fbpx

「恥ずかしい」から自信を持って英語を話せるようになるには?

恥ずかしい」から自信を持って英語を話せるようになるには? なぜなら「間違えたらどうしよう…」や「発音が上手くできない…」さらには「周りから出来ないと思われたくない…」など恥ずかしいという気持ちから言葉にすることが難しいからです。

多くの日本人は英語を話すことに対して消極的です。

 なぜなら「間違えたらどうしよう…」や「発音が上手くできない…」さらには「周りから出来ないと思われたくない…」など恥ずかしいという気持ちから言葉にすることが難しいからです。

これは、失敗せずに完璧でありたい!と思う日本人に多い完璧主義という良い気質から来ています。  

ですが、英語を話すにあたってはこの完璧主義思考を持っていると上達が難しいです。 そこで今回は、そんな「恥ずかしい」という気持ちから自信を持って英語を話せるようになるために必要なことを解説していきます。

世界で英語を話す人口の割合

MakoStars_Social_People

現在世界の人口は約78億人と言われています。

それに対して英語を話す人口は約17億人程となっています。

そしてその中で英語を母国語とする人は約3.8億人という統計が出ています。

このことから分かるように、英語を母国語とするネイティブスピーカーは英語を話す人口の約2割程ということになります。

そのため、世界の多くの英語を話す人達は英語が第一言語ではないということです。

みんな同じように苦労して英語を学んでいるということが分かれば英語を扱うハードルも少し下がります。

日本人にとって英語は母国語ではなく第二言語となるため、間違えたり発音が上手く出来なかったり国の訛りが出てしまうのは当たり前のことです。

南米やヨーロッパ諸国の英語を母国語としない人達は英語を話す際に各国のアクセントや文法のミスなどありますが、間違えても話し続けます。
 そして何より大事なのは、伝えようという気持ちが感じられることです。

間違えても自信を失くさずに、日本人にとっては英語が母国語ではないということを改めて受入れて再度英語と向き合うことが大切です。

英語を話す機会を増やす

MakoStars Blog

英語を話せるようになりたいならまずは発話する機会を増やすことです。
自分が発話をして相手の話を聞くことで英語を話すことの練習にもなり、聞く力を養うことも可能です。
英語のネイティブスピーカーと話す機会を作ることが一番効果的ですが、それが難しい方でも普段の生活の中でも意識することができます。
机に座ってテキストや単語帳を使って勉強をしたり、映画やドラマなどを含む動画を見て学んだりすることがあると思います。
その中でも自分の声でしっかりと発音して音読をしたり、見ているだけではなく映画やドラマのフレーズを真似をして言ってみるなど少しずつ英語を話すという意識をしていくと、より英語を話すことに対して慣れていきます。
普段から英語を話すことを意識していれば、習慣化され恥ずかしさも薄れていきます。
どのようにして英語を話すようにしたら良いか迷うという方や発音が難しいと感じる方は発音記号やフォニックスを練習して、少しずつ英語に対して自信をつけていくのも一つの手段です。
これらの発話方法のように、英語のネイティブスピーカーの英語を聞いて後から自分で繰り返すように発話をします。
そしてその自分の声を録音して、あとで聞いてみるという方法も発音の聞き比べができるため一人でも行うことができ英語を話す機会を増やすことができます。

まとめ

初めから完璧な人はいないので、「失敗してもいい」寧ろその失敗こそが次のステップへ進む大きなカギとなることが分かれば、自信を持って積極的に英語を話せるようになるはずです。

挑戦をしなければ失敗もすることはないので、失敗は挑戦をしている証拠です。

失敗を恐れずに、恥ずかしさに打ち勝って英語力を伸ばしていきましょう!

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。