fbpx

大人のオススメ英語勉強法アイデア ~第2弾:英語アプリ活用 編~

大人のための英語勉強法をシリーズでまとめました。第2弾は、英語アプリ活用編です。

ブログシリーズ
第1
第3
第4
第5

■はじめに

「やっぱり英語出来るようになりたいな…」

大人になってからそう感じることありませんか?

日本では、中学・高校と少なくとも6年間、英語を学びます。新たな教育改革が行われ、小学校での英語時間も増えてきました。しかしながら、「学校の授業だけで英語は完璧!」と言える方は多くないんじゃないでしょうか。

とは言え、何から始めたらいいの…??
やる気はあるのに、やり方がわからず挫折してしまうのはもったいない!

そこでこのブログでは、授業以外での「英語勉強法」のアイデアをシリーズ形式でいくつかご紹介しています。

自分でプラスアルファの勉強したいという学生さんや、改めて学び直したいという大人のみなさんの参考になれば幸いです!自分のスタイルに合ったものを探してみてください^^

第2弾は「英語アプリ活用編」と題し、気軽に始められるアプリの活用法をまとめてみました。

■おすすめ英語アプリ

ひと口にアプリと言っても、少し調べただけで数え切れないほどたくさん出てきます。
これまた「何から始めたらいいの…??」となりかねないほど。

そこで、実際に使ってみたレビューとともに、シチュエーション別、おすすめアプリを3つご紹介します!

  • 英単語を集中的にやりたい!→ mikan
  • 気軽に始めたい!→ Duolingo
  • リーディング・リスニングの力を本気で上げたい!→ POLYGLOTS

今回はすべて無料で使えるアプリを選んでみました。それぞれの活用法もあわせてご紹介します。

■アプリ活用法

<英単語を集中的にやりたい!→ mikan

MakoStars LLC/ 684

英単語をやるなら、こちらの「mikan」がおすすめです。

約30秒で10単語を学習できるので、スキマ時間に活用できます。自分の苦手な単語もアプリ側でまとめてくれるので、集中的に復習することもできます。

MakoStars LLC/ S 154607618

様々なアプローチから徹底的に「単語」に集中して学習できるのですが、活用法の概要はこちらです!

  • 「カードめくり」で効率的に単語を暗記
  • 「単語テスト」で意味と定着具合を確認
  • 苦手単語(アプリが自動でまとめてくれる)を集中的に復習
  • 「mikanテスト」(アプリ内の全国テスト)で実力チェック

アプリの詳しいレビューはこちらの記事からご確認いただけます!

□利用価格:無料(アプリ内課金あり)

Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=link.mikan.mikanandroid

iPhone:https://apps.apple.com/jp/app/%E8%8B%B1%E5%8D%98%E8%AA%9E%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA-mikan/id920856839

<気軽に始めたい!→ Duolingo

MakoStars LLC/ 711

最初のステップとして気軽に始めたい方には、Duolingoがおすすめです。
食べ物や日常会話といった身近なトピックから、文法や語順、ストーリーで読解力を鍛えられるものなど、幅広く用意されています。

基礎的なレベルから繰り返し学習できたり、リスニング・スピーキング・語順トレーニングをゲーム感覚で進められたりと、英語学習のハードルを上げずに取り組むことが出来ます。

MakoStars LLC/ S 154296325

活用法の概要はこちらです!

  • 「基礎トレーニング」でリスニング・語順トレーニング・和訳&英訳トレーニング・スピーキングをまんべんなく学習
  • 「Duolingoストーリー」で読解力トレーニング
  • ネイティブスピーカーが読み上げてくれた英文を自分で追いかけ発音し、シャドウイング

詳しいレビューはこちらの記事からご確認いただけます!

□利用価格:無料(アプリ内課金あり)

・Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.duolingo&hl=ja&gl=US

・iPhone:https://apps.apple.com/jp/app/duolingo%E3%81%A7%E8%8B%B1%E4%BC%9A%E8%A9%B1-%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%84%E4%BC%9A%E8%A9%B1%E3%81%AE%E7%B7%B4%E7%BF%92/id570060128

<リーディング・リスニングの力を本気で上げたい!→ POLYGLOTS

MakoStars LLC/ 713

実際のニュース記事でリーディング力・リスニング力を鍛えたり、日常会話のトピックを使ってスピーキングの練習をしたり、かなり充実した内容が盛り込まれています。

MakoStars LLC/ S 154624002

活用法の概要はこちらです!

  • ネイティブスピーカーの発音で長文のリスニング
  • 読むスピードを設定してリーディング
  • ネイティブスピーカーの後に自分で発音するシャドウイング&それを録音して確認

おすすめの使い方も記事でご紹介しているので、詳しくはこちらを覗いてみてください!
アプリレビュー
おすすめの使い方

□利用価格:無料(アプリ内課金あり)

・Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=net.polyglots&hl=ja&gl=US

・iPhone:https://apps.apple.com/jp/app/polyglots/id877494771?l=en

■おわりに

いかがだったでしょうか。

「勉強したい!」そう思った時が、きっと1番モチベーションと吸収率が高いタイミング。楽しみながら学べる方法を一緒に探していけたら幸いです。

その他のアプリを実際に使ってみたレビューも以下の記事にまとめています。
よろしければ併せてご参照ください^^
http://makostars.com/app_list/

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。