fbpx
MakoStars LLC/ unnamed file 300x211 1

2020年から始まる! これだけは知っておきたい小学校英語教育改革

2020年から始まる! これだけは知っておきたい小学校英語教育改革

明治初期に始まった日本の英語教育は、社会の変化と共に指導内容や、指導方法が移り変わって来ました。社会の中に存在する学校で行われる教育は、今後の変化を見据えて、「学習指導要領」の改訂を通して改革されて行きます。約10年に1度改訂され、学習者の教科書や時間割は、学習指導要領を基に作られています。外国語教育に関しては、小・中・高校で2018年からの移行措置・先行実施期間を経て、2020年度から大きな改革が開始されていきます。2020年度からどのように英語教育が変わっていくのでしょうか。

小学校英語教育改革

文部科学省 資料3学習指導要領の改定等について
文部科学省のPDFファイル

英語教育の前倒し

  • 3・4年生から「外国語活動」が始まる
  • 5・6年生から正式な科目として「外国語科」が開始され、評価がされる

従来の小学校に置ける英語教育では、5・6年生で英語に慣れ親しみ、中学校から本格的な英語教育が始まるという位置付けでしたが、2020年度からは全体的に前倒しになり、3・4年生で英語に慣れ親しみ、5・6年生から英語学習が始まることになります。

慣れ親しむ VS 英語学習

2020年度から授業時間授業内容学ぶ単語数
3・4年生週1コマ(年間35単位時間)聞く・話すが中心3~6年生の間で、 600~
5・6年生週2コマ(年間70単位時間「聞く」「話す」に加え「読む」「書く」の4技能700語を学ぶことを目標

上の図が概要をまとめたものです。

「慣れ親しむ」という英語での活動を重視した「外国語活動」を3・4年生から開始し、5・6年生から「教科」としての学習が始まります。

学ぶ単語数も注目すべき点です。改定前のカリキュラムでは、中学校で学習する語彙の数は約1200語です。

2020年度からは小学校の段階でその約半数である600~700語を学習するというのは強気な目標と言えるかもしれません。

そして、5・6年生では英語が科目として評価の対象となり、通知表に記載されます。英語に対して子どもたちが苦手意識を持たないように慎重に評価が行われることを願います。

リスニング

留学前にリスニングを勉強すべき理由と3つの勉強方法!留学を成功させよう!

リスニング

 

「留学を成功させたい。」

せっかく留学をするなら、授業も人間関係も実のある留学生活を過ごしたいですよね。

そのために英語の勉強に励む方も多いでしょう。

ところで、どの勉強を優先すべきかご存知でしょうか。

実は留学前に英語勉強するなら「リスニング」が1番大切なんです。

・なぜ留学前にリスニングの勉強をすべきなのか?
・効果的な勉強方法はどんなものか?

これらを、10年以上英語の勉強を続けている筆者の留学経験とともにお伝えします。

有意義な留学生活を送りたい方は、ぜひご一読くださいませ。

 

なぜ留学前にリスニングを勉強すべき?
MakoStars LLC/ Why

 

留学前に1番勉強すべきことは「リスニング」です。

なぜなら留学初日から困ることが多くなるから



例えば、

・初日の説明会で学校生活に関する大切な話が理解できない。

・授業中、何が起きているか分からない。

・「どうせ聞き取れないから話すのが億劫」という状況になる。

・銀行口座開設など諸手続きに苦戦する。など。

留学では授業を受けることになりますが、リスニングができないと授業を理解するのが難しくなります。

教科書のどこを話しているのか分からない、クラスメートと話し合う時間も相手の言っていることが分からない、宿題があるのかも分からない。

周りはどんどん進んでいくのに、自分だけ取り残されたかのような感覚です。

せっかく時間とお金を使って留学に来たのに、授業や人間関係にうまく馴染めずタイムロスが起きてしまいます。

この悪循環が続くと、授業に参加するのが嫌になり留学生活自体が楽しくなくなる原因になりかねません。

ではどうやってリスニングを勉強すればいいのでしょうか。

留学前のリスニング勉強に効果的な3つの勉強法

リスニング能力を身につけるのは簡単ではありませんが、効果的な勉強方法を続けることで少しずつ改善されていきます。

どのくらいまでリスニングレベルを上げればいいかというと、授業についていける程度まで、つまり「意識を向ければ聞き取れる」くらいまで持ち込めると良いでしょう。

また、人によってはいきなり映画や動画でリスニングをしようとすると、練習不足で聞き取るのが難しい場合があります。以下の順を追って勉強を進めていくと効果的でしょう。

ステップ1:発音の勉強

MakoStars LLC/ english lesson teacher

 


