fbpx

英語学習おすすめ教材:単語&文法編

語学の勉強においては、「どの」教材を選ぶかよりも「どれだけ」やるかが大切だとよく言われます。長く続けられる、本当の意味で「良い」教材を探す参考にしてみてください!

習得に時間がかかる語学の勉強においては、「どの」教材を選ぶかよりも「どれだけ」やるかが大切だとよく言われます。

人気のある教材だから「良い」と言う訳ではなく、自分に合う、「長く続けられる」教材が本当の意味で「良い」教材だと思います。

2019年4月15日のPRESIDENT(中学英語でペラペラ喋る)に「TOEICのスコアアップに役立ったテキスト」についてのアンケートの調査結果が載っていました。

TOEICのスコアアップに役立ったテキスト

Image result for PRESIDENT(中学英語でペラペラ喋る

TOEICのスコアを、100点以上アップさせた、20歳以上の男女500名の方々の答えは以下のようです。

1位 DUO 3.0

Image result for DUO 3.0

2位 新TOEICテスト 英文法をはじめからていねいに

新TOEICテスト 英文法をはじめからていねいに 改訂版 (東進ブリクス) [単行本]

3位 公式 TOEIC Listening & Reading トレーニングリスニング編

Image result for 公式 TOEIC Listening & Reading トレーニングリスニング編

TOEICのテストに焦点を当てたアンケートなので、当然TOEIC関連の教材が多いのですが、1位にDUO 3.0が入っているのに驚きました。

重要単語と重要熟語を例文から学べる単語帳です。 

大学生からの人気も非常に高いです。

人気のある(特色のある)単語帳は

「中学英単語でいきなり英会話」

Image result for 中学英単語でいきなり英会話

「アルクのキクタンシリーズ」

「百式英単語 最速インプット」

MakoStars LLC/

英文法の基礎を学ぶのにオススメなのは

「中学3年分の英語が3週間で身につく音読」

音読は、口・耳を鍛えながら、文法も学べるのでオススメの学習法です。

Image result for 中学3年分の英語が3週間で身につく音読

「Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル」

Image result for Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル

ある程度の基礎がある人は

English Grammar in Useか、

MakoStars LLC/ 51iGePLGSDL. SX369 BO1,204,203,200

日本語版のマーフィーのケンブリッジ英文法

Image result for English Grammar in Useか、日本語版のマーフィーのケンブリッジ英文法

をオススメします!

English Grammar in Useは文法を今までと違った説明で学ぶことができると思います。

日本の文法事項の説明では腑に落ちなかったものが、意外とスッと理解できたりします。

しっかりやれば英語の文法はバッチリになると思います!

参考資料

<最高の英語テキスト>President 2019. 4.15号 

<中学英語でペラペラ喋る>President 2019. 4.15号 

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。