fbpx

海外大学直接進学という流れ

直接海外の大学に留学する、という流れが少しずつ増えてきているようです。国内の大学からの交換留学以外の選択肢について考えてみました。

日本国内の大学に進学し、そこから交換留学をする以外にも、直接海外の大学に留学するという流れが少しずつ増えてきているようです。

Image result for UCLA
<UCLAHP より>

卒業生の約1割が海外大学を合格するという渋谷教育学園幕張中学校・高等学校を筆頭に、有名進学校から海外大学を受験することは珍しくなってきました。

Image result for 海外 直接留学 渋幕
<渋谷教育学園幕張高校HPより>

開成高校からU.C.L.A、武蔵高校からブラウン大学などのアメリカの大学への進学や、国際基督教大学高等学校からオーストラリアにあるThe University of Sydneyへ、順天高等学校から台湾にある淡江大学などに進学する学生もいるようです。

教育開発出版(株)と旺文社が共同で実施したアンケート結果に日本の高校からの海外大学進学状況がまとめられています。

MakoStars LLC/ 2019 10 23 13.11.20

<旺文社中学受験高校受験パスナビより>

海外の医学部を目指すルート

医学部を目指すために、留学をする学生も増えてきているようです。ハンガリーやチェコ、ポーランドなどでライセンスを取得し、世界で活躍する道を選択したり、日本に戻り国家試験を受けることを選ぶ人もいるようです。テスト偏重で学費の高い日本の医学部とは様子が異なるようです。

ハンガリーなどの東欧は学費、生活費が安く、日本の私立大学に通うのと同じぐらいの金額で勉強ができるようです。日本ではテストが重視される一方で、東欧では入学後のカリキュラムをやり抜く力が重要視されているようで、ストレート卒業できる学生はそう多くないようだ。

様々な留学斡旋機関が海外医学留学もサポートしています。 

このようなほんも出されています。

Image result for 海外の医学部 留学

日本の大学を退学し海外へ

2019年8月のダイヤモンド・セレクトによると、東大が併願校になるケースもあるようです。アメリカの大学の新学期は9月から始まり、合格者は5月から6月にかけて発表されます。そのため、日本の大学に4月から入学し、合格発表を待地、合格していた場合は夏前に退学、渡米という流れになるようです。(President Onlineより)

海外の大学に進学する理由は様々でしょうが、日本の大学だけでなく海外の大学をオプションのと一つとして考えられる時代になってきました。 一番ハードルとなるのは費用の面だと思いますが、日本国内にも多くの奨学金が用意されています。また、大学から奨学金を貰えることもあります。様々な方法を検討し、海外の大学を真剣に検討して見るのもありではないでしょうか。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。