fbpx

「大人だからこそ」活用したい英語学習スキル

「英語学習のスタートは早いほど良い!」とよく聞きますが、学校で英語を学習することが難しい社会人にとっての、英語学習のコツやアドバンテージをお伝えします!

「英語学習のスタートは早いほど良い!」と言うのが現在の日本での一般的な考え方ではないでしょうか。

公教育での英語教育改革も開始年齢が引き下げられることになっています。<詳しくはこちらを>

しかし、今までは英語を本格的には勉強してこなかったけれど、職場で急に英語力が必要になると言うケースも実際には多くあります。学校で英語を学習することが難しい社会人にとっての、英語学習のコツはあるのでしょうか。

MakoStars LLC/ 98 987976 image royalty free stock lots to learn the

若い英語学習者のアドバンテージは沢山思いつくと思います。

記憶力、想像力そして柔軟な頭。恥ずかしがらずに積極的に英語を話そうとする勢いなどなど・・・

社会人のアドバンテージ

若者より社会人が勝れるポイントに「論理的思考力」「現状把握力」があると思います。

「論理的思考力」

「論理的思考力」は英語という言語を学習する上で大きな助けとなります。

若い、特に年齢の低い子どもたちは、英語のルールを自然に学んで行くことができます。英語に触れる時間(インプット)を多く持つことで、英語の文法や音の法則をほぼ無意識に習得していくことが出来ます。

社会人には、それほど多くの英語のインプットを得る時間はなかなかありません。

インプットから自然にルールを学べないとなると、「論理的」に英語のルールを習得していくことが重要となります。

社会的経験が多い社会人は、文法を分析する力も、学習しているポイントを実際の日常生活に紐付ける力もあります。

1つの文法のルールを他の文法のルールと結びつけたり、自分の生活においてはこのように役立つと言う想像も可能です。

英語を「単なるルール」として学ぶのではなく、自分なりに分析し、自分なりの使用するシチュエーションをイメージする能力を活用すると良いと思います。

「現状把握力」

自分の現在の英語能力を客観的に分析し、闇雲に学習を進めるのではなく自分に必要なスキルを明確にする「現状把握力」は学習を効果的に進める上で大切です。

なんとなく単語の勉強をする。苦手意識があるからスピーキングの練習を行なう。と言った、適当に進めていく学習ではロスが大きいです。

自分が苦手としているスキルが必要なスキルだとは限りません。

自分が必要とする英語のスキルをきちんと把握し、そこに向かって学習をしていくことが重要です。

英語教育ではNeeds Analysisという研究があります。

「スピーキング能力」を鍛えようと思った時に、その能力は具体的にはどのようなことなのかを考えることが大切です。

スピーキングをするシチュエーションは、1対1なのか、複数でのディスカッションなのか、それとも人前でのプレゼンなのか。

どれくらいのフォーマルさが要求されるのか。カジュアルで打ち解けあえるようなコミュニケーションなのか、畏まった場での話し合いなのか。

リスナーとなる人たちはどのような英語を話すのか。アメリカ英語なのか、シンガポール英語なのか、インド英語なのか・・・

具体的な英語を活用する状況を、現地調査やアンケート、インタビュー等を行なって調べていきます。

ここまではやらなくても、

自分の能力を細かく分析・把握し、

自分のゴールも同様に細かく分析・把握することが重要です。

自分の能力と目指すゴールを分析する能力は実際の現場を持つ社会人の強みなのではないでしょうか。

<参考資料>

<関正生先生インタビュー>President 2019. 4.15号 

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC!  誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。 TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。 TOEICテストは誰が作っているの? TOEIC=”Test Of English for International Communication”です。 最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。 TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。 1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。 TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。 こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。 「1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。」 <TOEIC® Program開発の背景より> 国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)   TOEICの種類 TOEICには大きく分けて、 TOEIC TestsとTOEIC Bridge Testsの2種類があります。 一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。