fbpx

【英語脳とは?】トレーニングで英語脳を作る効果的な5つの方法

英語脳

英語を学ぶ過程で理想的なのは「英語脳」を習得することです。実は英語脳は適切な学習方法をしていればそのプロセスで自然と身に付きます。しかし残念ながら「適切な学習方法」は学校では教えてくれず、多くの英語学習者が「適切とは言えない学習法」を行っています。

せっかく英語を勉強しているのに、そのやり方一つで「英語脳」が習得出来ないのは勿体ないと感じます。そこで今回は英語脳について解説しながら、それを習得するトレーニング方法についてもお伝えしたいと思います。英語脳を習得することが出来ると英語力は飛躍的に向上しますのでぜひ最後までお読み下さい。

英語脳とは

英語脳とは

英語脳とは簡単に言うと「英語を英語のまま理解する」ことです。つまり英語を見聞きした時に「日本語を介さずに英語でそのまま理解する」ということです。

MakoStars LLC/ 2 2

英語脳のメリットは上記のように日本語で考えることがない為、脳内でのプロセスが簡略化されることです。脳への余計な負担も減ることもメリットの一つですが、これは最終的に英語でのスピーディなコミュニケーションを可能にすることにつながり、より自然に、そしてスムーズに英語を理解する助けとなります。

英語を英語のまま理解とは?

MakoStars LLC/ 3 2

では「英語を英語のまま理解する」というのは具体的にどのようなことなのかを説明していきます。まずは下の例文を使って確認していきましょう。

My daughter wants to be a doctor when she grows up.

▶ 語順

この例文を日本語に訳すと「私の娘は大人になったら医者になりたい(そうです)。」という意味になります。日本語では「私の娘⇒大人になったら⇒医者に⇒なりたい」という語順になります。

しかし英語脳ではそのような日本語順番では考えず、英語の例文に書かれたままの語順で捉えて理解します。今回の場合は以下のようになります。

 My daughter wants to be a doctor when she grows up.
私の娘 ・なりたい・医者に・(いつ?)・彼女が大人になったら

日本語の「私の娘⇒大人になったら⇒医者に⇒なりたい」とは大きく異なることが分かると思います。英語脳を習得する為には、まず英語をその語順のまま理解する必要があります。

▶ 意味

次に意味の理解に関してですが、英語脳では全ての英単語を日本語には訳しません。

 My daughter wants to be a doctor when she grows up.

つまり「 My daughter」は「 My daughter」であり、「doctor」は「doctor」です。英語脳を養うトレーニングをして「私の娘」や「医者」のように日本語に変換しなくても自動的に意味が頭に浮かぶようにします。

例文の「when」も同じです。これを「~の時に」と訳さずに、この文脈で「when」がきた瞬間に接続詞的な意味で使われていることを理解出来るようにします。ちなみに「接続詞」だと頭に浮かべることも不要で「when」はあくまで「when」という感覚として捉えます。

▶ ポイント

先程もお伝えしましたが、「英語⇒日本語⇒英語」というプロセスは英語脳では行いません。英語脳は「英語⇒英語」であり、日本語が介入することは一切ありません。つまり英語を見聞きした時に、頭の中に勝手に浮かんできてしまう日本語を無くす必要があります。

 My daughter wants to be a doctor when she grows up.

英語脳を作る5つの効果的なトレーニング法

MakoStars LLC/ 4 2

ここまでで英語脳に関してざっくりと理解していただいたかと思いますが、ここからは具体的にどのように英語脳を作っていくか、そのトレーニング方法についてお伝えしていきます。ここで紹介するトレーニング法は特に効果が高いものですので英語力を伸ばしたい方はチェックしてみて下さい。

1. スラッシュ・リーディング法

英語脳トレーニング2

スラッシュリーディングとは英文を文頭から「/」で区切って理解していく方法で、リーディングスピードを上げる為の学習法としても知られています。

日本人は英文を日本語的に訳す時に理解しやすいように「返り読み」と呼ばれる語順で行ってしまう傾向があり、スラッシュリーディング法ではそれを矯正することが出来ます。これは英語脳を作る上でも高い効果が得られます。

【例】
A dog in Germany is helping to look after tiger cubs. Their mother abandoned them in a safari park in northern Germany. Their names are Peach and Pearl.

