fbpx

知っておきたい英語の名前に関する基礎知識

苗字の種類が世界で一番多い国をご存じですか?名字の由来をまじえ、英語の名前の基礎知識についてまとめてみました!
Image result for enbglish name

苗字の種類が世界で一番多いのはどこだと思いますか!?

国の成り立ちを考えると、納得できるかもしれません

日本も世界的に見れば、苗字の種類は多い方で、27~30万種類(数え方による)ぐらいだそうです。

英語の苗字の由来

英語の苗字は大きく分けると、「地名」「父称」「職業」「ニックネーム」に由来しているものが多いです。

地名

地名は:Hilton (岡ですね) Churchill 教会のある岡
Maxwell:大きな+泉
Lee:森の開けた場所(layeから)

父称

父称は(父や男系祖先由来):sonや “s” “Mac” などを付け足します

John(son), William(s) (Mac)Donald など。

職業


Smith:鍛冶屋
Taylor:仕立て屋
Miller:粉屋
Wright:大工(と言う意味ですが、もう使われていません)
Carter:運び屋

ニックネーム


Long: 背の高い人
Reed:赤い髪をした人
Parker: Park(狩場)の番人をしてた人
他にもBrown, Whiteなど色に関するものも結構あります。

苗字の種類No.1

苗字の種類が一番多いのは、移民の国である「アメリカ」のようです。

2010年の調査によると、トップ5は

1位Smithスミスおよそ2,376,000人0.8809%
2位Johnsonジョンソンおよそ1,857,000人0.6884%
3位Williamsウィリアムズおよそ1,534,000人0.5687%
4位Brownブラウンおよそ1,380,000人0.5116%
5位Jonesジョーンズおよそ1,363,000人0.5052%

種類で分類していると、

1: Smith 職業


2: Johnson  父称


3: Williams  父称


4: Brown  ニックネーム


5: Jones  父称

ですね。地名由来が入っていません。

苗字と名前の書く順番

苗字を英語では、
Last Name, Family Name, Surname

名前は
Personal name, First name, Given name

と言ったりします。

更にややこしい!?でも重要なのが、苗字と名前を書く順番です。

John Smithという書き方と、

Smith, John という表記の仕方が可能です。

名前→苗字 

苗字, 名前

名前を書くときののカンマ ( ,) は、「姓名を逆にしてます」ということを意味します

更に分かりやすくするために、
苗字を全て大文字で書くということもあります

SMITH, Johnと言う感じです。

ちなみに、”John Smith”と言うのは日本での「山田太郎」のように、書き方の例などでよく使用される名前です。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。