fbpx
フィジー日常編

【フィジー日常編①】バスやタクシーの乗り方

フィジー日常編

皆さん、こんにちは!フィジーでの日常生活について、記事を数回に分けて      ご紹介していきたいと思います。今回はフィジーの公共交通機関について、       日本とは全く異なる点がいくつかあり、カルチャーショックを受けました…!

MakoStars LLC/ PXL 20210720 192436303.MP

バスについて

時刻表がない!

フィジーの国民性がゆったりとしているからなのか、

誰もバスが時間通りに来ることをあまり気にしていません。

ではどうやってバスが来る時間が分かるか…現地の人に聞くことをお勧めします!

現地の方であれば、大体このくらいの時間にこのバス停に来るというのを把握してます。

窓がない!

MakoStars LLC/ PXL 20210311 053820982

ほとんどのバスが写真のように窓がなく、開放的となっています!

窓際のところにビニールシートが丸めて吊るされているため、

雨が降っている時はそちらを自分で降ろして調整します。

大音量の音楽!

どのバスに乗ってもいつも大音量で音楽がかけられています。

他の国とはまるで異なりますね!南国らしい明るい音楽が定番で流れます。

どこでも乗り降り可能!

バス停はありますが、フィジーではどこにいても手を振れば

乗車することができますし’、バス停でなくてもどこでも下車できます。

そのためか、皆なるべく自分の家の目の前で下車しようとするので、

誰かが降りたら、数秒後に違う人が降りることが多々あります(^_^;)

バスの乗り方

MakoStars LLC/ PXL 20210311 044555954

写真のようなバスカードが必要となります!

カードはVodafoneという携帯ショップで手に入れられ、

同じ場所でチャージをすることができます。バスカードにお金が入っていない場合は、

バスの運転手に現金を渡すでも大丈夫です。

 

運転手のすぐ隣にバスカードをタッチする機械があります。

同じ市内では大抵たったのFJD$1(50円)!例えばラウトカ市からナンディ市、

車で30分程度の距離であれば、FJD$2(100円)しかかかりません!

 

バスの降り方については、窓際に紐があり、その紐がベルに繋がっているので、

引っ張ることでベルが鳴ります。下記の動画でバスの乗り方やどんな雰囲気か

分かりますので、ぜひ参考に見てくださいね!

タクシーについて

フィジーではタクシー運転手の仕事はかなりメジャーで、

場所・時間帯関係なくいつでもたくさんタクシーが走っています。

車で10分程度の場所であれば、FJD$5(250円)で足ります。

 

フィジーのタクシーの良い点は、「リターン」と言えば、乗り合わせになるので、

一人FJD$1(50円)だけで市内のどこからでもタウンまで行くことができます!

※タウンのメインのバス停まで運転してくれます。ただしタウンからどこかに行く

場合にはメーターに表示された金額を支払う必要があります。

 

タクシーがクラクションを鳴らしたり、

ドライバーが人差し指で1と見せてくるのであれば、すでに乗客がいて、

乗り合わにしようとしている合図です。

ミニバンについて

スと同じまたは少し安めの値段で、10人ほど乗車できます。

1人FJD$10(500円)払えば、車で約2時間の距離を行くことができます!

 

ミニバンの良い点は乗客が少ないため、停車する回数も少なく、

目的地に早く到着することができます。ただミニバンの良くない点は、基本的に

運転が荒いドライバーが多いため、事故に合ってしまう危険性も高くなります。

 

ミニバンは大抵車に「NADI – LAUTOKA」といったように、

どこの区間を走るのかステッカーが貼られているので

簡単にどのバンに乗ればいいのか分かります。

関係あるのブログ:

Author

  • MakoStars LLC/ 628e8fec209ce919caaae90a0c144f5e?s=80&d=mm&r=g

    NZでワーキングホリデーを経験。NZでのブログをいくつか投稿させていただきましたのでぜひチェックしてみてください!現在はフィジーに滞在中です。 学生時代はアメリカに交換留学1年間、オーストラリアとNZにて短期語学研修をして、海外旅行で19カ国渡航しました。将来海外に暮らしてみたい方、海外に興味のある方、英語をもっと勉強したい方などに読んでいただけたら嬉しいです(^^)

フィジーのスーパーマーケット

フィジーのスーパーマーケット!ここでしか見られない商品?!

