fbpx

【英語上級者向け】フリーランスとして仕事を受けてレベルアップする実践学習法とその手段

英語上級者

英語上級者の英語をレベルアップ

・一生懸命勉強してきてもう上級者と言えるはず
・でも本当の実力はどうなのか知りたい
・さらに上のレベルへステップアップしたい

英語学習をコツコツ続けて上級者レベルに達し、こんな気持ちが芽生えてきた人も少なからずいると思います。しかし仕事で英語を使わない、プライベートでも外国人の友達がおらず英語を実戦で使う機会がない、いつも同じような会話ばかりしていて成長を感じない、ということはありませんか?

そこで今回はそんな悩みを解消することが可能な「フリーランスとして英語に関係する仕事を請ける」実践学習法とその手段を紹介したいと思います。これは今まで経験したことのないチャレンジになりその責任とプレッシャーは大きいですが、その分得られるものも大きくなります。

キーワードは「実践に勝る経験なし」。今よりレベルアップしたい英語上級者の方はぜひ最後までお読み下さい。

副業で英語関連フリーランスになる

MakoStars LLC/

フリーランスというのは簡単に言うと個人で仕事を請け負い、その対価として報酬を得る人のことを言います。フリーランスとして英語を使って出来る主な仕事には「家庭教師・訪日外国人向け観光ガイド・通訳・翻訳」などがあります。

どれも報酬があり、仕事として行っていますので「業務を確実に、そして高いレベルで行う」という責任が生じますが、そんなプレッシャーを受けながら仕事を完遂していく過程において机の上の学習では得られない実力が身につきます。

ではここからは訪日外国人向け観光ガイド・翻訳・通訳の3つに注目して、どのように活動出来るのか、そしてそのメリットを解説していきます。

訪日外国人向け観光ガイド

外国人向け観光ガイド

訪日外国人向け観光ガイドとして仕事を請け負うには主に2つの立場があります。一つは国家資格である「全国通訳案内士」を取得し有資格者として行う場合、もう一つは資格なしで行う場合です。

全国通訳案内士は言語系で唯一の国家資格となっており、試験に合格するには英語力だけでなく日本の地理や歴史、またホスピタリティや臨機応変な対応力が必要とされています。試験合格の総合的な難易度は国家資格の中でも中程度の難易度で、行政書士や気象予報士に近いと言われていますので簡単には取得出来ません。

もし有資格者として訪日外国人向けに観光ガイドを行いたいという人は合格を目指して勉強するのも良いと思います。ちなみにこの全国通訳案内士の資格がなくても観光ガイドとして活動することは出来ますので、資格の有無に関係なくチャレンジできます。

観光ガイドで英語力アップ

観光ガイド

外国人にとって日本は魅力的な旅行先で人気がありますが、旅行中に英語が通じずに困ることがあるのも事実です。観光ガイドはその部分をサポートしつつ、外国人観光客が楽しめるような様々な対応を行います。

従って単に英語を使うというだけではなく、様々なことに配慮しつつ英語で実務を行うことになり幅広い範囲の実践的な英語スキルを身につけることが出来ます。

これは単に「外国人の友達と話す・オンライン英会話の講師をフリートークをする」などとは異なり、クライアントである外国人旅行者から「期待されている」というシチュエーションでそれにしっかりと応えなければなりません。

この緊張感とプレッシャーを受けながらも、しっかりと自分の英語の実力が出せるかどうかがポイントで、もし出せない場合は自分が考えていた英語力が思っていたよりも低いということになり、本当の実力を知る機会にもなります。

成功・失敗いずれにしても必ず課題を見つけることができ、そこを改善していくことで確実に英語力を伸ばすことが可能です。

観光ガイドとして活動する方法

Mt-Fuji

観光ガイドとして実際にクライアントを見つける方法は主に2つあります。一つはフェイスブックやインスタグラムなどのSNSで自ら集客する方法、もう一つは観光ガイド(有資格・無資格)として各社が提供しているガイド登録プラットフォームを利用する方法です。

いずれもクライアントの訪日前から事前にメッセージなどのやり取りが必要になりますので、その対応過程でも多くを学ぶ機会があります。

観光ガイドとして登録可能なWebサイト
Fulfilling
Meetrip

翻訳者として活動

MakoStars LLC/

翻訳者とは、ある言語(英語)で書かれた文章・動画・音声などを、同じ意味の別の言語(日本語)へと変換する人のことです。翻訳の対象は映画やその他の動画・資料・マニュアル・小説など様々なものがあります。クライアントも一般企業から個人など幅広い人がおり、常に一定の需要があります。

翻訳内容には主に2パターンあり

翻訳には主に2パターンあります。一つは原文の語句の一つ一つにこだわらず、全体の意味に重点をおいて訳す「意訳」、もう一つは原文の一語一語をたどるようにして訳す「直訳」に近い形で訳すパターンです。

これは依頼を受けた際にクライアントから指定されますので、相手の意向に沿って行う必要があります。一般的には映画やアニメ、小説などのエンターテイメント系は意訳が多いですが、資料やマニュアルなどは直訳しつつも分かりやすく翻訳して欲しいという依頼が多いです。

