fbpx

「グローバル教育を行うプログラム:ラウンドスクエア・ダブルディプロマ」

グローバルな人材を育成するプログラム、「ラウンドスクエア」と「ダブルディプロマ」を紹介します!

以前の記事で、国際バカロレアに関して紹介いたしました。 

それ以外にも、グローバルな人材を育成するプログラムがあります。

この記事では「ラウンドスクエア」と「ダブルディプロマ」を紹介します。

ラウンドスクエア

国際規模の私立学校連盟「ラウンドスクエア(Round Square)」は、世界50カ国180校以上のメンバー校を有する国際規模の私立学校連盟です。

ラウンドスクエア加盟校は、Internationalism(国際理解)・Democracy(民主主義の精神)・Environment(環境問題に対する意識)・Adventure(冒険心)

Leadership(リーダーシップ)・Service(奉仕の精神)、”I.D.E.A.L.S.”を基本理念として活動しています。

特徴的な活動は、毎年10月に開催される高校生が中心となる国際会議です(4月には中学生対象のジュニア会議があります)。

国際会議では、各国のラウンドスクエア加盟校の生徒たちが集まり、様々なテーマについてのディスカッションや奉仕活動、アドベンチャー活動を行います。会議の他にも開発途上国での井戸掘りや被災地での活動などがあるようです。

<玉川学園ラウンドスクエアについて:https://www.tamagawa.jp/introduction/enkaku/history/detail_14659.html>

加盟校は、玉川学園中学部・高等部・八雲学園中学・高校がメンバー校として認定されています。啓明学園中学・高校・工学院大学付属中学・高校なども理念に基づく教育を実践しているようです(朝日新聞2018.12.7)

ダブルディプロマ

Image result for ダブルディプロマ

カナダと日本の両方の高校卒業資格(ディプロマ)が取得できるプログラムに「ダブルディプロマ」があります。ダブルと言うように、日本と高校の両方の高校に在籍し、2つの国のカリキュラムを同時に履修します。日本の教員とカナダの教員による授業を日本にいながら受けていくので、日本のスタイルと、カナダのスタイルの両方から学んでいく方針です。

夏休みなどの期間を利用してカナダに短期留学をしたりするようです。

導入している高校は、文化学園大学杉並中学・高校があります。2019年から大阪学芸高校も2019年からコースを開設しました。 (朝日新聞2018.12.7)

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print
On Key

Related Posts

リスニング

留学前にリスニングを勉強すべき理由と3つの勉強方法!留学を成功させよう!

  「留学を成功させたい。」 せっかく留学をするなら、授業も人間関係も実のある留学生活を過ごしたいですよね。 そのために英語の勉強に励む方も多いでしょう。 ところで、どの勉強を優先すべきかご存知でしょうか。 実は留学前に英語勉強するなら「リスニング」が1番大切なんです。 ・なぜ留学前にリスニングの勉強をすべきなのか?・効果的な勉強方法はどんなものか? これらを、10年以上英語の勉強を続けている筆者の留学経験とともにお伝えします。 有意義な留学生活を送りたい方は、ぜひご一読くださいませ。   なぜ留学前にリスニングを勉強すべき?   留学前に1番勉強すべきことは「リスニング」です。 なぜなら留学初日から困ることが多くなるから。 例えば、 ・初日の説明会で学校生活に関する大切な話が理解できない。 ・授業中、何が起きているか分からない。 ・「どうせ聞き取れないから話すのが億劫」という状況になる。 ・銀行口座開設など諸手続きに苦戦する。など。 留学では授業を受けることになりますが、リスニングができないと授業を理解するのが難しくなります。 教科書のどこを話しているのか分からない、クラスメートと話し合う時間も相手の言っていることが分からない、宿題があるのかも分からない。 周りはどんどん進んでいくのに、自分だけ取り残されたかのような感覚です。 せっかく時間とお金を使って留学に来たのに、授業や人間関係にうまく馴染めずタイムロスが起きてしまいます。 この悪循環が続くと、授業に参加するのが嫌になり留学生活自体が楽しくなくなる原因になりかねません。 ではどうやってリスニングを勉強すればいいのでしょうか。