フィジーのスーパーマーケット

皆さん、お久しぶりです。東京オリンピックで日本選手の金メダルラッシュが続いていましたね!先日のフィジー対ニュージーランドの男子ラグビー戦に見事勝利し、金メダルを獲得しました!

 

最近のフィジーの状況としましては、8月2日時点で1日1,000件以上もの陽性結果が確認されております。6月下旬頃は平均200件以上程度と、フィジーのコロナ感染者数が急激に増加しております。国全体に門限が定められており、現在は夜18時〜朝4時まで外出することが厳しく禁止されております。日本でも感染者数が増加しているとのことなので、皆さんもお体に気をつけてくださいね!

MakoStars LLC/ PXL 20210311 034610185

さて今回の記事では、フィジーのスーパーマーケットでどんなものが売られているのか、

ご紹介したいと思います!

フィジーのスーパーは、ニュージーランドのNew WorldやFresh Choice、日本のMax Val-U、Shop n Save、RB Patel Jetpoint、Extra Supermarketがメインとなります。基本的にどこのスーパーもニュージーランドやオーストラリアから輸入されてきたものが置かれています。

PXL_20210715_024638756
PXL_20210715_024600416.MP

皆さん、こちらの写真の商品は何だと思いますか?

実はこれ、ペースト状の食器用洗剤なのです!私はフィジーに来て初めて見ました!

 

使い方は、スポンジを水で少し濡らして、ペーストをつけるだけ。通常の液体洗剤より

長持ちします(1個で2ヶ月くらいは使えます)。

MakoStars LLC/ PXL 20210615 055056188

こちらは、ブロック状の洗濯用洗剤です!少量ずつ削り、水に溶かして使います。石鹸なので、泡立ちが良いそうです。フィジーでは洗濯機を持っていなかったり、節約のために手洗いをしている家庭が非常に多いので、このような商品が便利なのかもしれません。

フィジーのスーパーマーケット

フィジーのインスタントヌードルはこのMaggiとChowのブランドがメインです!現地の若い世代の方達は、このヌードルを茹でずに、袋に入っている調味料を加えてシャカシャカと振り、そのまま食べるのが人気だそうです!日本でいうベビースターのような感じで、スナック感覚で食べれます。

PXL_20210722_043519683

続いて、こちらはタロイモのポテトチップスです。フィジーではDalo(ダロ)と呼ばれています。フィジアンの家庭にとって、ダロは欠かせないもの!私もフィジアンのお家にホームステイさせて頂いた時、ほぼ毎日食べていました!このようにフードマーケットで売られていたり、多くの家庭が自分たちで栽培しています。ちなみにダロは下記の写真のように、フードマーケットで販売されています。

PXL_20210513_233005588
PXL_20210514_004428672
PXL_20210715_024940918

フィジーにはフィジアンとインド系フィジアンと2つの住民がいることをご存知ですか?実は人口の40%はインディアンフィジアンで占められています。そのため、スーパーに行くと写真のようにインディアンのスパイスやお線香などがたくさん売られています。

PXL_20210722_043501602.MP

こちらは、朝食やティータイムでよく食されているビスケットです。紅茶に浸して食べるのが人気だそうです。写真のように大きなバケツサイズで売られているほど、フィジー家庭には欠かせない食品の一つです!

PXL_20210330_181831768

最後にこちらの食材、皆さん何か予想できますでしょうか?実はこれ、アボカドなのです!!こんなに大きなアボカドは初めて見ました!味は普通のアボカドと同じでした。アボカド好きにはこのサイズはたまりませんね!笑

皆さんいかがでしたでしょうか。日本ではなかなか目にすることのない商品がいくつかあったのではないかなと思います。次回は、フィジーでの日常生活について、公共交通機関やインターネットの価格などについてご紹介していきたいと思います!それではまた!

