fbpx

大人のオススメ英語勉強法アイデア ~第1弾:スタート心得 編~

大人のための英語勉強法をシリーズでまとめました。第1弾は、スタート心得編です。

ブログシリーズ
第2
第3
第4
第5

「やっぱり英語出来るようになりたいな…」

大人になってからそう感じることありませんか?

日本では、中学・高校と少なくとも6年間、英語を学びます。新たな教育改革が行われ、小学校での英語時間も増えてきました。しかしながら、「学校の授業だけで英語は完璧!」と言える方は多くないんじゃないでしょうか。

そもそも、英語の語学習得に必要な時間は およそ “3,000時間” と言われます。

あくまで概算ですが、一般的な小学校から高校までの英語の授業時間の合計は、約950時間。習得目安の3分の1に満たない量であることが分かります。授業だけでパーフェクトにするのはやっぱり難しいようです。

MakoStars LLC/ 3

とは言え、何から始めたらいいの…??
やる気はあるのに、やり方がわからず挫折してしまうのはもったいない!

そこで今回は、授業以外での「英語勉強法」のアイデアをいくつかご紹介していきたいと思います!

自分でプラスアルファの勉強したいという学生さんや、改めて学び直したいという大人のみなさんの参考になれば幸いです!自分のスタイルに合ったものを探してみてください^^

第1弾は「スタート心得編」と題し、英語の勉強を始めるためのアイデアをまとめてみました。

■大切にしたいこと3つ

仕事に勉強に既に毎日忙しい中で、英語の勉強をするというのは案外難しいもの。せっかく始めるなら、その前に覚えておきたい大切なことが2つ。

それは

  • 小さく始めること
  • 継続すること
  • 楽しむこと

です!

よく言われることではありますが、いざ始めるとなると、最初に気合いを入れすぎて途中で苦しくなってしまう、なんてことはよく聞きます、、、

目標が高すぎると、達成するのが難しくてやめてしまったり、
レベルが高すぎると、勉強するのがイヤになったり。

やっぱりどんなに効果のある勉強法も、1回では身になりませんよね。

「続けること」を念頭に、
“ながら勉強” や “楽しめるコンテンツ” を取り入れ、気軽に始められるところからやってみるのがポイントではないでしょうか。

■勉強法アイデア

そんな気軽に始められる勉強法もたくさんあります。
例を挙げてみました。

英語学習アプリを活用する

英語ラジオでリスニング・トレーニング

洋楽で歌にのせてナチュラルな発音トレーニング

洋画でシャドウイング

英会話スクールで会話の機会アップ

作業や移動をしながら、お家でいる時に、など、自分のスキマ時間とシチュエーションに合わせて活用していきたいところです。

■おわりに

「勉強したい!」そう思った時が、きっと1番モチベーションと吸収率が高いタイミング。楽しみながら学べる方法を一緒に探していけたら幸いです。

勉強法アイデアで挙げた具体的な活用法については、第2弾以降でまとめていく予定です。よろしければ併せてご参照ください^^

■参考文献

小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 外国語活動・外国語編

中学校学習指導要領(平成29年告示)解説 外国語編

英語教育改善実施状況調査結果概要(高等学校):文部科学省

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。