fbpx

グローバルなスキルとは?

最近の教育業界でのキーワードとなっている「グローバル」。この記事では、グローバルなスキルとして提唱されている多様なスキルを紹介します。

「グローバル」と言うのは最近の教育業界でのキーワードとなっています。「グローバル化を目指す学校」で「グローバルなスキルを学生に身につけさせる」ことが多くの教育機関で目標となっています。

「グローバル化」と聞くと、社会が、国と言う単位を超えて、1つの大きなまとまりとなる過程を指すイメージは持てますが、

「グローバルなスキル」と聞いて、どのようなスキルかをイメージできるでしょうか。 この記事ではグローバルなスキルとして提唱されている多様なスキルを紹介します。

グローバル人材

Image result for グローバル人材

2013年に、日本政府はグローバル人材を

「日本人としてのアイデンティティーや日本の文化に対する深い理解を前提として、豊かな語学力・コミュニケーション能力、主体性と積極性、異文化理解の精神等を身につけたさまざまな分野で活躍できる人材」と定義しています。

<総務省:グローバル人材育成の推進に関する政策評価—評価結果に基づく勧告—>

3つのスキル

グローバル人材育成推進会議は、グローバル人材に必要なスキルを大きく3つ取り上げています。

要素Ⅰ: 語学力・コミュニケーション能力

要素Ⅱ: 主体性・積極性、チャレンジ精神、協調性・柔軟性、責任感・使命感

要素Ⅲ: 異文化に対する理解と日本人としてのアイデンティティー

  • このほか、幅広い教養と深い専門性、課題発見・解決能力、チームワークと(異質な者の集団をまとめる)リーダーシップ、公共性・倫理観、メディア・リテラシー等。

<「グローバル人材育成推進会議中間まとめ」(2011年6月) グローバル人材育成推進会議3>

定義が大まかなので、イメージが出来るような、出来ないような感じです。

「グローバルスキル」以外の呼び名で、スキルが話題になるともあります。

ATC21s

ATC21s(Assessment and Teaching in 21st Century Skills)という機関は、21世紀型スキルと言うスキルを提唱しています。 ATC21sは、2009年に始動したIntel、Cisco、MicrosoftのIT企業3社とオーストラリア、フィンランド、ポルトガル、シンガポール、英国が参加しているプロジェクトです。アメリカは2010年から参加しています。

Image result for ATC21s

ATC21sはスキルを大きく4つの領域に分け、その中に10個のスキルを定義しています。

思考の方法(Ways of Thinking)

(1)創造力とイノベーション

(2)批判的思考、問題解決、意思決定

(3)学びの学習、メタ認知(認知プロセスに関する知識)

仕事の方法(Ways of Working)

(4)コミュニケーション

(5)コラボレーション(チームワーク)

仕事のツール(Tools for Working)

(6)情報リテラシー

(7)情報通信技術に関するリテラシー(ICTリテラシー)

社会生活(Skills for Living in the World)

(8)地域と国際社会での市民性

(9)人生とキャリア設計

(10)個人と社会における責任(文化的差異の認識および受容能力を含む)

<内田洋行教育総合研究所: 意外と知らない”21世紀型スキル”(vol.2より>

その他にもOECDやEU、そして中央教育審議会の「生きる力」など、様々な組織がこれからの社会で重要となるスキルを提唱しています。

キッコーマンの名誉会長の茂木友三郎氏は、グローバルな時代に必要な能力として、「教養豊かな日本人であること」・「専門能力」・「異文化適応性」・「言葉」の4つを挙げている。特に、言葉に関しては2つの外国語を習得すべきだと発言されています

<さぴあ July 2016より>。

様々なスキルが重要だと言われています。

定義の違いにいちいち惑わされずに、それぞれの人が、何がこれからの世界で重要だと思うかをしっかりと考えることが大事だと思います。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。