関係あるのブログ:

Author

  • MakoStars LLC/ 628e8fec209ce919caaae90a0c144f5e?s=80&d=mm&r=g

    NZでワーキングホリデーを経験。NZでのブログをいくつか投稿させていただきましたのでぜひチェックしてみてください!現在はフィジーに滞在中です。 学生時代はアメリカに交換留学1年間、オーストラリアとNZにて短期語学研修をして、海外旅行で19カ国渡航しました。将来海外に暮らしてみたい方、海外に興味のある方、英語をもっと勉強したい方などに読んでいただけたら嬉しいです(^^)

TOEIC

これだけは知っておきたい!TOEICの基礎知識

英語試験と言えば、TOEIC! 

TOEICテスト
公式】テスト申込|TOEIC Listening & Reading Test|【公式】TOEIC Program|IIBC

誰もが聞いたことがある英語の試験ですが、試験自体については意外と知られていません。

TOEICを受ける上で知っておきたい情報をまとめました。

TOEICテストは誰が作っているの?

TOEIC=”Test OEnglish for International Communication”です。


最初の”T”がテスト=試験。 そのため、TOEIC試験と言うのは間違えでしょう。

TOEICを作成している団体はETSという非営利機関です。

1947年にアメリカのニュージャージー州で創立し、超有名なテスト、TOEIC ProgramやTOEFL、SAT、GREなどを開発している、世界最大の非営利テスト開発機関です。

TOEICの運営を日本で行っているのは、IIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)です。

こちらのIIBCのページに記載されているように、TOEICは日本人が考案したテストです。

1970年代、円が変動相場制に移行し、日本経済が世界経済という枠に組み込まれました。それを契機に、製造業を中心として日本企業の海外進出が急速に進んでいったのです。そこには、コストや効率という経営的側面に加えて、先進国との間に生じた貿易摩擦を緩和する目的もありました。つまり、人と人、国と国との理解を深めていかなければ、日本は将来立ち行かなくなるという危機意識です。そのためには、もっと多くの日本人が英語によるコミュニケーション能力を磨く必要がある。そのための実効性のあるプログラムを開発しよう。そのような発想を元に日本人の手によってTOEIC L&Rの開発プロジェクトが動き出したのです。

TOEIC® Program開発の背景より

国際的なテストに見えますが、受験者のかなりの数をアジアの人達がしめています(特に日本と韓国での受験者が多いです)

 

TOEICの種類

About TOEIC Program | IIBC Official English Site | IIBC

TOEICには大きく分けて、

TOEIC TestsTOEIC Bridge Testsの2種類があります。

一般的なTOEICは、TOEIC Testsの方です。

TOEIC Tests

TOEIC Testsには3種類あります!

1 TOEIC Listening & Reading Test

2 TOEIC Speaking & Writing Tests

3 TOEIC Speaking Test

TOEIC Listening & Reading Tests

一般的に「TOEIC」といった場合は、この「L&R」のことです。リスニング能力、リーディング能力をテストします。1979年からあるようです。

TOEIC Speaking & Writing Tests

英語の4技能が重視されるようになり、TOEICでもスピーキング、ライティング能力も測定するようになりました。2007年からスタート。

TOEIC Speakingテスト

Speaking & Writing Testsのスピーキング部分だけのテスト。以前はライティングだけのテストもあったが、普及はしなかったようで、今はありません。

TOEIC Bridge Tests

TOEIC Bridge Testsには2種類あります。

1 TOEIC BridgeListening & Reading Tests

2 TOEIC Bridge Speaking & Writing Tests

TOEIC Bridge Testsは、TOEIC Testsより

・日常的で身近な題材
・問題もテスト時間も半分
・リスニングスピードはゆっくり

という初級〜中級者向けのテストと言う扱いになっています。

団体で受験することが多いテストで、あまり一般の人には普及していない印象です。

この記事では、一番受ける人数が多い、TOEIC Listening & Reading Testに着目していきます!

