fbpx

英語習得の鍵は「隙間時間の有効活用」

「英語を勉強しよう!」と思っても、なかなか時間を見つけらず結果もイマイチ...なんて話をよく聞きます。そこで、毎日勉強するポイントをまとめてみました!

学生でも社会人でも、「英語を勉強しよう!」と思っても、なかなかまとまった勉強時間を見つけられず、上達もせず、何となくイマイチな結果になってしまうとよく聞きます。

先ず一つ非常に重要なポイントは、「語学」の習得に「短期間」はあり得ないときちんと認める事です。

それなりに頑張って学習しても、すぐに効果は出ないことを、スタートを切る前にきちんと受け入れる事で、不必要に失望したり、やる気を失うことを防げます。

それなりに時間がかかってしまうからこそ、継続的に取り組める、無理のない自分なりの学習習慣を築き上げることが大切です。

Image result for royalty free english study adults when

2019年4月15日のPRESIDENTに面白いアンケート結果がありました。TOEICのスコアを、100点以上アップさせた、20歳以上の男女500名を対象とした調査の質問の一つが「平均的な勉強時間」についてでした。

平均的な勉強時間

Image result for royalty free how long time

一番多かった回答は、「休日まとめて3時間未満」が24.1%、

二番目が「毎日30分~1時間未満」で18.2%

三番目は「毎日15分~30分未満」で16.2%

四番目は「毎日1時間~2時間未満」で14.4%

と紹介されています。

休日まとめて時間が取れない(取らない)社会人は、毎日短時間の勉強を行なっているようですね。 

個人的には、「毎日30分~1時間未満」は結構短いなと感じましたが、いかがでしょうか。

毎日勉強する上でのポイント

ポイントは「毎日」と言うことでしょうか。

日々の中にあるちょっとした「隙間時間」を上手に活用すれば「毎日30分~1時間」を搾り出せる人は割と多いと思います。

隙間時間を活用する際は、「時間」と「回数」を意識して自分の生活の中に組み込むと良いのではないでしょうか。

英語の5W1Hではないですが、

Image result for 5W1H

いつ・どこで・何を・どうやって

「いつ」・「どこで」・「何を」・「どうやって」を意識すると効率的に隙間時間を使えます。

例えばこんな感じです。

「朝の通勤時間の〜駅から〜駅の間」(いつ)

「電車の中で」(どこで)

「〜と言うテキスト」(何を)

「心の中で例文をリピートする」(どうやって)

何となく英語を勉強するのではなく、自分に必要なスキルを絞り、「この教材を、このように勉強しよう!」とやることを明確にすると短時間でも効果を上げやすくなります。

自分の必要なスキルを隙間時間を使って身に着けるためには、どのような教材を、どうやって使うかまで意識できると良いのではないでしょうか。

参考資料

<最高の英語テキスト>President 2019. 4.15号 

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。