A dog in Germany is / helping / to look after tiger cubs. / Their mother abandoned them / in a safari park / in northern Germany. / Their names are Peach and Pearl./

ポイントはとにかく順番を変えないことです。文頭から文末までその語順通りに意味を捉えていきます。

2. 単語を日本語で覚えない

MakoStars LLC/ 6 2

スラッシュリーディングに慣れてきても、もし英単語の意味を日本語で覚えてしまっていると英文を読んでいる際に日本語が介入してしまいます。英単語は出来る限りイメージで記憶するようにしましょう。

先程のこの例文だと
A dog in Germany is helping to look after tiger cubs. Their mother abandoned them in a safari park in northern Germany. Their names are Peach and Pearl.

dog

英語脳イメージ1

Germany

MakoStars LLC/ 8

といった感じで日本語ではなくイメージで記憶するようにします。

3. 分からない単語は英英辞典を使う

MakoStars LLC/ 9

英語脳を習得する上で効果的な方法の一つには英英辞典を使うということがあります。英英辞典とは英単語の意味を英語で解説した辞書のことです。

分からない英単語がある時に、ほとんどの人は日本語で解説している英和辞典を使うと思います。インターネットでも「〇〇 意味」と検索していると思いますが、「〇〇 meaning」と検索するようにしましょう。これは英語を英語で理解するのに非常に役に立ちますので習慣づけるようにしましょう。

先程の例文
A dog in Germany is helping to look after tiger cubs. Their mother abandoned them in a safari park in northern Germany. Their names are Peach and Pearl.

この英文で馴染みのない英単語はおそらく「cubs」や「abandon」だと思います。これらを英英辞典で調べて意味を英語で理解します。

cubs:the young of a fox, bear, lion, or other carnivorous mammal

abandon:If you abandon a place, thing, or person, you leave the place, thing, or person permanently or for a long time, especially when you should not do so.

このように分からない英単語がある場合でも英語でその意味を調べて理解します。もしその解説の中に分からない英単語が出てきたら、それも英語で調べます。

cubs:the young of a fox, bear, lion, or other carnivorous mammal
この場合は「carnivorous」と「mammal」などです。

ただどうしても難易度が高い英単語の場合は最初は日本語で理解しても大丈夫です。ただその頻度を少しづつ減らしていけるように意識しましょう

4. 多読する

MakoStars LLC/ 10

英語脳を手に入れる為にこれまで紹介した1.2.3.をコツコツやって行く必要がありますが、その為に自分のレベルにあった英文をたくさん読む多読ことも大切です。その際には「出来るだけ早く正確に読む」ことに重点をおき、分からないところを調べながら何度も繰り返し読むのがポイントになります。そうすることで英語脳だけでなく、長文アレルギーも克服することが出来ます。

関連記事:【リーディングに便利!】英語で日本のニュースを発信しているWEBサイト4選+おまけ2選

5. 英語で独り言をする

英語脳トレーニング5

「英語で独り言」とは文字通り英語で独り言を喋ることです。普段は無意識に日本語で考えている言葉や感情、また状況などを英語に置き換えて声に出して発します。また実際に声に出さなくても、普段頭の中で考えている日本語の部分も出来るだけ英語にしましょう。こうすることで脳が英語に触れる機会を増やし、それを継続していくことで英語で考える習慣ができ、英語脳に近づいていきます。

関連記事:【英語で独り言?】実はスピーキング力アップの近道だった!効果的なやり方と6つのメリット 

最後に

今回は英語脳についてお伝えしました。日本語と英語は大きく異なる言語ですので、英語力の上達には英語脳は欠かせません。「英語を英語のまま理解する」というと難しく感じるかもしれませんが、今回紹介したトレーニング法と日々の学習によって必ず習得することが出来ます。

そして一度英語脳の感覚が掴めると、今までの日本語的な英語の理解方法に大きな違和感を感じるようになります。そこまでくれば英語という言語の新たな面白さも発見出来るようになりますので、ぜひ途中でギブアップすることなくコツコツ取り組んでみて下さい。

こちらもご参照ください:

おすすめのリソース:

Amazonのアソシエイトとして、MakoStarsは適格販売により収入を得ています。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

英語脳

【英語脳とは?】トレーニングで英語脳を作る効果的な5つの方法

英語を学ぶ過程で理想的なのは「英語脳」を習得することです。実は英語脳は適切な学習方法をしていればそのプロセスで自然と身に付きます。しかし残念ながら「適切な学習方法」は学校では教えてくれず、多くの英語学習者が「適切とは言えない学習法」を行っています。

Scroll to Top