を選びましょう。基本的にはどれでもいいですが、目的の分野に合せてみるといいです。少し例を出してみますね。

・科学的な専門用語を知りたい→科学的な解説動画 (例:MEW Frontier 1600 iizunashoten_English 

・日常会話に慣れたい→日常のVlog

この様に、目的に選ぶと効率よく学習できます。

字幕なしで見る

次は字幕なしで動画を見ます。初めから字幕に頼っていては英語力が成長しにくいので、大変ですが頑張りましょう。

聞き取れない箇所が出たら繰り返し見る

次に、聞き取れない箇所が出たら繰り返し見て下さい。これをすることで英語の音に慣れていきます。

字幕ありで見て確認

次に、聞き取れなかった個所を字幕ありで確認します。答え合わせをしてみて下さい。

聞き取れなかった原因を調べる

最後に聞き取れなかった原因を調べて完了です。

原因が分かれば次からは同じミスはしないので、リスニング力アップに繋がります。語彙なのかリエゾンなのか、自分で考えてみましょう。

なお、語彙の場合はノートにメモをしておくと復習しやすいので、余裕があればメモしておくといいですよ。

まとめ:YouTubeは英語学習に便利なツール!ぜひ活用を!

以上が今回の内容でした。YouTubeは英語学習にはとても便利なツールです。

・様々な国の訛りに慣れれる

・幅広い語彙を知れる

・語彙と使用場面をセットで学習できる

というメリットがあり、リスニング力の強化に役立ちます。ぜひ上記の学習方法を参考にして、YouTubeを活用してみて下さい。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。