まず最初にリスニングができるようになるには、ある程度英語の発音についての知識が必要です。

英語は日本語には存在しない発音が多くあります。「発音できない音は聞き取れない」とよく言われるように、英語の発音を知識なしで聞き取ることは不可能に近いのです。

例えば、

・vとb、rとlなどの発音の違い。
・母音(aiueo)の口の使い方。
・カタカナ英語と実際の発音の違い。など。

書籍や動画で学ぶことができますが、筆者の経験から言うと「ネイティブから直接教えてもらうのがいい」と思います。本当に使われている自然な発音を聞くことができるし、自分の発音を正しく修正してもらえます。

その他「英語耳」「世界一わかりやすい英語の発音の授業」などの書籍は有名です。

発音の勉強は根気が入りますが、カタカナ英語から抜け出して発音できる音を増やし、聞き取れる音を増やしていきましょう。

▼ 以下の記事では「発音矯正」について紹介しています。

ネイティブのような発音できてますか?発音矯正始めましょう!|Makostars

ステップ2:ディクテーションとシャドーイング

MakoStars LLC/ listening english speech using podcast

 

発音知識を身につけたら、実践です。ディクテーションやシャドーイングで、聞き取る練習をします。

コツは意味を理解しながら聞き取ろうとすることです。単語が聞き取れても、文全体の意味が分からなければ元も子もありません。

・ディクテーション:聞こえた英語を紙などに書き出すこと。
・シャドーイング:聞こえた英語を声に出して真似ること。

英語の音声はなんでも良いですが、答え合わせのために「スクリプトのあるもの」を使いましょう。

聞き取れなかったところをそのままにしないことが大切です。

何度も分かるまで聞いたり、分かったあと何度も練習したりと、英語の音を身体に染み込ませましょう。

8割ほど聞き取れれば上出来です。

▼ こちらの記事では「シャドーイングアプリの体験談」を紹介しています。

英語学習アプリレビュー:「シャドウイング- 最短で英語が上達するスピーキング学習アプリ」|Makostars

ステップ3:他のツールで幅を広げる

MakoStars LLC/ online movie stream mobile device

 

聞き取ることに慣れてきたら、他のツールでリスニング練習を進めましょう。

こちらもできればスクリプトありが好ましいです。

例えば、

・映画(日本語音声&英語字幕→英語音声&英語字幕)
・英語学習アプリ(スタディサプリなど)
・Youtube(Tedや英語講義のCrash Courseなど)
・ポッドキャスト
・ネイティブと会話する

などです。

どのツールにも共通するのが「繰り返し見ること」です。

いきなり1度目で英語音声を完璧に理解するのは難しいでしょう。

聞き取れなかった部分や分からない単語があるたびに、音声を止めてチェックしながら理解を深めると効果的です。

▼ こちらの記事では「映画・動画の勉強法」について紹介しています。

大人のオススメ英語勉強法アイデア ~第3弾:映画・動画活用 編~ | MakoStars

【筆者の体験談】

個人的には「ネイティブと会話するのを継続する」ことが最も効果的だと思っています。実は筆者は留学をしてもリスニングがイマイチ身につかなかったのですが、ネイティブと毎日話すようにしたら嘘のようにネイティブ英語が聞き取れるようになって会話がスムーズになりました。個人の感想ですが、もしネイティブの知り合いがいる場合は会話をしてみるのも手です。

リスニングの勉強をして効果的な留学生活を送ろう

MakoStars LLC/ happy students

留学前にリスニング勉強をすべき理由と方法をお伝えしました。

・理由:留学初日から困ることが多いから。

・方法:①発音勉強。②ディクテーションとシャドーイング。③他のツール(毎日ネイティブと会話するのがおすすめ。)

留学に行けば英語が身に付くわけではありません。

留学中の努力はもちろんのこと、留学中の時間を無駄にしないためにも留学前の勉強が大切で、特にリスニングは最優先項目です。

ぜひ留学前にリスニングの勉強をして、実のある留学生活を過ごしましょう。

英会話リスニング

英語学習アプリレビュー:「英会話リスニング- 無料のネイティブ英語リスニングアプリ」

「英語勉強したいけど、何からやればいいんだろう…」

英語学習の教材や勉強法があふれる中、せっかくやる気はあるのに手の付け方に戸惑ってしまう、ということも多いのではないでしょうか。そこで本ブログでは、手軽に始められる「英語アプリ」と実際に使ってみたレビューをご紹介します!