TOEIC L&Rの基本

リスニング(約45分間・100問)

リーディング(75分間・100問)、

合計約2時間で200問に答えるマークシート方式のテストです。

 

リスニングは、Part1からPart4まで

リーディングはPart5からPart7まであります。

詳しい構成はこちらの公式ページに解説されています。

配点はリスニングとリーディングで半分ずつ、

つまり

リスニング5~495点、

リーディング5~495点、

トータル10~990点のスコアで5点刻みのスコアとなっています。

平均スコア

直近の、2021年3月21日のスコアを見てましょう!

公式サイトに公表されています。

受験者数:53,539人

スコア分布も公式サイトからチェックできます!

 リスニング
セクション
(Listening)
リーディング
セクション
(Reading)
トータル
(Total)
最高スコア
(Maximum Score)
495495990
最低スコア
(Minimum Score)
5510
平均スコア
(Mean Score)
330.1277.7607.8
標準偏差
(Standard Deviation)
85.591.8168.3

その時々でズレはありますが、600点前後である事が多いです。

 

国別のスコア

とても興味深いものに、受験者の国別の平均スコアも毎年公表されています。

2019年の様々なデータはこちらにまとめられています。

 リスニングリーディング
カナダ463点414点
韓国375点303点
インド347点315点
中国294点277点
台湾307点255点
日本291点232点
タイ282点203点

日本の平均点は下から数えたほうが早いようです・・・

TOEIC L&Rの問題構成

TOEIC L&Rはリスニング(約45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)

合計約2時間で200問に答えるマークシート方式です。

出題形式は毎回同じで、解答はすべて問題用紙とは別の解答用紙に記入します。(パソコンの使用はありません)

テストは説明、問題文、全てが英文のみで構成されており、英文和訳・和文英訳といった設問はありません!

リスニングセクション

以下、公式サイトの説明です。

リスニングセクション
Part1写真描写問題 6問
1枚の写真について4つの短い説明文が1度だけ放送される。説明文は印刷されていない。4つのうち、写真を最も的確に描写しているものを選び解答用紙にマークする。
Part2応答問題 25問
1つの質問または文章とそれに対する3つの答えがそれぞれ1度だけ放送される。印刷はされていない。設問に対して最もふさわしい答えを選び解答用紙にマークする。
Part3会話問題 39問
2人または3人の人物による会話が1度だけ放送される。印刷はされていない。会話を聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。会話の中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。 各会話には設問が3問ずつある。
Part4説明文問題 30問
アナウンスやナレーションのようなミニトークが1度だけ放送される。印刷はされていない。各トークを聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。トークの中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。各トークには質問が3問ずつある。

リーディングセクション

リーディングセクション(75分間・100問) 印刷された問題を読んで設問に解答
Part5短文穴埋め問題 30問
不完全な文章を完成させるために、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。
Part6長文穴埋め問題 16問
不完全な文章を完成させるために、4つの答え(単語や句または一文)の中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。各長文には設問が4問ずつある。
Part71つの文書:29問
複数の文書:25問

いろいろな文書が印刷されている。設問を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。文書内に新たな一文を挿入するのに最も適切な箇所を選ぶ設問もある。各文書には設問が数問ずつある。

サンプル問題がこちらの公式サイトにあります。

 

TOEIC勉強方法

TOEICの問題、構成に慣れる!

TOEICはひっかけのパターンや、時間配分に慣れることが重要です。

細かいテクニックよりも、テスト自体の性質をしっかりと認識するために、公式問題集をときこむことが大切です。

テストを何度も受けると言うのも有効です。

ある程度勉強してから、テストを受ける!