難易度が低いのは英語から日本語への翻訳

翻訳は①英語⇒日本語と②日本語⇒英語の2種類があります。比較的取り組みやすいのは①の英語を日本語に訳す方です。この場合はリーディング力が重要になります。

②の日本語を英語に翻訳する場合は高いライティング力が必要で、専門性を伴う高いビジネスレベルの翻訳が必要なケースや敢えて難しい単語を使わずにシンプルな構文で翻訳するケースなど、クライアントが想定する「読み手」によって依頼内容が異なります。

クライアントの見つけ方

クライアントの見つけ方

翻訳の仕事を探す方法はいくつかありますが、初心者でも自分の実力に合わせて依頼を請け負うことが出来るのはクラウドソーシングと呼ばれるインターネット上でクライアントとフリーランスの仲介を行ってくれるサービスを利用する方法です。

クラウドソーシングは様々なクライアントが発注(アウトソーシング)した様々な業務の一覧があり、その依頼内容や報酬などの条件を考慮して応募していく形が一般的です。そうして請け負った依頼をしっかりこなして、クライアントが満足した場合は同じクライアントから直接仕事の発注依頼が来るケースもあります。

フリーランス翻訳者として初めて活動する場合は報酬金額にこだわらず、まずは納期が長めで内容が比較的簡単なものから応募するようにするのが成功のコツです。そうやって慣れていって実力も上がっていけば、前回より少し難易度の高い依頼に応募していくという繰り返しを行うことにより、報酬額も高くなりますし英語力も徐々に向上していきます。

クラウドソーシングはコチラ
クラウドワークス
ランサーズ
UpWork

通訳者として活動

通訳-2

最後に紹介するのは一番難易度の高い通訳です。通訳には主に同時通訳・逐次通訳・ウィスパリングと呼ばれる3つの種類がありますが、最も難しいのは同時通訳です。また通訳を行う環境も様々で国際会議やシンポジウムといったものから、企業のミーティングや商談などのビジネスシーン、さらに前述した観光ガイドやイベント関連、ボランティア通訳など様々です。

専門的なトレーニングが必要なことも多いですが、カジュアルなイベントで外国人スタッフと日本人スタッフとの間に立ってコミュニケーションを円滑にする通訳業務などは初心者におすすめです。

通訳業務での注意点

通訳の仕事を受ける際には自分のレベルに合った仕事を選ぶ以外にも注意すべきことがあります。それは業界の専門用語への準備です。これは依頼内容に対しての英語力に問題がない場合でも専門用語が分からずに困るというケースがあるからです。

専門用語というのはその業界やジャンルに携わったことがなければ日本語で聞いても分からないような言葉です。これは法律用語や科学用語から始まり、自動車などの部品の名前など普段ほとんど見聞きしない言葉や単語が挙げられますが、日本語でも分からないものは通訳することが出来ませんので事前にしっかりと必要な知識を得ておく必要があります。

このような専門用語も通訳の仕事を行わなければ知ることのなかった知識であり、「いつか・どこか」でまた役立つことがあるかもしれませんし、単純にボキャブラリー力の向上にもなります。

クライアントの見つけ方

フリーランス通訳者

特に通訳の場合は経験者が求められることが多いですが、どんな経験者も最初は初心者ですので、自分に出来そうな仕事があればチャレンジしてみましょう。フリーランス通訳者として初めて活動する場合は、前述したクラウドソーシングであれば未経験でもチャンスがあります。

クラウドソーシングはコチラ
クラウドワークス
ランサーズ

失敗は成功のもと

失敗と成功

今回は英語上級者の方向けに実践の場を利用しながら英語力をアップさせる方法と手段をお伝えしました。仕事として請け負うのはただ英語を勉強するシチュエーションとは異なり「失敗するリスク」が伴います。

無謀な依頼を受けるのはクライアントに迷惑がかかってしまいますが、実力に見合った依頼にチャレンジすることは例え失敗しても意義があります。それでもクライアントに迷惑をかけてしまうこともあるかもしれませんが、それを恐れていると第一歩を踏み出すことは出来ません。

誰でも最初は初心者であり未経験者です。失敗と成功を繰り返しながら経験を積んで少しづつ上手くできるようになります。「実戦で使える英語力」さらに「対価として報酬をもらえるような高い英語力」を身につけたい場合、今回紹介したようなフリーランスとして英語関連の仕事を受けるチャレンジはおすすめです。

プレッシャーのかからない机の上での勉強よりも大きな成長が期待出来ますので興味のある方はぜひ試してみて下さい。

おすすめのリソース:

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

英語脳

【英語脳とは?】トレーニングで英語脳を作る効果的な5つの方法

英語を学ぶ過程で理想的なのは「英語脳」を習得することです。実は英語脳は適切な学習方法をしていればそのプロセスで自然と身に付きます。しかし残念ながら「適切な学習方法」は学校では教えてくれず、多くの英語学習者が「適切とは言えない学習法」を行っています。

Scroll to Top