fbpx

知っておきたい英語の名前に関する基礎知識

苗字の種類が世界で一番多い国をご存じですか?名字の由来をまじえ、英語の名前の基礎知識についてまとめてみました!
Image result for enbglish name

苗字の種類が世界で一番多いのはどこだと思いますか!?

国の成り立ちを考えると、納得できるかもしれません

日本も世界的に見れば、苗字の種類は多い方で、27~30万種類(数え方による)ぐらいだそうです。

英語の苗字の由来

英語の苗字は大きく分けると、「地名」「父称」「職業」「ニックネーム」に由来しているものが多いです。

地名

地名は:Hilton (岡ですね) Churchill 教会のある岡
Maxwell:大きな+泉
Lee:森の開けた場所(layeから)

父称

父称は(父や男系祖先由来):sonや “s” “Mac” などを付け足します

John(son), William(s) (Mac)Donald など。

職業


Smith:鍛冶屋
Taylor:仕立て屋
Miller:粉屋
Wright:大工(と言う意味ですが、もう使われていません)
Carter:運び屋

ニックネーム


Long: 背の高い人
Reed:赤い髪をした人
Parker: Park(狩場)の番人をしてた人
他にもBrown, Whiteなど色に関するものも結構あります。

苗字の種類No.1

苗字の種類が一番多いのは、移民の国である「アメリカ」のようです。

2010年の調査によると、トップ5は

1位Smithスミスおよそ2,376,000人0.8809%
2位Johnsonジョンソンおよそ1,857,000人0.6884%
3位Williamsウィリアムズおよそ1,534,000人0.5687%
4位Brownブラウンおよそ1,380,000人0.5116%
5位Jonesジョーンズおよそ1,363,000人0.5052%

種類で分類していると、

1: Smith 職業


2: Johnson  父称


3: Williams  父称


4: Brown  ニックネーム


5: Jones  父称

ですね。地名由来が入っていません。

苗字と名前の書く順番

苗字を英語では、
Last Name, Family Name, Surname

名前は
Personal name, First name, Given name

と言ったりします。

更にややこしい!?でも重要なのが、苗字と名前を書く順番です。

John Smithという書き方と、

Smith, John という表記の仕方が可能です。

名前→苗字 

苗字, 名前

名前を書くときののカンマ ( ,) は、「姓名を逆にしてます」ということを意味します

更に分かりやすくするために、
苗字を全て大文字で書くということもあります

SMITH, Johnと言う感じです。

ちなみに、”John Smith”と言うのは日本での「山田太郎」のように、書き方の例などでよく使用される名前です。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

リスニング

留学前にリスニングを勉強すべき理由と3つの勉強方法!留学を成功させよう!

  「留学を成功させたい。」 せっかく留学をするなら、授業も人間関係も実のある留学生活を過ごしたいですよね。 そのために英語の勉強に励む方も多いでしょう。 ところで、どの勉強を優先すべきかご存知でしょうか。 実は留学前に英語勉強するなら「リスニング」が1番大切なんです。 ・なぜ留学前にリスニングの勉強をすべきなのか?・効果的な勉強方法はどんなものか? これらを、10年以上英語の勉強を続けている筆者の留学経験とともにお伝えします。 有意義な留学生活を送りたい方は、ぜひご一読くださいませ。   なぜ留学前にリスニングを勉強すべき?   留学前に1番勉強すべきことは「リスニング」です。 なぜなら留学初日から困ることが多くなるから。 例えば、 ・初日の説明会で学校生活に関する大切な話が理解できない。 ・授業中、何が起きているか分からない。 ・「どうせ聞き取れないから話すのが億劫」という状況になる。 ・銀行口座開設など諸手続きに苦戦する。など。 留学では授業を受けることになりますが、リスニングができないと授業を理解するのが難しくなります。 教科書のどこを話しているのか分からない、クラスメートと話し合う時間も相手の言っていることが分からない、宿題があるのかも分からない。 周りはどんどん進んでいくのに、自分だけ取り残されたかのような感覚です。 せっかく時間とお金を使って留学に来たのに、授業や人間関係にうまく馴染めずタイムロスが起きてしまいます。 この悪循環が続くと、授業に参加するのが嫌になり留学生活自体が楽しくなくなる原因になりかねません。 ではどうやってリスニングを勉強すればいいのでしょうか。