今回は英会話リスニング- 無料のネイティブ英語リスニングアプリを取りあげます!

MakoStars LLC/ 73

■概要

  • 「英会話リスニング- 無料のネイティブ英語リスニングアプリ」とは
    └アプリ概要・利用価格
  • レビュー
  • おわりに

■「英会話リスニング- 無料のネイティブ英語リスニングアプリ」とは

<アプリ概要>

(※引用・参考:アプリストア内の概要

短い英会話だから、聞ける!分かる!続けられる!無料の英語・英会話リスニングアプリ。

旅行・留学・仕事に役立つ英会話がたっぷり1460シーン。

全シーン、ネイティブによるリスニング用の英語音声と、豆知識解説付き!

本アプリ「英会話リスニング」は無料です。

全ての英会話フレーズ、全てのリスニング英語音声、全ての機能を無料でご利用頂けます。

<利用価格:無料>

・ダウンロード: Android / iPhone

■レビュー

□収録フレーズ(項目・シーンの例)

日常生活で使えるフレーズが、1,460シーン分も収録されています。例がこちら。

MakoStars LLC/ 5309FB65 917A 43D6 A835 8A620BE5FD6E
<定番>
  • 日常生活:あいさつ/返事・相づち/お礼とおわび
  • 気持ち:喜び/怒り/悲しみ
  • 会話表現:意志/許可/感心
  • ちょっとした一言:ことわざ/慣用表現/映画の名言
<旅行>
  • 交通:道案内/電車・地下鉄/飛行機
  • ホテル:予約/チェックイン/宿泊
  • レストラン:店探し・予約/注文/支払い
<現地生活>
  • 学校:友達/先生/教務課
  • スポーツ:練習/試合/観戦・応援
  • 恋愛:出会い/デート/告白
<仕事>
  • オフィス:上司/同僚/顧客
  • 会議:事前準備/主張・意見/ファシリテーション
  • 電話:応対/発信/報告
<日本の案内>
  • 定番観光:道案内/観光ガイド/文化・マナー紹介
  • サブカルめぐり:アニメ/マンガ/アイドル

□使い方

  1. 音声のみで会話文をリスニングする
  2. 「聞けた」「聞けなかった」の自己申告
  3. スクリプト・解説を確認
  4. 気になるフレーズは「✔」で復習

<1.音声のみで会話文をリスニングする>

ネイティブスピーカーの英会話音声が流れます。1シーン(1トレーニング)につき、5つのフレーズや使い方が登場します。

<2.「聞けた」「聞けなかった」の自己申告>

 画面下のボタンで、リスニングの状態を記録します。

MakoStars LLC/ S 176947205

<3.スクリプト・解説を確認>

②の後、スクリプト(英会話文)とその和訳が表示されます。

「スピーカーマーク」を押すと何度でも音声を聞けるので、スクリプトを見ながらのリスニングや、お手本を真似しながら発音するシャドウイングも可能です。

また、フレーズの説明である「ピックアップ」や、解説やニュアンスを教えてくれる「豆知識」も内容理解の一助になります。

MakoStars LLC/ S 176947204

<気になるフレーズは「✔」で復習>

後から復習したいものは、画面右上の「✔」を押しておきます。ホーム画面の「チェックから出題」にリスト化され、集中的に復習することができます。

MakoStars LLC/ S 176947202

■おわりに

いかがだったでしょうか。
大まかにまとめると以下のような感じです。

  • 日常生活で使えるフレーズが集中的に学べる
  • リスニング・シャドウイングを自分のペースで練習できる(速度調整は無し)
  • 気になるフレーズは後からまとめて復習できる
  • 各フレーズに簡単に見返せる解説(ピックアップ・豆知識)がある
  • すべて無料で活用できる

英語学習アプリを選ぶ参考にしていただければ幸いです!

その他のアプリレビューはこちら(随時記事更新中)

【2020年版】英語学習アプリレビュー:アプリ一覧

MakoStars LLC/ MakoStars Westminister bridge

Impress Your British Friends With Some Quick Local Slangs!

