fbpx

グローバル教育を行うプログラム:国際バカロレア

グローバル人材を育成する特色ある高校のプログラム「国際バカロレア」について紹介します。

グローバルな人材を育成する、特色ある高校のプログラムとして一番有名なものに国際バカロレアがあります。

日本国内の大学の入試改革が様々な場所で話題になっていますが海外の大学を視野に入れた教育プログラムを展開する中学校や高校も増えてきています。

国際バカロレア

IB PROGRAMMES

国際バカロレアは、世界の様々な大学入試資格に繋がる小・中・高校生の教育プログラムです。International Baccalaureateが正式名称で、英語では通常”IB”(アイ・ビー)と呼ばれます。

3~19歳までの幅広い学生を対象に、140以上の国や地域の4800校以上が実施しているようです。 (朝日新聞2018.12.7)

教育プログラムは、「プライマリー・イヤーズ・プログラム」「ミドル・イヤーズ・プログラム」「ディプロマ・プログラム」「キャリア関連プログラム」の4つがあり、全てのプログラムに共通するのが、「国際的な視野を持つ人間の育成を目指す」という理念です。

MakoStars LLC/ 2019 09 22 5.40.22
<©2019 文部科学省IB教育推進コンソーシアムより>

プログラムの特徴

IBの特徴として、以下のようなことが掲げられています。

学習者を中心に置きます。

「指導」と「学習」において効果的な方法を展開します。

グローバルな視野に立って取り組みます。

意味のある学習内容を探究します

日本語や英語、その他の言語で様々な分野について学び、学習の同時並行性(concurrency of learning)を重視し、多様な教科が関連づくように学んで行きます。

MakoStars LLC/ 2019 09 22 5.43.11

<国際バカロレア(IB)の教育とは?: https://www.ibo.org/globalassets/digital-tookit/brochures/what-is-an-ib-education-jp.pdf>

ディプロマ・プログラム

この4つのうちの日本で特に注目されているのが「ディプロマ・プログラム」です。このプログラムを修了すると、「国際バカロレア資格」を取得することができます。資格のメリットは、世界100ヶ国以上、20,000校以上の大学の入学資格・受験資格が得られることです。

実は海外の大学だけでなく、日本の大学でも国際バカロレアを活用した大学入学者選抜が少しずつですが広がりつつあります。

文部科学省IB教育推進コンソーシアムのホームページに、日本国内の大学でIBを活用した入試を行なっている大学の一覧が確認できます。

文部科学省IBを活用した入試制度:

日本における現在の国際バカロレア認定校等数は138校あります。インターナショナルスクールの他に、玉川学園・神奈川県立横浜国際高等学校・法政大学女子高等学校・市立札幌開成中等教育学校などがあります。

文部科学省は今後も認定校を増やそうとしていますし、日本の大学の世界ランキングを押し上げるためにも、IBを活用した受験方法は留学生を獲得するためにも推奨されて行くと思われます。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

リスニング

留学前にリスニングを勉強すべき理由と3つの勉強方法!留学を成功させよう!

  「留学を成功させたい。」 せっかく留学をするなら、授業も人間関係も実のある留学生活を過ごしたいですよね。 そのために英語の勉強に励む方も多いでしょう。 ところで、どの勉強を優先すべきかご存知でしょうか。 実は留学前に英語勉強するなら「リスニング」が1番大切なんです。 ・なぜ留学前にリスニングの勉強をすべきなのか?・効果的な勉強方法はどんなものか? これらを、10年以上英語の勉強を続けている筆者の留学経験とともにお伝えします。 有意義な留学生活を送りたい方は、ぜひご一読くださいませ。   なぜ留学前にリスニングを勉強すべき?   留学前に1番勉強すべきことは「リスニング」です。 なぜなら留学初日から困ることが多くなるから。 例えば、 ・初日の説明会で学校生活に関する大切な話が理解できない。 ・授業中、何が起きているか分からない。 ・「どうせ聞き取れないから話すのが億劫」という状況になる。 ・銀行口座開設など諸手続きに苦戦する。など。 留学では授業を受けることになりますが、リスニングができないと授業を理解するのが難しくなります。 教科書のどこを話しているのか分からない、クラスメートと話し合う時間も相手の言っていることが分からない、宿題があるのかも分からない。 周りはどんどん進んでいくのに、自分だけ取り残されたかのような感覚です。 せっかく時間とお金を使って留学に来たのに、授業や人間関係にうまく馴染めずタイムロスが起きてしまいます。 この悪循環が続くと、授業に参加するのが嫌になり留学生活自体が楽しくなくなる原因になりかねません。 ではどうやってリスニングを勉強すればいいのでしょうか。