fbpx

英語の習得には何時間必要?日本人が英語を話せるようになるまで

日本人が英語を習得するのに必要な時間

MakoStars LLC/ MakoStasr learn english chalkboard

アメリカの外交官養成局FSI(Foreign Service Institute)のデータでは英語を母国語としている人が日本語を習得するのに必要な時間は約2200時間と定めています。

このデータを参考にそのまま、日本人が英語を習得するまでに必要な時間として当てはめると約2200時間ということになります。

ですが、英語を母国語としている人が日本語を習得するのに必要な時間数と、日本人が英語を習得するまでに必要な時間数には差異があると考えられます。

そして、ただ2200時間と言葉で表しても想像がしにくいため、日本の教育制度を基に「日本人が英語を習得するのに必要な時間」について解説をしていきます。

( 参照:https://www.state.gov/foreign-language-training/

日本の英語教育制度から考える必要な時間数

MakoStars LLC/ MakoStars intercultural communication

日本人は、中学校に入学をして高校を卒業するまでの期間に平均で約1000時間の英語学習をしています。

最近では小学校3年生から4年生にかけての2年間で英語に慣れ親しむため、外国語活動が始まりました。

この外国語活動とは、主に「聞く」そして「話す」を中心とした内容となっています。

授業ではアルファベットを使ったクイズやイラストを使ったゲームなどで、子供たちが楽しみながら興味を持って英語を学んでいける環境を作ります。

遊びを通して発音のリズムや英語の言葉の面白さを学び、慣れ親しんで今後の英語学習へのモチベーションを上げていく準備をします。

そんな外国語活動は、1回の授業で45分間です。

週に1回の年間35回となっているため、小学校3年生から4年生が終わるまでの2年間では約52時間学習をしたことになります。

そして小学校5年生から英語が本格的な教科の科目になりました。

つまり、成績に反映される歴とした科目に英語が追加されたということです。

この英語科目の授業では、小学校3年生から4年生にかけて学んだ「聞く」「話す」から移行して「読む」そして「書く」ということを中心に学習をしていきます。

文字や単語などに触れて、簡単な語彙を身に付けたりします。

慣れてくると、授業で覚えた内容を発表するという機会もあります。

さらに小学校5年生からの英語科目は週に2回となっています。

1回の授業で45分間あるため、年間で70回の授業を受けることになります。

そのため、小学校5年生から6年生が終わるまでの2年間では約105時間学習をしたことになります。

この結果から、小学校を卒業するまでには約160時間の英語学習を終えています。

( 参照:https://miranobi.asahi.com/article/3501

小学校から高校を卒業するまでの期間の英語学習の時間を合わせると、約1160時間です。

この合わせた時間を、日本人が英語を習得するのに必要な2200時間から引くと残りは1040時間になります。

毎日1時間勉強をしたとしても2200時間まで到達をするのには3年近くかかります。

仮に、小学校1年生から高校を卒業するまでの12年間で週1回の英会話スクールに通っていた場合でも2200時間までは500時間程の自己学習が必要になります。

この数字から分かることは英語を習得するには自己学習の時間がとても重要ということです。

日本の小学校から高校を卒業するまでの約1160時間の英語の授業では、それぞれ「読む」「書く」「聞く」「話す」の技能を学びますが、その中でも重要な「話す」という機会が海外の学校に比べて少なく思います。

受験やテストで良い結果を出すことが出来ても、実際に留学に行くとあまり話せなかったりすることはよくあると思います。

そういった点からも、自分の苦手な箇所や足りない部分を補う自己学習が必要です。

日本の教育制度から見ていくと「日本人が英語を習得するのに必要な時間」は2200時間以上が妥当と考えられます。

学習の理解速度は人によって異なるため2200時間程でも取得をしている方もいるかと思いますが、平均的には2200時間以上かけている人が大半です。

英語習得に必要な自己学習と継続

英語学習で大事なことは、諦めずに継続をすることです。

2200時間という数字を目の当たりにして道のりが長いと感じることもあるかもしれませんが、少しずつ吸収していくことによって言葉が自分のものとなっていきます。

通勤や通学などの移動時間を利用すれば、まとめて時間が取れなくても学習の時間に当てることができます。

また、寝る前の10分間なども効果的です。

比較的に短い時間の中で学習をすることで集中することができ、続きやすいです。

そして、毎日の生活の中で少しずつ取り組むことで習慣化にも繋がります。

習慣化をすることによってモチベーションが保ちやすく、継続をしていくことが容易になります。

隙間時間を駆使しながら、焦らずに一歩ずつ目標に近づけていくことがとても大事です。

まずは2200時間という学習時間を最低基準として目標設定をします。

そして、自身で積極的に自己学習に取り組んでいくことが「英語を習得する」一番の近道と言えます。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。