fbpx

【90年代アメリカ】大ヒットドラマ「フレンズ」を英語学習に活かす方法

フレンズを英語学習に活かす方法1

アメリカで1994年にスタートし10年に渡ってTV放送されたドラマ「フレンズ」。ニューヨークを舞台にした笑いあり涙ありの男女6人の物語は世界中で大ヒットとなりました。ちなみに2004年の最終話(シーズン10・第236話)の視聴者はなんと5,250万人!世界中が熱狂したこの伝説的なドラマは日本でも話題になりましたが、実はこの「フレンズ」は英語学習にピッタリのコンテンツとしても長年注目を浴びています。

ということで今回はこのフレンズを使ってどのように英語学習に活かすかということについて解説していきます。ドラマを楽しみながら英語力をアップさせたい方はぜひ最後までお読み下さい。

そもそもフレンズってどんな話?

フレンズを英語学習に活かす方法2

フレンズは主人公6人の物語です。監督・脚本家によると1人の主人公を中心としたストーリーにするのではなくニューヨークで生きる若者6人それぞれにスポットを当てて制作することを重視したと語っています。ジャンルはシットコムと呼ばれるシチュエーションコメディで、個性的な6人が友情・恋愛・仕事を中心とした状況の中でコミカルに描かれています。

コメディ要素だけではなく、時に6人の思いが交差しながら描かれる切ないシーンも多く、フレンズを一言で語るならば「笑いながら感動出来るドラマ」と言えます。

フレンズが英語学習に向いている理由

フレンズを英語学習に活かす方法3

フレンズが英語学習に向いている理由は主に以下の様にたくさんあります。

映画だと1回観るのに約2時間くらいかかりますがフレンズは1話が約22分と短く、英語の動画教材として考えると丁度いい長さです。またドラマそのものもとても面白いので飽きずに学習できるだけでなく、何回観てもその度に楽しめて反復学習にも最適です。

ドラマ内で使われる英語は比較的シンプルで日常生活で使えるようなフレーズも盛りだくさんです。このようにフレンズは英語学習素材としてもとても魅力的なドラマです

フレンズを使った効果的な学習方法

フレンズを英語学習に活かす方法4

ではここからはフレンズを使って実際にどのように英語学習していくと最も効果的に英語力を伸ばすことが出来るかということについて具体的に解説していきます。

1.自分のレベルに合わせてシーズン1を観てみる

学習進行度
20%

まずはシーズン1(全24話)を観てその面白さを知りましょう。英語学習は時に大変ですが、一番理想的なのは楽しみながら学ぶことです。従って最初はあまり構えずにストーリーそのものを楽しむことを目的にシーズン1を観るようにしましょう。

ただその時に重要なのはストーリーの内容をしっかり理解出来るようにすることです。自分のレベルチェック目的以外での動画学習は内容がしっかり分かっている方が効率が良いですので、初心者や中級者の方はちゃんと日本語字幕を表示させましょう。

※英語レベルチェック等で動画を利用する方はコチラをチェック
大人のオススメ英語勉強法アイデア ~第3弾:映画・動画活用 編~

2.第1話を再度字幕だけで観る

学習進行度
30%

シーズン1を一通り観た後は第1話に戻って今度は日本語字幕ではなく英語字幕にして観てみましょう。既に物語の内容は分かっているはずですので、ここでは英語のスピードについていけるか、どこが聞き取れないか、聞き取れても理解が追い付かないところはどこかなどを一つ一つ確認しながら観るようにしましょう。

3.課題を見つけて解決する

学習進行度
40%

分からなかった部分を見つけ出して課題を解決しましょう。ここが最も重要なポイントですので手を抜かないようにしましょう。しっかり課題となる部分を書き出して一つ一つクリアにしていきます。知らなかった固有名詞や動詞をピックアップすることから始めて、まずは分からない英単語が無いようにしましょう。

そしてその後は時制や文法、スラングなどもチェックします。この段階ではリスニングに関しては完璧を求めないようにしましょう。理由はリスニングスキルは1日で劇的に向上するものではないからです。特に初心者の方は学習成果をすぐに求めてしまうという傾向が多いですので、聞き取れなかったとしてもガッカリせずにコツコツ進めていきましょう

4.完璧を求めずに全話まで進める

学習進行度
70%

最後の手順はシンプルです。既にお伝えしたやり方を一話一話それぞれで行います。どれも完璧を求めずに70%くらいを目指してどんどんストーリーを進めていきましょう。この方法で最後の236話まで辿り着いたら、また第1話に戻って復習をします。

5.復習

学習進行度
99%

今までの方法で全部一通り見終わったら復習を行います。復習は第1話にまた戻り同じことを行います。この過程を何度も何度も行うことで、自然と英語力がアップします。、最終的な目標は英語字幕なしでもほぼ100%理解出来るようにすることです。

注意すること

フレンズを使ったこの英語学習方法は最後までやりきるのに時間がかかりますので、メインの英語学習ということではなく、空いた時間に楽しみながら少しづつ丁寧に進めていくことをおすすめします。あとは途中でストーリーに引き込まれて「ただ海外ドラマを観ている」という状態にならないように注意しましょう。

ただ漠然とドラマを観るよりも、学習素材として活用しながら見るのとではまったく効果が違いますので、フレンズを楽しむこと自体は問題ありませんが、そこから学ぶことも忘れないように注意しましょう。

まとめ

フレンズを英語学習に活かす方法5

今回はフレンズを英語学習に活用する方法についてお伝えしました。楽しみながら英語を学びたい人にはフレンズはピッタリの英語教材になりますのでぜひ試して見てください。

スマホアプリを使ってスキマ時間に英語学習をしたい方はコチラをチェック▶英語学習アプリレビュー一覧

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。