Understanding the English language fully can be a struggle, there are so many weird and wonderful ways of saying things without directly saying them, making for a truly confusing experience when trying to listen and take part in conversations.

This is taken to a whole new level when factoring in different places around the world that have their own vocabulary of slang to help describe things. Today we will look at a few popular sayings in the UK which might help you understand your British friend or even impress them with your new knowledge!

Cockney Rhyming Slang

Rhyming slang originated in London in the early 19th century, thought to be used to outsmart police. It has since made its way into common vocabulary over the years and some of it is used quite regularly today!

Before we get started, imagine travelling to London and going to an ATM only to be faced with these options.. Can you guess what they mean? Find out at the end of this post. And yes before you ask, there are actual ATM’s in London that offer ‘cockney slang’ as a language!

MakoStars LLC/ Cockney rhyming slang ATM 2 Co Op grocery Hackney Road Hackney London UK

By Cory Doctorow – https://www.flickr.com/photos/doctorow/12254374885/, CC BY-SA 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=103653230

Cockney_rhyming_slang_ATM_1,_Co-Op_grocery,_Hackney_Road,_Hackney,_London,_UK

By Cory Doctorow – https://www.flickr.com/photos/doctorow/12254540373/, CC BY-SA 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=103653475

Okay let’s get started and take a look at some of the most useful English slangs to learn first..

Pork Pie

嘘をつく

Pork pie means lie, for instance “Mary, are you telling a pork pie?!” As you can see, the word pie rhymes with lie but there are also different ways of saying this “Mary, have you been telling porkies”.

Taking The Mickey

人を馬鹿にする

Taking the mick or mickey means to make fun of someone and is a rhyming slang that evolved from another rhyming slang.. I don’t blame you for leaving now haha! In a sentence it sounds like this “Hey Mary, are you taking the mickey out of me!?”

The form it evolved from is used equally as much but is less friendly “taking the piss”, this is often used in more hostile situations, whereas “taking the mickey” is much more common to be used between friends.

Pig’s Ear

散らかす

Pig’s ear can mean to make a mess of something, for instance “You’re making a right pig’s ear of dinner” can be said if someone is bad at cooking and is ruining dinner, or “You’ve made one hell of a pig’s ear out of painting that room”.

Butchers Hook

〜を見る

To take a look at something, it is said most commonly as just butchers for instance “Hey Mary, let’s have a butchers at your new phone!”.

You can also replace ‘butchers’ with ‘gander’ this has the same meaning but it’s origin comes from the term ‘Goose & Gander’ referring to a female goose, and to take a look at something and move your neck like a goose.

Cream Crackered

疲れた

Slang for knackered, which means tired, so you could say “Sorry Mary I can’t make it tonight, I’m absolutely cream crackered”

Okay now we’ve got some basic English slangs covered, let’s move onto some even more silly ones, some of these are less commonly used but they really give you an idea just how weird and wonderful the world of British English slangs can be!

Higgledy-Piggledy

乱雑な、乱れている

Meaning disordered, this one is a great one to say as it sounds like the thing it means and it’s also just fun to say! For instance if your suitcase isn’t organised and you just stuffed everything into it, you could say “your suitcase is all higgledy piggledy”.

Raspberry Tart

Maybe you can guess this one.. It means a fart, again with this one it’s just a simple rhyme with tart but commonly when spoken you only say raspberry for instance “Mary, did you just blow a raspberry?!”.

Itsy-Bitsy

小さい

Meaning very small, famous for its use in the classic kids nursery rhyme ‘the itsy-bitsy spider’. When used in a sentence it could sound like this “I’m starving, I only had a itsy bitsy piece of toast for breakfast”.

Now that you have a few insights into how cockney rhyming slang works, take a look at the pictures of the ATM again and see if you can guess what the options are?

Well, how did you do? Okay here are the answers:

Some moola for ya sky rocket? : Some money for your pocket?

Ya rattle and tank balance? : Your bank balance?

Sausage & mash : Cash

Charlie Sheen : Screen

Dog & bone : Phone

Okay now you’ve learnt some ‘sure to impress’ British slangs,  go out and practice them! If you can master some of these, you will start sounding like a local in no time!

If you haven’t already, check out some English speaking TV shows that will help with your listening skills.