と言う人も多いですが、まず受けてみると言うのもありです。

時間配分をつかむ

リスニングセクションは、音声によって自動的に進んでいきますが、リーディングセクションは自分のペースで解いていく必要がある。

リーディングセクションは、75分間・100問を解く必要があります。

構成をもう一度、確認して見ましょう。

Part 5は、30問

Part6は、16問

Part7は、54問

なんと、Part 7にリーディングセクションの半分以上を占めているのです。

パート5、パート6に関しては、穴埋め問題です。

時間をかけてもあまり、正答率は上がりません。

そのため、10秒程考えてわからない問題は、パッと選びましょう。

Part 7の長文にある程度の時間を残しておくことが重要です。

長文をスキミングする

長文はじっくり読んでから、問題を解いていくと、本文の内容を忘れてしまうことがあります。

さらに時間が足りなくなります・・・

そのため、全体を細かく読むのではなく、必要そうな箇所を読んでいきたいです。

どこが重要かわからない・・・

そうですよね。私は問題文を見てから、長文を読み進めています。

設問に関係のありそうな箇所だけ丁寧に読む。それ以外はさらっと読んでいきます。

 

 

digital nomad

How to become a Digital Nomad and see the world!

digital nomad
The prospect of living abroad is a daunting one for most people, travelling is fine when you have some savings but if you have ideas of living in another county long term then finding your skill and putting it to use online can be one the best ways to sustain that lifestyle..

Becoming a digital nomad can for some people be a seemingly easy process, if you are already working online then simply moving to another country will most likely not affect your work. If however you don’t have online income currently then you must start looking at how to change that.

Finding your niche

Start by thinking about what you like to do or what you are good at, do you like writing or maybe you’re an excellent and thorough reader. Is photography your thing or videography? There are plenty of options for almost any skill online! There’s more to being a digital nomad than just influencers and travel blogs.

MakoStars LLC/ MakoStars Lapto Remote Worker

Here's a few examples of digital nomad jobs:

Into Photography/video?

So starting with photography, the most obvious being stock photography, there are plenty of websites to sell your photos on and there are even more companies out there looking for that perfect photo to fit their story! This goes for video too, with video growing even more popular over the last few years.

Try these websites if you want to get started:
Shutterstock.com
pond5.com

You could also try your hand at photographing hotels and other businesses in the tourism sector, they always need new content to share!

Know another language?

Happen to know another language, well you can put those skills to good use, there is always a need for translators online! Yes, unfortunately google translate is a long way off being able to understand the nuances of languages and the subtle meanings behind words. There are plenty of websites you can translate for, but you have to be careful and not accept work for too little, I have seen people translating for 0.001 per word before.. This is not a great way to make money at all so just say no to low offers.

Here are the most reliable websites I have found:
upwork.com
Freelancer.com

A dab hand at writing?

If you have a background in content writing for example a blog that you have been adding to over the years then why not give professional writing a go, there are countless sites out there looking for writers! Topics such as travel, education, technology news ect.. Are all great to try if you are interested in them. Try approaching a few content websites or again try looking on sites like UpWork.

You could also try the other side of writing and look for some jobs proof-reading. Many people now-a-days like to self publish their own books and getting a proof-reader to check for errors is a crucial part of the process.

Quite the artistic type?

Feel like you want to share your art talents with the world? People are always looking for great art work for their new avatar or a book/album cover, you could even draw caricatures of people online or design someone’s dream tattoo! The limits are only by your imagination here, and the best way I have found to market this is on Fiverr, a site which lets your freelance a wide offering of different talents.

Here’s few other notable mentions in the world of digital nomad jobs:

  • Voice overs
  • Music production
  • Website design
  • Architecture design
  • Mobile app creation

These are just a small offering of the types of jobs out there online, and hey, if you can’t find your niche, create it! Go to sites like Fiverr and create your own listing and advertise your talents, you never know what kind of services people need online..

Want to read more about this topic in Japanese? check out 【海外ノマド生活編Part.2】海外を転々としながらできるオンラインの仕事

Author

  • MakoStars LLC/ 628e8fec209ce919caaae90a0c144f5e?s=80&d=mm&r=g

    NZでワーキングホリデーを経験。NZでのブログをいくつか投稿させていただきましたのでぜひチェックしてみてください!現在はフィジーに滞在中です。 学生時代はアメリカに交換留学1年間、オーストラリアとNZにて短期語学研修をして、海外旅行で19カ国渡航しました。将来海外に暮らしてみたい方、海外に興味のある方、英語をもっと勉強したい方などに読んでいただけたら嬉しいです(^^)