fbpx

■大人のオススメ英語勉強法アイデア ~第3弾:映画・動画活用 編~

大人のための英語勉強法をシリーズでまとめました。第2弾は、映画・動画活用編です。

ブログシリーズ
第1
第2
第4
第5

■はじめに

「やっぱり英語出来るようになりたいな…」

大人になってからそう感じることありませんか?

日本では、中学・高校と少なくとも6年間、英語を学びます。新たな教育改革が行われ、小学校での英語時間も増えてきました。しかしながら、「学校の授業だけで英語は完璧!」と言える方は多くないんじゃないでしょうか。

とは言え、何から始めたらいいの…??

やる気はあるのに、やり方がわからず挫折してしまうのはもったいない!

そこでこのブログでは、授業以外での「英語勉強法」のアイデアをシリーズ形式でいくつかご紹介しています。自分でプラスアルファの勉強したいという学生さんや、改めて学び直したいという大人のみなさんの参考になれば幸いです!自分のスタイルに合ったものを探してみてください^^

第3弾は「映画・動画活用編」。
動画サイトや映画のサブスクリプション等で、動画にアクセスしやすい今、その動画の英語勉強への活用法をまとめてみました。

■映画・動画活用法 その1

<活用手順>

①好きな映像を見つける(洋画・英語動画)

②映像を「字幕なし」で視聴する

③映像を「英語字幕」で視聴する

④映像を「日本語字幕」で視聴する

1.好きな映像を見つける(洋画・英語動画)

何度も繰り返し見るので、好きなトピックや興味のある分野の内容がオススメです。

長さも、最初は5~15分程度の短いものが取り組みやすいです◎

“お気に入り映像はどうやって探そう、何から始めていいか分からない…”というときは、

  • 子ども向けのお話(「story for kids」などで検索)
  • TED-Ed(アニメーションを使って分かりやすく解説がされている教育ビデオ)
  • TED(世界各国の知識人によるスピーチ動画)

などから探してみても良いかもしれません^^

MakoStars LLC/ 766

2.映像を「字幕なし」で視聴する

英語で進む内容を、どれぐらい理解できるかに注目です。

聞き取れた単語、聞き取れなかったフレーズや分かりにくかった箇所も意識すると、後で振り返りがしやすくなります。

3.映像を「英語字幕」で視聴する

同じ映像を「英語字幕」で見ることで、
どのくらい聞き取れていたかの確認や、
聞き取れなかったフレーズの答え合わせができます。

4.映像を「日本語字幕」で視聴する

最後に「日本語字幕」で見て、内容の詳細まで答え合わせしていきます。

慣れてきたら、少し長めの動画にチャレンジしてもOKです。ステップアップにも繋がります。シリーズ物のストーリーで試すのも楽しいかもしれません^^

■映画・動画活用法 その2 ~言い換え力トレーニング~

その1のトレーニングをよりパワーアップさせたい方は、こちらを試してみてください。太字部分が、パワーアップポイントです。

<活用手順>

①好きな映像を見つける(洋画・英語動画)

②その映像の要約(Summary)を見つける

③映像を「字幕なし」で視聴する

映像を内容を自分で要約し、録音する

⑤映像を「日本語字幕あり」で視聴する

再度、映像を内容を自分で要約し、録音する

⑦Summaryと自分の要約を比較する

MakoStars LLC/ 1229

これは内容理解だけじゃなく、英語での「言い換え力」をトレーニングすることができます。

映像の要約(Summary)は、英語のものを見つけておきます。そして、最後のステップまで読まないでおきます。

④の録音と⑥の録音で
どのぐらい内容の理解が深まったか
理解度によってまとめ方が変わったかを確認します。

そして最後に、Summaryと自分の要約を比較してみます。

この単語を使うとスッキリまとまるのか!
重要なポイントはここだったのか!

と発見があるのではないでしょうか^^

この言い換え力が鍛えられると、重要なところを予測しながら聞くことが出来るようになり、リスニング力もアップします。是非試してみてください!

■おわりに

いかがだったでしょうか。

調べ方次第で無限にある動画の素材。これを活かし、お気に入り動画をモチベーションに、楽しみながら取り組めたら最高ですね!

「勉強したい!」そう思った時が、きっと1番モチベーションと吸収率が高いタイミング。楽しみながら学べる方法を一緒に探していけたら幸いです!

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。